« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月31日 (土)

ユキヤナギ

Ca3j04140001

家の近くの小道沿いに植わったツツジの植え込みの中からぽっかり咲くユキヤナギ。

ちっちゃな白い花が密集して咲いてる様は雪のようだし垂れた枝は柳のよう。まさにユキヤナギ。

見た目そのまんまだけど風流な名前です。日本語ってきれい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月30日 (金)

ミモザ♪

Ca3j04150002_2

梅に雪柳に木蓮に沈丁花・・・と次々に花開き、春の到来を実感してウキウキしています。

色とりどりの春の花の中でもとくに愛らしいのがミモザ。

イタリアでは3月8日に男性から女性にミモザを贈る習慣があるそうです。

なんて素敵なイベントなんでしょう!

さすが愛の国です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月29日 (木)

ブリティッシュビーズワックス

Beeswax

久しぶりにワックスをかけました。

イギリス製の自然派ワックス。原材料は蜜蝋、植物樹脂、脂肪酸カリウム、水。ツンとした独特の匂いはパインニードルオイルのもの。

床でごろごろしてもこれなら安心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月26日 (月)

整列〜!

Stars

日没からしばらく経った西の空。

ぴかぴかの金星とにっこりの三日月にきらきらの木星がほぼ一直線の縦に並びました。時々薄い雲が通過するものの夜空は真っ黒、星の輝きも一段と映えます。

今年は5月21日の金環日食も楽しみです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月24日 (土)

沈丁花

Jin

昨日は雨のなか5才児を連れての外出。

「傘をちゃんとさそうね」「前から自転車が来るよ」などと声をかけながら歩くのは気を使うしちょっと面倒なのだけど、ゆっくり歩いたおかげで沈丁花の香りに気づくことが出来ました。

ひたすら甘い沈丁花。小さな白い花が「私に気づいてね」と言っているようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月22日 (木)

新年度

昨日は次男の幼稚園の終業式で明日が長男の中学の終業式。

2011年度もつつがなく修了してホッと一息。と思っていたらありがたいことに来年度の講習会の依頼を立て続けにいただきました。虫除けアロアスプレー&ケアジェル講習会とアロマキャンドル講習会。

すでに新年度は動き出しているんですね〜。

春一番も吹かず桜の開花が遅めでも、春はすでに始まっているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月21日 (水)

アロマスク

花粉症の私、この季節はマスク必携です。

一見同じように見える使い捨てマスクも材質の差なのか、なんかマスク自体のにおいが気になる物があります。

精油を垂らしたコットンをマスクと一緒に入れておくとか、精油と精製水でスプレーを作りマスクにシュッと一吹きするといいんじゃないかなぁと考えていたのですが、ローズウォーターかなんかの芳香蒸留水(フローラルウォーター)をスプレーするっていうのが簡単で手っ取り早い方法かも!

バタバタしてしまう年度末ですがこれならすぐに試せそう。早速近いうちにやってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月20日 (火)

Ume

この冬は寒すぎてやっと見頃の梅。

私の卒業した丹鶴小学校は校章に梅のマークがついていて、こども心に「梅は地味だから桜の方が良いのにな」と思っていましたが、すっかり大人になった今は梅の良さも分かるようになりました。

新宮市初の小学校として1873(明治6)年に始まった丹鶴小学校は、この4月に千穂小学校と統合し新しく神倉小学校となるため、今年度限りで138年の歴史に幕を閉じました。

母校がなくなるのは寂しいですが、これからは「神倉小学校」が長く歴史を刻んでいけますように...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月18日 (日)

そこはベッドではありません

Nendo

粘土で遊びながら寝てしまいました。

先日もついさっきまでぐずぐず言ってたのに静かになったなぁと思ったら・・・

Ner

眠いときはちゃんと布団に横になって寝ましょうね〜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年3月17日 (土)

北欧ランチ

昨日は女性4人組で吉祥寺の北欧料理屋さん「アルトゴット」でスウェディッシュランチ。


開店前に到着。メニューを見てワクワク。
Ca3j03920002


前菜は旬のホタルイカ。可愛い&美味しい!
Ca3j03930001


ディルとアニスが入った焼きたてパンと名前は忘れたけどスウェーデンのパリパリの薄いパン。
Ca3j03940001


にしん。ディルとマスタードのソース添え。
Ca3j03950001


メインは牛肉の赤ワイン煮込み。しっかり濃い味付けでした(パンをとっておけば良かった...)。
Ca3j03960001


デザートはアマレット風味のプリン。
Ca3j03970001


コーヒーか紅茶がついて¥1650也。
ボリュームもあって美味しくてお値打ちです。
大満足♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月15日 (木)

「大好き」

幼稚園の懇談会。

担任の先生のお話が一段落し、お母さん達の一言タイム。この1年を振り返って涙ぐんでる人もチラホラ。私もちょっともらい泣き。

最後に担任の先生が「ひとつ後悔していることがあります」と。

「先生大好き!」ってこども達が言ってくれるたびに「先生も◯◯ちゃんが好きよ」とか「◯◯くんのこと好きだよ」って返してきたのですが、お集りの時にみんなの前で「くまぐみのみんなが大好き!」とまだ言えてないので、照れてしまいそうだけど、3学期の残りあと3日のうちに言いたいと思います!って。

これを聞いてまたお母さん達の目から涙。

自分のこどもを「好き」と思って大事にしてくれる人がいるということが母としてはと〜っても嬉しいんだよね!

この先生に担任を持ってもらえて本当に良かった!!

実は今日誰よりも涙ぐんでいたのは幼稚園の先生になって3年目のたいこ先生なのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年3月11日 (日)

3.11

未曾有の被害を出した東日本大震災からちょうど1年。

1年前のあの日、私は次男や次男のお友達やママ友と幼稚園近くの公園にいました。「地震かな?」と思い通話中だった電話を切ったころから揺れがどんどん強くなり、公園のそばの家の窓ガラスや電柱や桜の木が揺れ、こども達やママ友と1つのベンチに集まって身を寄せ合いました。

これはただごとではないなと思い、携帯電話でテレビを見た時は「お台場のビルで煙が出ている」というニュースがやっていて、まだ震災の詳細はよく分かりませんでしたが急いで家に帰りました。

夫は事務所で仕事中で無事、長男は中学から「保護者引き取り」の電話連絡があり、無事であることが分かったので安心しましたが、そのあとテレビで見た太平洋沖から陸へと迫ってくる津波のリアルタイム映像を見て、現実のものではないような感覚がして気が遠くなりました。そして原発事故・・・。

この1年間を振り返ってみれば、短かったようにも長かったようにも感じますが、ともあれ、いろんな出来事はあったものの、両親・家族・友達が元気で通常通りの生活を送っていられることが本当にありがたいです。

震災に合われた方々、とくに亡くなられた方やご遺族の方々にとっては震災以前の「通常通りの生活」が戻ってくることは叶わぬことになってしまわれました。大変な悲しみと不安の中の1年を過ごされたことと思いますが、どうか命を大切になさってください。心身ともに健やかでいられますように。嬉しいことや心温まることが1つでも多くあって、皆さんの傷ついた心を癒してくれますように...。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2012年3月 9日 (金)

「女性を救う」香りのテイスティング

Kaori
先日のAEAJ第14回アロマテラピーシンポジウムで、ピエールフランコム氏の講演で紹介された精油の中から4種類の試香がありました。

更年期にエストロゲンが高い状態になった時にしばしばおこる、焦燥感(イライラ、カリカリする)やむくみなどの緩和が期待できる「チェストべリー(チェストツリー)」は、薬っぽくてハーブ調の香り。

そのチェストべリーと相性が良いという「ブルーヤロウ」(香りは忘れてしまいました...)。

南アフリカで育つ「カモミール・ケープ」はローマン・カモミールを軽やかにした感じ。

最後は「リナロエ」。鎮静作用のある成分「リナロール」にちなんでつけられた名前なのではないかと思うのですが、想像通りの香りでリナロールの含有率が高いベルガモットやトゥルーラベンダーに似ていました。実はこの「リナロエ」だけ試香前に名前は伏せられていたのですが、嗅いですぐに「きっとこれがリナロエだ〜」と思いました。

他の精油も全部初めて嗅ぎましたが、リナロエが一番私好みの香りでした。

これらはPMS(月経前症候群)に効果があると言われている精油です。

月経が始まってから1週間後から7日間(排卵まで)を目安に、キャリアオイルで希釈して腹部や足裏(毛細血管が密集しているため体内に精油成分を取り込みやすく血流に乗りやすい)にトリートメントすると良いそうです。

排卵まではドーパミン活性作用のあるチェストべリーを使ってトリートメント、しくしくとした腹痛にはレモンセンテッドティートリー&ブルーヤロウを使って、1日2回朝と昼にトリートメントするのが効果的だそうです。

「アロマテラピーは女性を救える」んですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 7日 (水)

ロバート・ティスランド氏の話から

AEAJ第14回アロマテラピーシンポジウムでのロバート・ティスランド氏へのインタビュー映像より、私がとても興味を持った話題をいくつか紹介したいと思います。

・ラベンダー精油とメリッサ精油がアルツハイマーに良い効果をもたらす
・芳香浴を30〜60分行なうと精神的な効果があると言われている
・抗菌作用のある精油(クローブ、ローズ、ラベンダー、ゼラニウムなど)がバクテリア同士のネットワークを阻害してある種の菌の活動を抑え、人間に害のある菌を大人しくさせて毒素を出させないようにする効果が期待できる
・精油は耐性菌を作らせない

世界では精油の医療領域への展開が広がりつつあるようです。とても興味深いお話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 5日 (月)

AEAJ 第14回アロマテラピーシンポジウム

3月4日(日)国際フォーラムで行なわれた(社)日本アロマ環境協会主催第14回アロマテラピーシンポジウム「アロマテラピーの世界最新情報」に行ってきました。

アロマテラピー研究のパイオニアであるロバート・ティスランド氏が2010年に来日した際に録画されたAEAJ学術調査委員会のインタビューと、アロマトロジー研究家で薬理学者でもあるピエールフランコム氏の講演「アロマケアは女性を救えるか?」という絶妙なタイトルのお話を聴くことが出来ました。

書きたいことは山ほどあるのですが、1回で書くとめちゃくちゃ長くなってしまいそうなので、まずは今回のシンポジウムでとっても心に残ったことを3つ。

1つ目はロバート・ティスランド氏がアロマテラピーの世界に足を踏み入れるきっかけになったのは、15才の時、彼のお母様がパリでフランスのジャン・バルネ博士の話を聞いて著書を見せてもらい、アロマテラピーの医学的な面に興味を持ったことで、科学者ではない彼が専門用語などの知識がない中で、しかも当時外国語で書かれていたアロマテラピーに関する論文を調査し、科学・薬理学を学んで本を書かれたというその情熱。しかもその情熱は今も変わらず意欲的に研究を続けておられること。

2つ目はピエール・フランコム氏の講演で月経前症候群(PMS)と呼ばれる女性特有の不調や女性は避けて通ることのできない更年期に起こるトラブルのケアにアロマテラピーが有効であるということと、ケアの具体的な方法を教えていただけたこと。

そして3つ目はピエール・フランコム氏の講演で紹介された珍しい精油「チェスト・べリー(チェスト・ツリー)」「ブルーヤロウ」「カモミール・ケープ(南アフリカ産のカモミール)」「リナロエ」の香りのテイスティングが出来たこと!

ピエール・フランコム氏とAEAJ学術調査研究委員長の山本芳邦氏と同じく学術研究調査委員の熊谷千津氏のパネルディスカッションでは、会場から事前に募られた質問を中心に進められ、より具体的なケアの方法や女性特有の不調が起こる仕組みなどを聞くことができ、参加者の多くが「話を聞き漏らすまい」とする真剣さで会場の空気感がぐっと濃密になったような感じがしました。

世界のアロマテラピーの最新情報を知ることが出来てとても有意義な時間となりました。

詳細はまたおいおいブログでご紹介できたら・・・と思っておりますが、取り急ぎご報告まで。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 3日 (土)

ひな祭り

Ca3j03850001
男子ばかりのわが家ですが、今日はちらし寿司とお吸い物、甘酒に雛あられでお祝いしました。

錦糸玉子の黄色、いくらの赤、紅しょうがの桃色で春色ごはん。

早くあったかくなりますようにと願いをこめて!


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 2日 (金)

キッザニア東京

Ca3j03800001_3
次男とキッザニア東京に行ってきました。

お菓子工場でハイチュウを作り、運転免許を取得して、ガソリンスタンドで働き、獣医さんになって、銀行口座を開設して、電子マネーを作り、サッカーのシュートフォームをチェックしてもらい、デパートでウインドウショッピング。

小さい頃に保育園の行事でお店屋さんごっこをした時にドキドキわくわくしたのを思い出し、手作り感たっぷりのあの行事でも格別に楽しかったのだから、キッザニアで大人みたいにミニチュアの制服を着たりしてお仕事するのってすっごくドキドキして楽しいんだろうな〜、いいなぁとちょっと羨ましくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 1日 (木)

おひなさま

Hina_2
今日から3月。

次男が幼稚園で作ったひな飾りを持ち帰りました。「おひなさま」ってひらがなで書くのがしっくり来るようなそんな雰囲気です。

にこにこして優しそうなお内裏様とちょっと恥ずかしそうに向こうを向いてる黒目のないお雛様。

愛嬌たっぷりで愛おしい2人です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »