グルメ・クッキング

2013年2月 4日 (月)

まるかぶり!

Marukaburi

ここ数年で東京でもすっかり定番化してきた感のある節分の丸かぶり。

夕べのごはん、今年はダンナ手作りの恵方巻き。

青じそ、鮪、鮭、いくら、カニかま、玉子焼き。デラックス!

何もしゃべらず1本食べきるのはわが家の6才児には至難の業。

必要な時でもほとんど声を出さない、反抗期まっただ中の15才の長男にとってはお手のもの。何を考えているのやら、南南東に向かってモグモグモグモグ・・。

いよいよ立春。みんなにとっていいことありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年7月25日 (水)

龍の髭

Ca3j06390001

新大久保の通称イケメン通りで実演販売していた「龍の髭」。

韓国の宮廷菓子だそうで、「クルタレ」とか「ヨンスヨム」という名前なのだそう。

蜂蜜と麦芽の粉を混ぜ合わせて熟成させて、かっちかちに固まった塊の真ん中に穴をあけドーナツ状にする。その輪を両手で引き伸ばして2本の紐状にする。これを粉をまぶしながら輪をねじって、伸ばして伸ばして倍の倍の倍の倍・・・最終的に16,384本のほっそ〜い糸状になったら、中にごまやくるみ等を入れてくるくる〜とまとめたら出来上がり。実演販売のおじさんが倍数を言いながら伸ばしてくれるのでかけ算の復習もできます(笑)

Ca3j06360001 Ca3j06380001

きなこ味3つで500円(けっこういい値段ですね)を友達と買って、1つずつ味見しました。ふわっふわな食感を想像していたら、意外にかちっとしていてビックリ!昔懐かしいきなこ棒みたいな味で、おばあちゃんちのおやつといった感じ。けっこう好きです。

他にプレーンと抹茶味もあったので、今度は別のも食べてみたいな〜。

おじさんの技がスゴくて一見の価値ありです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年6月13日 (水)

ヤングコーン

幼稚園からの帰り。通り道にある畑でヤングコーンを買いました。

Ca3j05580001_3

オーダー後の収穫。正真正銘のもぎたて!!

Ca3j05590001_2

さっと茹でて胡麻ドレッシングでいただきました。

Ca3j05600001_2

美味しかった〜♡

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年4月18日 (水)

パキッ!と。

Ca3j04450001

とろっ豆の新しい容器。ふたを開けパキッと半分に折ると上蓋からタレが出てくるアイデア商品!

ネットのニュースで見て気になったので早速買ってみました。

Ca3j04440001

うん。簡単。

だけど、前から売っている煮こごりみたいなタレでいいかも〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月17日 (土)

北欧ランチ

昨日は女性4人組で吉祥寺の北欧料理屋さん「アルトゴット」でスウェディッシュランチ。


開店前に到着。メニューを見てワクワク。
Ca3j03920002


前菜は旬のホタルイカ。可愛い&美味しい!
Ca3j03930001


ディルとアニスが入った焼きたてパンと名前は忘れたけどスウェーデンのパリパリの薄いパン。
Ca3j03940001


にしん。ディルとマスタードのソース添え。
Ca3j03950001


メインは牛肉の赤ワイン煮込み。しっかり濃い味付けでした(パンをとっておけば良かった...)。
Ca3j03960001


デザートはアマレット風味のプリン。
Ca3j03970001


コーヒーか紅茶がついて¥1650也。
ボリュームもあって美味しくてお値打ちです。
大満足♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 3日 (土)

ひな祭り

Ca3j03850001
男子ばかりのわが家ですが、今日はちらし寿司とお吸い物、甘酒に雛あられでお祝いしました。

錦糸玉子の黄色、いくらの赤、紅しょうがの桃色で春色ごはん。

早くあったかくなりますようにと願いをこめて!


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月26日 (日)

辛口・中辛・ハヤシ

Sb
名古屋の義母から「ディナーカレー食べる?」って電話があり、「食べま〜す」って言ったら一箱に辛口と中辛とハヤシライスをたくさん詰めて送ってくれました♪

「甘口を入れてあげたかったんだけど売ってなかったから代わりにハヤシにしたよ」って。辛口(大人用)と中辛(長男用)だけで送ったら、次男が「僕の分がない〜!」って悲しむといけないからという心遣い。

箱の中に優しい母心というかおばあちゃん心が詰まっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月19日 (日)

パオラのフリウリ料理教室

昨日は富士見ヶ丘のヴェネツィアンバール“BACARO FERRO”で、1日限りの料理教室に参加しました。

講師はイタリア人留学生のパオラ。聡明で日本語が堪能な女子大生パオラはフリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州はポルデノーネの出身。イタリアファンの日本人には須賀敦子さんの『トリエステの坂道』の舞台、トリエステのある州というと分かりやすいかもしれません。ドイツ、オーストリア、スロヴェニアとの国境で、食にも近隣の国々の文化が混じりこんでいるそうです。

ふだんは入ることのない厨房に入らせてもらい(ワクワクしてテンション上がりました)、パオラが料理の説明をしながら調理するのを参加者がお手伝いするという形で進んで行きました。

Cucina2

メニューは牛肉と玉ねぎを赤ワインとスパイスやハーブで味付けして長時間煮込んだGurasch(グラーシュ)ととうもろこしの粉を練って作る北イタリア地方の主食Polenta(ポレンタ)、付け合わせは白菜とりんごの蒸し煮Soffocato(ソッフォカート)、そしてデザートはカーニバルの時期によく食べられるという林檎の揚げ菓子Frittelle di mele(フリッテーレ ディ メーレ)。

料理が完成したらフリフリの赤ワインで乾杯!

Maki_e_paola

できたてのお料理と美味しいワインがあれば盛り上がらないはずはありません。

Salut

まずはGurasch。長く煮込むとお肉がほろほろに崩れて柔らかくなってとても美味しいということで、事前に5時間煮込んで作ったものが出されました。白いお皿にポレンタの黄色と牛肉の濃い茶色が乗って食欲をそそります。味が染みた柔らかいお肉が本当においしい。ず〜っと食べてみたいと思っていたポレンタも穀物好きの私の好みにピッタリ。すっごく好きな味でした。

パオラが「1人で家にいても火にかけたグラーシュの鍋があると1人でいる感じがしない」と言ったのが印象的でした。ついでにパオラの名言をもひとつ「(煮込む)時間も材料のひとつ」。納得!

Gulasch

お次ぎはSoffocato。みじん切りのタマネギとざく切りの白菜とスライスしたりんごを煮込み、味付けは塩とローズマリーを少し。

くったり煮た白菜と柔らかくなったりんごを頬張ると優しい味が口の中に広がりました。

Soffoocato

最後はFrittelle di mele。丸ごと皮をむいて輪切りにしたりんごの芯を抜き、玉子・砂糖・牛乳・小麦粉・ラム酒で作った衣をつけて揚げた素朴なお菓子です。

あったかくて甘くてちょっと酸っぱいりんごが、歯ごたえが残りつつも柔らかくなっていて、初めて食べたのに懐かしいような味わいでした。

Frittelle

ごちそうさまのあとはみんなでお片付け。食器を洗う人に拭く人。グラスは専用のクロスで自分の指が直接触れないように下の方から拭いていくって教えてもらったりして、これまた楽しいひととき。

楽しい時間はあっという間で名残惜しかったけれど、「またすぐに日本に戻ってきます!」というパオラに会える日を楽しみにしつつ、またFERROに顔を出したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月16日 (木)

ふーちゃんぷる〜

Fu
久しぶりにうちなー夕ごはん。

メニューはふーちゃんぷるーともずくの酢の物とタコライスとお味噌汁。

今から12~3年前に初めて行った沖縄、那覇の「ゆうなんぎい」で食べたふーちゃんぷるーが美味しかった!店主のおじさんが「さっき食べたのはこれだよ」と見せてくれたフランスパンのような車麩にびっくりしたのもいい思い出です。

「車麩」と呼ばずに「ふ〜」って呼ぶのがカワイイね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月 1日 (水)

季節外れのイタリアン

I_3

ポークソテーに茄子&ズッキーニ&パプリカのマリネ。

イタリアのトラットリア(食堂)で出てくるようなお皿をイメージ。

赤・黄色・緑・紫。カラフルで美味しかったけど、旬の野菜じゃないので体を冷やしてしまいそう...。

デザートはいちごとみかんでビタミン補給。

明日はまた冷え込むようなのでも少しあったかい献立にしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧