« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月21日 (月)

「先進国における災害時の乳児栄養」

あの地震から10日が経ちました。テレビではバラエティ番組や歌番組やドラマの放送も再開しましたが、ニュースの時間になるとまだまだ深刻な状態であることが伝わってきます。

地震の揺れと津波から命が助かった人々も避難生活が長引くにつれ、体と心にかかるストレスが限界にきているのではないかと思います。被災地では風邪など体調不良の訴えも増えているとか。妊婦さんや新生児には一般の方以上に過酷で不安な状況であると思われます。

日本誕生学協会理事でありバースコーディネーターとして日々「いのち」のお話をあらゆる年代や立場の人たちに届けていらっしゃる大葉ナナコさんのMLより「先進国における災害時の乳児栄養」という論文の日本語訳をご紹介します。


日本語訳をされた大山医師からのメッセージ:現地支援で、母子サポートに当たる方、物資を送る方々に周知してくださると母乳育児で育つ新生児を感染症から守れるかもしれません!必要と思われるところに転送をしてください。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
先進国における災害時の乳児栄養

引用元:Draft Paper Emergency preparedness for those who care for infants in developed country contexts
Gribble KD, School of Nursing and Midwifery,University of Western Sydney
Berry,NJ, Centre for Health Initiatives, University of Wollongong

要旨の日本語訳および注釈:大山牧子、瀬尾智子 (2011.3.17 仮訳)

以下の文章は、Dr Gribbleの厚意により、Draft Paper のかたちで自由に引用することを許可された論文の要旨を日本語訳し、日本の実情に合わせて注釈を加えました。現場や状況に合わせて授乳中の母子への支援に必要なものを決める 一助になれば幸いです。Gribbleから原著を自由に使ってよい許可をいただいています。

要旨:災害管理機構は、たとえ先進工業国においても災害時においては乳 児は弱者であることを認識している。しかしながら、これまでの乳 児ケアにかかわるものは災害時用キットに必要なものについて述べ ていない。災害管理機構は乳児ケアに関わる担当者に、災害時に乳児ケアに必要な支給について、母乳で育てられている児と人工乳で 育てられている児とを区別して、正確かつ詳細な情報を提供しなけ
ればならない。人工乳で育てられている児をケアするひとは防災キットの支給品と災害時における調乳の仕方を知らされるべきであ る。授乳されている児への1週間分の支援品に含まれるべきものとして、

母乳だけで育っている児に必要な支給品(1週間分)
・紙おむつ100枚、おしり拭き200枚

人工乳だけで育っている児に必要な支給品(1週間分)
・粉ミルク900gの缶2つ
・飲料水170L(1日24Lとして計算)
・保存容器(蓋付きでつぶれない固さのもの)
・蓋付きの大きな鍋(器具を煮沸消毒するためのもの)
・やかん
・ガスコンロ、マッチまたはライター、LPG14kg 日本ではカセットコンロとカセットボンベ
・計量カップ(お湯を量るためのもの。消毒できるように耐熱性の ものがよい)
・金属ナイフ(粉ミルクを量るとき、平らにするのに使う)
・金属製のトング(滅菌物を取り出すため)
・金属か陶器のカップ(紙コップを使いすてにしてもよい)
・大きめのペーパータオル300枚(手や器具を拭くため)
・洗剤
・おむつ100枚
・お尻ふき200枚

緊急時だからこそ、感染症予防のために人工乳で育てられている子どもが衛生的に調乳されたものを与えられるべきであり、緊急時だからこそ、感染症予防のために母乳だけで育てられている子どもが
継続して母乳で育てられることが推進されるべきである。
緊急時に母乳だけで育てられてるこどもの割合が多ければ多いほど、そのとき人工乳で育てられている子どもに支援をさしのべることができる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

母乳で育つ赤ちゃんも、人工乳で育つ赤ちゃんも同じように感染症などからそうかその小さな命が守られますように!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年3月17日 (木)

「未来」への支援

私の尊敬するバースコーディネーターであり公益社団法人誕生学協会 代表理事の大葉ナナコさんのブログを転載します。

生まれたばかりの命、これから生まれようちしている命のための募金のお願いです。まさに日本の「未来」への支援です。私も今から振込みます。

※以下転載
÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷


募金・支援協力をお願いします

日本、世界の皆さまへ


【 被災地支援の募金にご協力ください 】

このたびの東日本巨大地震で被災された皆さまには
心よりお見舞い申し上げます。

誰もが、世界で、たった一つの「いのち」。
東北の大切なお一人おひとりの「いのち」が、今、多くの支援をお求めです。

東北太平洋沖大震災において、平素、次世代への「いのちの学習」を展開している誕生学協会として、現地の人命救助への協力はもちろん、助かった方々への支援・復興に全面的に協力してまいる所存です。

被災され、自分のいのち以外に次世代のいのちを全力で保護している産前産後の女性や子連れで非難している女性たち、子どもたちの心のケアにも重点的に、支援を開始させていただきます。

妊娠中の女性は二人分のいのちを生きておられます。お腹に「未来」が入っています。産後の女性や授乳期の女性は、いつもより多くのケアが必要です。
しかし、生理ナプキンの必要性や、授乳ケアへの配慮や要望は、被災地では言葉に出しにくい状況です。
また子どもの心のケアも、怪我をされた親御さんたちだけでは限界です。

募金が集まりましたら随時、現地の誕生学協会講師の保健師・助産師・看護師の方々に人命救助、母と子どもの支援に役立てていただく他、
◆産婦人科病院や医院などへ寄付し、安心して出産ができる支援、施設の復興資金に
◆お産と母乳の専門家のである、日本助産師会東北の支部の方々への支援活動資金に
◆被災地自立支援で国際的に活躍しているNGOのJENでの支援活動資金に
◆セクシャル・リプロダクティブ・ヘルス(性と生殖の健康)支援を行う
 ジョイセフ(家族計画国際協力財団)に物資や支援金提供をしていく所存です。

過去二回の中越地震時も、皆さまとともに、人命救助や復興支援金の寄付の他、
「私は助産師です。妊婦と母乳育児の専門家です」と助産師さんに装着いただく
ゼッケンを寄付し、被災地の女性と専門家をつなぐ活動となりました。

ケアや要望の声を出しにくい妊産婦さん、声を出せない赤ちゃん、幼児、こどもたちの代弁者となるべく、支援サービスが届くように、協力してまいる所存です。

どうぞ、みなさまにも何卒、ご理解ご協力いただきたく存じます。

公益社団法人誕生学協会 代表理事 大葉ナナコ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

募金は以下の口座によろしくお願いいたします。

ゆうちょ口座番号 00100-3-433201
ゆうちょ口座名称 誕生学チャリティGTネット


寄付金の使途は、随時、WEBでご報告申し上げます。
===========================

みなさま、どうぞご協力、よろしくお願い申し上げます。

÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年3月13日 (日)

生きている

今回の地震で思ったこと ー 地球は生きている。

人も動物も植物も宇宙も地球も。

地球の内側で起こっていることが、表面で暮らす私たちに大きな大きな衝撃を与える。「いつか来る」と思ってはいても、それがいつなのか誰にも分からない。

人間は大きなクジラの体にくっついた小さなフジツボみたいな存在なのかもしれないなぁって想像してみる。

時には海面から顔を出してみたり、深い深い海の中に潜ったりするクジラにくっつくフジツボの運命はクジラ任せ。

クジラが地球でフジツボが私たち。

フジツボと私たちが違うのは自分の意志で動けること。

深い深い海の中から浮かび上がることもできるし、絶望的な状況でも立ち直ることも出来る。深い深い海の中のような絶望に溺れかけている人に手を差し出すことも出来る。

私に出来ることは何か。地球の表面にへばりつく私は考えたい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年3月12日 (土)

2011.03.11

昨日は幼稚園のお迎え後、公園で地震に遭遇。

いつもなら公園で元気に遊んでる息子が、昨日はなぜか私の側を離れないので「遊ばないなら家に帰ろう」と話しているところに母から電話があり、しゃべり始めたところで地震発生。

しばらくは「揺れてるな」と思いながらしゃべっていましたが、あまりにも揺れが強くて長いのでいったん電話を切り、近くにいたママ友やこどもたちと1つのベンチに皆で身を寄せ合って揺れがおさまるまで待っていました。

皆で「公園で良かった〜、家にこどもと2人とかだったらもっと怖かったと思う」と言い合い、ワンセグで報道を見たらかなりの大地震。しばらく様子を見て帰宅。

ダンナはたまたま自宅で仕事中。

長男は夕方学校から電話がありダンナがお迎え。学校からの電話がなかなか各家庭に繋がらないようだったので、私はクラスメートの家あちこちに電話しました。

新宮市の自宅よりもずいぶん遠くの出先にいた両親は、乗ろうと待っていた特急列車が津波警報の影響でストップしてしまい足止め。駅の待合室にいるようだったので「東日本で地震が続いてるから、きっと今日はもう電車は走らないよ、ホテルを取った方がいいよ」と急いで連絡して、無事に明るいうちにホテルにチェックイン。結局その後ホテルは満室になったそうで間に合って良かった!

妹は六本木から日暮里まで4時間かけて徒歩で帰宅したそうですが、 おかげさまで家族はそれぞれ無事でした。

今朝になってだんだん被害の状況が明らかになってくると、あまりの惨事に驚くばかりですが、これ以上地震の被害が増えないようにと祈るのみです。

被災された方々にお見舞い申し上げるとともに、この地震で亡くなられた方々に心よりお悔やみ申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年3月 8日 (火)

明日はAEAJ香育活動事例報告会

あれもこれも報告したいのに〜と思いつつ、しばらくブログの更新がままならない日々が続いてしまいました・・・。今週末でバタバタしている毎日も終息に向かう予定なので、おいおいupしていこうと思っています。

明日は(社)日本アロマ環境協会の「香育活動事例報告会」で、昨年度杉並区の小学校で実施した「香育」の発表をします!!

他にも数名の方がそれぞれ中学や高校での実施例の報告をされたり、香育イベントでの活動報告などがある予定です。

小学校の部担当の私はなんとトップバッター・・・。どれぐらいの人数の方が聞きにいらっしゃるのか分かりませんが、AEAJ会員向けの有料イベントですのでできれば少しでも「わざわざ足を運んで良かった」と思っていただけるように、これから実施される方の参考になるような発表にしたいと思っています。

AEAJの前身、アロマテラピー協会会員になって10年以上経つと思うのですが、今までは協会主催のイベントに楽しく参加してはいろんな方のセミナーや発表などを聴いていた私が舞台に・・・って思うと、とっても感慨深いしとってもとっても光栄ななことなのですが、その分緊張が〜。

明日はあがらず発表できるように、ラベンダー精油を数滴ハンカチに染み込ませて持参しようと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »