« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月29日 (水)

春を知らせる雪

Snow_2
東京は予報通りの雪。

幼稚園の園庭は「スキー場か?」と思うほど真っ白でした。

明日は一転最高気温が14℃の予報。

雨や雪が降ってだんだん春が近づいてくるんだね。

気象予報士の天達さん曰く「春を知らせる雪」だそうですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年2月28日 (火)

アロマハンドクリーム&乳液

今日は友人宅でアロマクラフト。

ミツロウ+ホホバオイル+ローズウォーター+精油でハンドクリーム、ホホバオイル+パーム乳化ワックス+ローズウォーター+精油で乳液を作りました。

精油はローマンカモミール、ラベンダー、ローズウッドリーフ、パルマローザ、ティートリー、ひのき(木部)を用意しました。

初参加が1人、アロマの有資格者が1人、あとの3人は3回目のハンドクリーム作りだったので、今日はみなさんお好みで精油を選んでもらったら、細胞成長促進作用のあるパルマローザと皮脂のバランスを整えて老化を防ぐといわれているローズウッドリーフが人気でした。

今回すごく嬉しかったのは、前にハンドクリームを作ってみて実際に使って気に入ったからもう1度作りたい!とリクエストしてもらったこと。はりきってあれこれ準備しました。

「夏前に日焼けケアのローションが作りたいなぁ」とか、「虫よけ、虫さされもいいよね!」とかまた新たなリクエストも出て盛り上がりました。

アロマテラピーで女性が楽しくいい気分でいられると、まわりの人にも上機嫌が広がって世の中が明るくなる!これが私の持論です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月26日 (日)

辛口・中辛・ハヤシ

Sb
名古屋の義母から「ディナーカレー食べる?」って電話があり、「食べま〜す」って言ったら一箱に辛口と中辛とハヤシライスをたくさん詰めて送ってくれました♪

「甘口を入れてあげたかったんだけど売ってなかったから代わりにハヤシにしたよ」って。辛口(大人用)と中辛(長男用)だけで送ったら、次男が「僕の分がない〜!」って悲しむといけないからという心遣い。

箱の中に優しい母心というかおばあちゃん心が詰まっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月24日 (金)

中学2年生

今日から3学期末テストが始まった長男。

昨日は友達の家で勉強、今日はうちに友達3人が来てみんなで勉強。小学校からの仲間で今は部活も一緒。

どの子も本当に可愛くて、私が外から帰ってくると元気な声で「おじゃましてま〜す」と言って迎えてくれ、おやつを出すと「あ〜!俺のすごい好きなやつだ〜」と喜んでくれ、休憩が長いので「そろそろ勉強やんなさいよ」と声をかけると「は〜い」と素直に返事。

思春期に入り、もしかしたらそれぞれお家では気難しかったりするのかもしれないけど、みんなが明るい表情でくつろいでいるのを見たら「大丈夫だな」という安心感がありました。

中学2年生。扱いにくいと言われる年頃ですが、あと2ヶ月で進級。いよいよ高校受験に向けての準備が本格的になります。

中学最後の1年間、部活に勉強に遊びにと充実して過ごせるよう応援したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月23日 (木)

大人目線で読むと...

最近、小学館の日本名作おはなし絵本のシリーズにハマっている次男。

『ゆきおんな』や『ぶんぶくちゃがま』などオーソドックスな日本の昔話がすごく面白いらしく、毎日一緒に読んでいます。

私もこどものころに絵本で読んだかテレビで見たかして、知ってるつもりのお話がほとんどなのに、実は細かいディティールを忘れていたり、タイトルだけではどんなお話だったか忘れていたりするものもあって、すごく新鮮な気持ちで読んでいます。

しかしすっかり大人になった今ではいろいろと物語の中で気になることが出てきて、純粋に楽しんでいない自分がいることはごまかせません...。

『したきりすずめ』では雀にも優しいすごく人の良いおじいさんの妻がなんであんなに意地悪で強欲なおばあさんなのか?とか、『つるのおんがえし』では鶴の羽は糸じゃないのにどういう風に織ったら反物になるのか???とか。

読み聞かせの最中はとりあえず疑問はそのままにして、あとで自分なりに答えを考えるのもまた楽し。

『したきりすずめ』のおじいさんとおばあさんはお互いにない性格に惹かれあって結婚したのだけど、あまりにも天然すぎるおじいさんに業を煮やしたおばあさんは、本当はおじいさんに向かうべき怒りが思わず雀への攻撃になってしまったのかもしれない...なんて。

こどもと一緒に絵本を読んだり、どっちでもいいようなことをつらつら考えたりできるということは平和な証拠。ありがたいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月22日 (水)

1年・・・

ニュージーランドの大地震から今日でちょうど1年。

一昨年の年末に急に歩けなくなってしまった父が東京の整形外科で診察を受けるために、人生初の車椅子で母とともに上京してきたのがちょうど去年のこの日でした。

手術を前提に受けた血液検査の結果が思いのほか悪く、もしかしたら別の病気の可能性もあるかもしれないので神経内科にかかっては・・・ということで、結局和歌山市にある病院に行くことになったものの、受診日まですごく日が空いてしまったので、両親は妹のところに滞在して上野に出かけたり谷中辺りをゆっくり散歩したりとこれまた人生初ののんびりバカンスを送りました。

そして和歌山市の病院の診察を受けた結果は、のんびりバカンスが功を奏したのか、歩けない状態に変わりはないものの、血液の状態は改善していて手術も受けないで地元の病院にかかりリハビリをしましょうということで新宮に帰ろうとしたのが3月11日でした。

駅の待合室から私に経過報告の電話があり、話している途中で起こったのが東日本大震災。急いで帰宅してテレビをつけると和歌山県の沿岸にも津波警報が出ていて「これはもう今日中に特急が走ることはないだろう」と判断し、なんとか両親に電話がつながった時点ですぐに近くのホテルに泊まることをすすめました。

行きも帰りも大地震。両親には直接の被害はなかったものの、忘れようにも忘れられない日となりました。

当初は立つことも出来なかった父は、あれから1年、まだ家のほんの近所にしか行かれないけれど、リハビリをがんばっているようです。

週2回父を病院に連れて行っている母は、仕事に趣味にと相変わらず多忙な毎日を送っています。

父が突然歩けなくなってしまった原因は今も不明なままですが、両親が元気に暮らしていることが本当にありがたいとしみじみ感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月21日 (火)

冬の井の頭公園

Park
今日は久しぶりに井の頭公園の中を通りました。

春は桜、夏は木々の緑、秋は紅葉といつも人気の井の頭公園ですが、真冬の平日はさすがに池のボートに乗ろうという人もいないらしく水面は凪ぎ寂しい景色でしたが、意外にもぽかぽかとあたたかくゆったりお散歩を楽しんでいる人がちらほら。

木々の葉がすっかり落ちてしまい見た目は寒々しくても、陽光をさえぎるものがないので地面は明るくて、この季節も土や雑草にとっては必要なんだろうなぁなどと考えながら自転車を走らせていました。

とはいうものの、もう寒い冬には飽きました...。毎日来ているダウンコートもそろそろクリーニングに出したいし、重装備で出かけるのはめんどくさい。春が待ち遠しくて仕方ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月20日 (月)

サンプル作り

Sample
今日の午前中は来週友人宅で講習予定のハンドクリームとフェイス&ボディミルクのサンプルを作っていました。

1つはミツロウとホホバオイルとオレンジフラワーウォーターとパルマローザ精油とラベンダー精油のハンドクリーム。

もう1つはホホバオイルとパーム乳化ワックスとオレンジフラワーウォーターとラベンダー精油のフェイス&ボディミルク。

なるべく簡単に作れる方法を考えたり、材料の分量を増減したりしながら試作。

本番はオレンジフラワーウォーターをローズウォーターにして、フェイス&ボディミルク用にはゼラニウム精油を使う予定です。

材料を湯煎であたためて混ぜるだけの簡単レシピですが、いい材料で混ぜ物なしのリッチなクリームとミルク。こまめに塗って春までせっせと乾燥対策です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月19日 (日)

パオラのフリウリ料理教室

昨日は富士見ヶ丘のヴェネツィアンバール“BACARO FERRO”で、1日限りの料理教室に参加しました。

講師はイタリア人留学生のパオラ。聡明で日本語が堪能な女子大生パオラはフリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州はポルデノーネの出身。イタリアファンの日本人には須賀敦子さんの『トリエステの坂道』の舞台、トリエステのある州というと分かりやすいかもしれません。ドイツ、オーストリア、スロヴェニアとの国境で、食にも近隣の国々の文化が混じりこんでいるそうです。

ふだんは入ることのない厨房に入らせてもらい(ワクワクしてテンション上がりました)、パオラが料理の説明をしながら調理するのを参加者がお手伝いするという形で進んで行きました。

Cucina2

メニューは牛肉と玉ねぎを赤ワインとスパイスやハーブで味付けして長時間煮込んだGurasch(グラーシュ)ととうもろこしの粉を練って作る北イタリア地方の主食Polenta(ポレンタ)、付け合わせは白菜とりんごの蒸し煮Soffocato(ソッフォカート)、そしてデザートはカーニバルの時期によく食べられるという林檎の揚げ菓子Frittelle di mele(フリッテーレ ディ メーレ)。

料理が完成したらフリフリの赤ワインで乾杯!

Maki_e_paola

できたてのお料理と美味しいワインがあれば盛り上がらないはずはありません。

Salut

まずはGurasch。長く煮込むとお肉がほろほろに崩れて柔らかくなってとても美味しいということで、事前に5時間煮込んで作ったものが出されました。白いお皿にポレンタの黄色と牛肉の濃い茶色が乗って食欲をそそります。味が染みた柔らかいお肉が本当においしい。ず〜っと食べてみたいと思っていたポレンタも穀物好きの私の好みにピッタリ。すっごく好きな味でした。

パオラが「1人で家にいても火にかけたグラーシュの鍋があると1人でいる感じがしない」と言ったのが印象的でした。ついでにパオラの名言をもひとつ「(煮込む)時間も材料のひとつ」。納得!

Gulasch

お次ぎはSoffocato。みじん切りのタマネギとざく切りの白菜とスライスしたりんごを煮込み、味付けは塩とローズマリーを少し。

くったり煮た白菜と柔らかくなったりんごを頬張ると優しい味が口の中に広がりました。

Soffoocato

最後はFrittelle di mele。丸ごと皮をむいて輪切りにしたりんごの芯を抜き、玉子・砂糖・牛乳・小麦粉・ラム酒で作った衣をつけて揚げた素朴なお菓子です。

あったかくて甘くてちょっと酸っぱいりんごが、歯ごたえが残りつつも柔らかくなっていて、初めて食べたのに懐かしいような味わいでした。

Frittelle

ごちそうさまのあとはみんなでお片付け。食器を洗う人に拭く人。グラスは専用のクロスで自分の指が直接触れないように下の方から拭いていくって教えてもらったりして、これまた楽しいひととき。

楽しい時間はあっという間で名残惜しかったけれど、「またすぐに日本に戻ってきます!」というパオラに会える日を楽しみにしつつ、またFERROに顔を出したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月17日 (金)

Zenzai
甘いものが大好きな孫のためにと母がぜんざいを作って宅急便で送ってくれました。

タッパーの上に「お砂糖入ってません 水を足して入れて下さい 塩味もお忘れなく」のメモ。

2日ぐらい前に「荷物送るからね、ぜんざいは味付けしたってよ」って電話でも言ってたのに...(笑)。

愛情のかたまりみたいなお母さんらしい。

ばーばお手製のぜんざいを黙々と食べる長男。ばーばからの愛をいっぱい胃袋に詰め込んで大きくなってる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月16日 (木)

ふーちゃんぷる〜

Fu
久しぶりにうちなー夕ごはん。

メニューはふーちゃんぷるーともずくの酢の物とタコライスとお味噌汁。

今から12~3年前に初めて行った沖縄、那覇の「ゆうなんぎい」で食べたふーちゃんぷるーが美味しかった!店主のおじさんが「さっき食べたのはこれだよ」と見せてくれたフランスパンのような車麩にびっくりしたのもいい思い出です。

「車麩」と呼ばずに「ふ〜」って呼ぶのがカワイイね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月15日 (水)

待ってます。

Ca3j03290001
道の真ん中に傘が落ちてる?と思ったら、傘のかげにレインコートを着たわんこ。

飼い主さんが近所で用を済ます間、わんこが濡れないようにと傘を差しかけて行ったのかな?

雨の中大人しく従順に待っていて健気。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月14日 (火)

ロウバイ

Ca3j03280001

幼稚園のお迎え途中、甘くいい匂いにつられて反射的に振り返ったらロウバイが満開でした。

蝋細工のようなつややかな質感の淡い黄色の花びら。慎ましやかなたたずまいながら「今がその時」とばかりに香っています。

植物が香る理由はいくつか考えられるようですが、この甘い匂いは間違いなく誘因のためだよね〜。だって、受粉に役立てない私まで思わず香りに誘われて近寄ってしまうんだもの。

ロウバイの丸っこい花の形は幼いようにも見えるのに、意外にしたたかなのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月13日 (月)

ラベンダーのおまじない その3

ただいま5才の次男がお風呂に入るのを嫌がる時にもラベンダーのおまじないが有効です。

「お風呂に入れるいい匂いのやつ(バスソルト)作ろうか!?」と声をかけると、さっきまで眠そ〜でめんどくさそ〜だった目を輝かせて「作る〜」とノってきます。

豆鉢にふだんお料理で使っている天然塩を大さじ2杯分ぐらい入れて、ラベンダー精油をぽたぽたしたら今度は取ってあったアイスキャンディーの当たり棒(割り箸でもいいのですがアイスの当たり棒だとテンションが上がるのです)でまぜまぜ。この「ぽたぽた」と「まぜまぜ」を自分でやれるのがたいそう嬉しいらしく、あっという間にニコニコ顔でお風呂の準備。

バスソルトを湯船に入れるために大急ぎではだかんぼになり、お風呂に入ったら「いいにおい〜♪」と満足げ。

もちろんラベンダー精油でなくてもOKです。


| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2012年2月12日 (日)

寝込みました

先週水曜日から金曜日まで長男がダウン。2日ほどはほぼ飲まず食わずで心配しましたが、金曜日の午後から私がダウン。嘔吐に始まりまったく何も食べたくない&飲みたくない状態。すぐに横になり、金曜の夕方から今朝までずっと寝てました。

長男とほぼ同じような症状で「もらっちゃったかもな〜」という状態でしたが、当の長男はすっかり元気で、昨日・今日とバスケの練習試合です。病み上がりですぐに試合に出られるなんて若いね〜。昨日はシュートがまったく決まらなかったと言ってましたが、今日はどうかな。

私はおそるおそる家事復帰です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月 9日 (木)

あたり〜!!

Leo

3月31日から渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで始まる「レオナルド・ダ・ヴィンチ 美の理想展」。

京王線沿線の駅で配布されている情報誌『あいぼりー』の抽選に応募したチケットが当たって今日届きました!

応募したことをすっかり忘れていたのでサプライズプレゼントみたいな感じで嬉しかった〜。

芸術家であり科学者でもあるレオナルド・ダ・ヴィンチ。作品も本人もミステリアスなところが魅力的。

公開が待ち遠しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月 8日 (水)

ラベンダーのおまじない その2

めったに病気をしない長男が今朝から寝込んでます。中学に入ってから初めての欠席かな。

今朝は学校に行くつもりで布団から出てみたら、思いのほか重症だったらしく「やっぱり無理だ...」と言ってまた布団に戻っていきました。

熱はびっくりするような高さではないものの38℃あたりをうろうろ。咳と鼻水はまったく無し。ついでに食欲もまったくなし。

夕方お医者さんで受けたインフルエンザ検査の結果は陰性。

ラベンダー精油とティートリー精油をホホバオイルにブレンドして背中や脚のトリートメントをしてあげました。

最近は反抗的で私の顔をまともに見ず、言葉遣いも荒っぽくて生意気ばかり言ってたけど、今日ばかりは弱気になったようで別人のように大人しくしています。

布団をかけ直してあげてしばらくそばで様子を見ていると、安心したようでスーッと眠りに落ちていきました。さて夕飯の準備でもと思いそっと離れようとしたら、「行かないで。もうちょっといて...」な〜んて可愛いこと言っちゃって、もしかしてラベンダーの香りで心が落ち着いて素直に甘えられるようになった???

病気の本人はもちろんしんどくてヤだろうけど、こんな言葉が聞けるなら看病のしがいがあってたまには病気もいいかもね〜♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月 7日 (火)

コストコ♪

今日は友達にコストコに連れて行ってもらいました。

女3人で「あれは美味しいよね」とか「それは普通のスーパーの方が安いかも?」とか言いながら店内を見て歩き、「これ半分こしない?」「うん、欲しい」だの「それはいらないなぁ」だの言いながらカートに商品を入れていき、気がついたら山盛り。

生ハム、チョコレート、ディナーロール、クッキー、コーンポタージュ、クラムチャウダー、ポテトチップス、チーズ、ベーコン、チェリー、ドライマンゴー、バジル&オレガノ入りトマト缶etc...

こんなに買ったらお会計はいくらぐらい???と心配になったけど、みんなでシェアすればやっぱりお得感のある買い物でした。

コストコって楽しい〜♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月 6日 (月)

おまじない

今朝、起きてからしばらくして「おなかが痛い〜」と言い出した次男。

下痢はしてないし熱もないけど食欲もあんまりない。

色んな風邪が流行っているしなぁ・・・と様子を見ていると、ときどき「痛い」と言うものの、まぁまぁ機嫌良く遊んでいるし、うんちが出そうってわけでもないらしい。

幼稚園に行く時間になって一応上着を着て靴を履いたものの顔がちょっと不安げ。

薬箱にはこども用の整腸剤など入ってないし、私が腹痛の時にすごく頼りにしている漢方薬は苦くて飲めなさそうだし・・・。

そこでラベンダーの精油をぽとぽとっと垂らしたティッシュを持たせて「匂いをかいでごらん。おなか痛いのがなくなるよ」と言ったら、素直に匂いをかいでそ〜っと大事そうにポケットに入れて出かけていきました。

幼稚園ではお昼頃にトイレに行ったけれども普通のうんちだったらしく(ありがたいことに担任の先生が確認して下さったそう)、お迎えに行った時はけろっとして元気いっぱいの様子で、帰りにはお友達のお家で夕方まで存分に遊ばせてもらって帰宅しました。

とっさに思いついたラベンダーのおまじない、とっても効いたようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月 5日 (日)

節分祭

今日は井の頭線富士見ヶ丘駅を挟んで南北にのびる商店街の節分祭でした。

狭い通りなのに抜け道になっているため、車の交通量が多くていつもは危険な道ですが、今日ばかりは歩行者天国。

ダンナはBACARO FERROのホットワインを片手に、私はサービスで配られていた甘酒を片手にぷらぷら。

Vino

起震車で震度7の揺れを体験。煙体験に、消火訓練。次男は消防車に乗せてもらったりして記念撮影。

Lene

長男に大好物のクレープをお土産に、ランチのおつまみ用に生ハムを買って、豆まきでたくさん豆を拾い、つきたてのお餅をもらって帰ってきました。

Mochi

地域のお祭りで町の人たちがはりきってイキイキと活躍しているのが見てて楽しかったです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月 4日 (土)

今年の鬼

2012oni

幼稚園で牛乳パックを使った升を作り、節分の豆まきをすごく楽しみにしていた次男。

昨日は期待通り幼稚園でた〜っくさん豆をまかせてもらったようで、お迎えに行ったら園庭に数えきらないほど大量の豆が落ちていました。

次男が今年作った鬼のお面は赤オニさん。絵の具で真っ赤に塗った紙を折り、毛糸と色紙を使って顔を作っています。毛糸のまゆげの下に色紙のまゆげ??ツノも真っ赤で動物みたいな可愛い赤オニさん。

去年作った青オニさんとは大違いの立派な出来映えです。

2011oni
※去年の青オニさんとでん六の豆についてたオニのお面。

ここ数年で東京でも恵方巻きがすっかり定着したようで、近所の京樽さんは小さな店内にお客さんがたくさんいてけっこうな賑わい。

「豆は当日に買えばいいか」と思っていたら、近所のスーパーでは大豆がまさかの売り切れ。落花生やマカダミアナッツで代用しようかと提案したけど、「大豆じゃなきゃイヤだ〜!」とゆずらない次男。仕方がないので2人でコンビニやスーパーをまわるも豆まき用のベーシックな大豆が見当たらず、結局ちょいイレギュラーな昆布入りのものを買って、昆布は取り除いてまくということでしぶしぶ了承してもらいました(汗)。

夜にはオニに扮したお父さんに豆をぶつけとっても満足そうな次男でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月 2日 (木)

期間限定3人家族

わが家の長男が1/31〜2/3までの日程で菅平にてスキー教室に参加中。私たち夫婦2人と5才の次男の3人でいると、まるで長男が幼児だった頃にタイムスリップしたみたいです。

夕べは校長先生から菅平でのこども達の様子を伝える一斉メールが送られてきました。おおむね元気に楽しんでいるようです。

今回の期間限定3人家族は今日で最後。

のんびりと鍋でも食べて早く寝ましょうか。

菅平にいる長男も連日のスキー疲れが溜まり、きっと今夜あたりは消灯とともに夢の中なんじゃないかな。明日の夜は思い出話を聞くのが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年2月 1日 (水)

季節外れのイタリアン

I_3

ポークソテーに茄子&ズッキーニ&パプリカのマリネ。

イタリアのトラットリア(食堂)で出てくるようなお皿をイメージ。

赤・黄色・緑・紫。カラフルで美味しかったけど、旬の野菜じゃないので体を冷やしてしまいそう...。

デザートはいちごとみかんでビタミン補給。

明日はまた冷え込むようなのでも少しあったかい献立にしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »