« '11 夏休みレポート「奉納狂言」 | トップページ | 高野山カフェin 丸の内ハウス »

2011年9月 6日 (火)

台風12号

紀伊半島に長い間たくさんの雨を降らせ大きな被害をもたらした台風12号。

私のふるさと新宮市でも浸水した家は多数、現在も電話は不通で、命に必要な水も断水中でごみ処分場も稼働していない状態だそうです。

川向こうの三重県紀宝町はこどもたちが夏休みに泳ぐのを楽しみにしている大里親水公園のあるところ、熊野川町も那智勝浦町も本宮町も大好きな場所で、奈良の十津川村や五条市は私がこどもの頃に母のふるさと九度山町に行くために急カーブの連続と対向もままならない細い山道を車酔いに耐えながら何度も通った思い出の場所です。

その愛しい場所のあちらこちらがとても悲惨な状態になっているのを報道で目の当たりにして胸が詰まりそうな思いです。亡くなられた方もいまだ行方不明となっている方も多数で、ご家族や友人・知人の心痛はいかばかりか・・・。想像以上であることは間違いありません。

台風銀座で1年中強い雨がたくさん降ることが当たり前の新宮で育った私も、さすがに今回は長く降り続く雨に不安感が増し、インターネットで氾濫危険水位に達した熊野大橋の写真を見た時には「今回はまずいかもしれない・・・」と心配していました。

9月3日の夜半に市の職員の方が家に来て避難を促してくれたそうで、幸い両親は無事、家もかろうじて浸水は免れました。しばらくの間不便な生活が続くかもしれませんが、本当にありがたいことです。

「今まで経験したことがないから大丈夫」は自然災害には通用しないことをあらためて実感しました。これは肝に命じておかなければいけません。

また、今回両親が避難した場所では市の職員の方がとても親切にして下さったそうで、初めての経験で不安な中、心穏やかに一晩を過ごすことが出来たようです。役所の方、消防や警察の方々は川の水かさが増して以来不眠不休なのではないかと思います。ご家族も大黒柱が留守で一般の家庭の人よりも不安な時間を過ごされたかと思います。皆さんに対して感謝の気持ちでいっぱいです。

感謝と言えば、実家を心配して電話やメールをくれた友人にも感謝!!気にかけてくれる人がいるということは本当に幸せなことです。

時間が経つにつれ被害の深刻さは増すばかりですが、どうか一日も早く普通の生活に戻れますように、心の大きな傷が少しでも癒されますようにと願ってやみません。

|
|

« '11 夏休みレポート「奉納狂言」 | トップページ | 高野山カフェin 丸の内ハウス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57634/41538545

この記事へのトラックバック一覧です: 台風12号:

« '11 夏休みレポート「奉納狂言」 | トップページ | 高野山カフェin 丸の内ハウス »