« 冬の井の頭公園 | トップページ | 大人目線で読むと... »

2012年2月22日 (水)

1年・・・

ニュージーランドの大地震から今日でちょうど1年。

一昨年の年末に急に歩けなくなってしまった父が東京の整形外科で診察を受けるために、人生初の車椅子で母とともに上京してきたのがちょうど去年のこの日でした。

手術を前提に受けた血液検査の結果が思いのほか悪く、もしかしたら別の病気の可能性もあるかもしれないので神経内科にかかっては・・・ということで、結局和歌山市にある病院に行くことになったものの、受診日まですごく日が空いてしまったので、両親は妹のところに滞在して上野に出かけたり谷中辺りをゆっくり散歩したりとこれまた人生初ののんびりバカンスを送りました。

そして和歌山市の病院の診察を受けた結果は、のんびりバカンスが功を奏したのか、歩けない状態に変わりはないものの、血液の状態は改善していて手術も受けないで地元の病院にかかりリハビリをしましょうということで新宮に帰ろうとしたのが3月11日でした。

駅の待合室から私に経過報告の電話があり、話している途中で起こったのが東日本大震災。急いで帰宅してテレビをつけると和歌山県の沿岸にも津波警報が出ていて「これはもう今日中に特急が走ることはないだろう」と判断し、なんとか両親に電話がつながった時点ですぐに近くのホテルに泊まることをすすめました。

行きも帰りも大地震。両親には直接の被害はなかったものの、忘れようにも忘れられない日となりました。

当初は立つことも出来なかった父は、あれから1年、まだ家のほんの近所にしか行かれないけれど、リハビリをがんばっているようです。

週2回父を病院に連れて行っている母は、仕事に趣味にと相変わらず多忙な毎日を送っています。

父が突然歩けなくなってしまった原因は今も不明なままですが、両親が元気に暮らしていることが本当にありがたいとしみじみ感じています。

|
|

« 冬の井の頭公園 | トップページ | 大人目線で読むと... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57634/44215174

この記事へのトラックバック一覧です: 1年・・・:

« 冬の井の頭公園 | トップページ | 大人目線で読むと... »