« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月23日 (日)

おつまめ

110115_201601うちでは定番「とろっ豆」のミツカン金のつぶシリーズから新しい納豆発見!

その名は「おつまめ」。納豆には珍しい緑色のパッケージには「o! tsu ma me」とも書いてあります。

「超コリッと納豆 枝豆のような食感」

へ〜。歯ごたえのある納豆ってこと?

「おつまみにもどうぞ」

え〜。納豆はやっぱりお酒のおともじゃなくてごはんのともじゃない?

「おつかれさまです。おつまめさんです。」

意味不明・・・。

こうなったら試さずにはいられません。 パッケージの罠にまんまとひっかかる私。


極小粒が主流かと思われる納豆の中で異例の粒の大きさにまずびっくり!歯ごたえがしっかりしてて、大豆を食べてる!っていう実感が味わえます。もぐもぐもぐもぐ噛める感じ。ちょっと固めなのが嬉しい。


でも「こういう納豆」って分かって食べないと違和感あるかも。うちのダンナは「この納豆なんか違う」と言うので、商品特徴を説明したら、「それなら美味い!」って、なんじゃそりゃ。


美味しいけれど、おつまみにはどうなのよ〜?と思ってミツカンのHPを見たら、「おつまみとして食べるとき、粘りが気になる人は、混ぜずに楊枝で一粒づつたれに付けて食べるとおいしい!クセになる味!」だって。なるほど。今度買ったらやってみよ。


販売エリアは東北、関東、甲信越だそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年1月20日 (木)

葛城館

Katuragikan和歌山県橋本市のJR和歌山線高野口駅の真ん前にある木造3階建て旅館「葛城館」

叔母一家が高野口に住んでいたことがあって、小さい頃に何度か見てるはずなのにまったく記憶になく、この正月に初めてこの建物の存在に気づき、その立派さに驚いた次第。

現在は残念ながら営業しておらず非公開となっているそうですが、これを上手く活用すれば観光の目玉になりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年1月19日 (水)

箱根ホテルのホテルブッフェ♪

Sweets箱根旅行の続き。

2日目は塔ノ沢からバスで箱根町に向かい、箱根ホテルのランチブッフェへ。

乗り物に弱い次男、山道はやはりキツいらしく、バスに乗ってすぐから「降りる〜」とめそめそし続けるのをなだめすかしてなんとか元箱根までもたせ、箱根町までは芦ノ湖を眺めたり杉並木を歩いたりしながらホテルへ。開店数分前に到着。完璧。

窓の外に目をやるとガーデンチャペルという素敵な席に案内してもらって大満足。

「少しずつよそって全種類食べるぞ〜〜!」と決めていたのだけど、サンドイッチや中華バンズはそれだけでお腹がふくれそうなのでパス。それ以外のお料理は全種類食べ、いよいよデザート。これも全種類!と思っていたけど、バニラ、抹茶、いちごのジェラートはあきらめ、それ以外のスイーツを全種類お皿に乗っけたらイヤでもテンションは上がります。 もちろん全然「イヤ」じゃなくて嬉しさMAX。

肝心のお味は、ブッフェにしてはいいかなというのが正直な感想ですが、2700円でこんなにいろんな物を食べられるのは素直に嬉しい。

飲み物は含まれていないのでソフトドリンクの飲み放題(と言ってもファミレスではないので、テーブルまで運んできてくれます)とビールを注文しました。

「腹八分が健康に良いと言われても絶対に無理だよなぁ。いつも十分まで食べちゃうし、今日なんて十二分だよ〜」とふくれたお腹をさすりたくなる気分でした。シアワセ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年1月17日 (月)

箱根湯本の美味

Takeiti「名物に美味いもんなし」って誰が言ったんだろう・・・。

旅の楽しみの1つはその土地の美味しい物を食べること。

箱根湯本では「ちもと」の湯もちは絶対に外せない!

白玉粉を練り上げたやわらか〜いお餅の中に、小さな本練羊羹が入っていて、一口頬張ると柚子の香りがふわ〜んと広がる絶品和菓子。

事前に電話でお取り置きを頼んであったので入手出来ましたが、平日にもかかわらず13時頃にはすでに売り切れ・・・。予約でほとんど売れちゃうのかな。

もうひとつ、今回どうしても食べてみたかったのは、箱根湯本駅からすぐの「竹いち」のすり身団子

ぷりっっぷりのすり身に玉ねぎやごぼうなど野菜がアクセントになって、超美味!練り物好きのダンナがいたく気に入ったようで、冷や酒片手に次々とたいらげました。合成保存料は使用していなくて賞味期限は3〜4日とのことですが、翌日にはぷりっぷり感が減ってしまうので、買ったその日に食べるのがおすすめ!

はぁ〜。今思い出してもヨダレが出そう〜。

名物美味いもんだらけの箱根湯本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年1月16日 (日)

2011年1月のファン助産院アロマクラス

昨日は今年1回目のファン助産院アロマクラスでした。

参加して下さった妊婦さんはお二人で、出産予定日が約1週間違い!こういう偶然って楽しい♪予定日通りの出産は少なくて、得てして早まったり遅まったりするものなので、もしかしたら同じ日に生まれるかもしれないし、前後するかもしれないんですよね。

うちの長男が小学校に入って出来たお友達が、同じファン助産院で生まれたことが分かり、日にちは違っていたものの、2人とも同じ9月生まれということで「妊婦検診ですれ違ってたかもしれないなぁ」とか、同じ頃に生まれてその時はまったく面識がなかったのに、こうやって出会うって不思議だなぁと思ったりしました。そのお友達とは同じ中学のバスケ部で頑張っています。


ファン助産院アロマクラスでは、ホホバオイル+ネロリ精油のブレンドオイルを使って妊娠線予防のお腹のトリートメント実習をしています。ネロリ精油の香りをかいで「いい匂い♪」とか、実際にトリートメントして「いい気持ち♪」という感想が、自然と妊婦さんの口から聞こえてくると、「これぞアロマテラピー!」と、とっても嬉しくなります。

香りをかいだ瞬間、脳の大脳辺縁系に電気信号が送られて「快・不快」の判断をします。「なんの香りかなぁ」とか考えるよりももっと早く、「快(安全)・不快(危険)」とジャッジするのは、私たちの体が原始時代からほとんど変化していないから。生活が大きく様変わりしても体はそうそう変わらないんですね。「心地よい香り」を感じることで心拍や血圧が下がったりと、体をリラックスした状態に導いてくれます。

期待が大きい分不安や心配も時折感じてしまう妊娠期間中、アロマテラピーで心と体をゆるめる方法を知りたい方はぜひファン助産院アロマクラスにご参加くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年1月14日 (金)

パンダBOX

Panda年末年始に和歌山県新宮市にある実家に帰っていた妹がくれたお土産。

パンダ型の箱に入ったパンダ型のクッキー♡

昔はパンダと言えば上野動物園!でしたが、今はパンダと言えば和歌山県白浜のアドベンチャーワールド!!

1月11日で生後5ヶ月を迎えた双子のパンダ赤ちゃん「海浜」&「陽浜」がすくすくと育っているようです。

動物好きの妹のことだからアドベンチャーワールドで買ったのかと思いましたが、新宮の地元スーパーで売ってたそう。年末年始のお土産用かな。(白浜と新宮は特急列車で1時間半ほどの距離)

あまりに可愛くて食べるのがもったいない!という私の気持ちをよそにパクパクと食べ続けたうちの次男。味も気に入ったようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年1月13日 (木)

寿命が7年延びました。

110106_144001先日家族で箱根に行きました。

6〜7年ぶりの箱根、「どこに行きたい?」と長男に聞いたら「黒いゆで玉子のとこ」。

大湧谷ね。

大地が生きてるって感じがするから私も好き。

もちろん食べましたよ。お約束の黒玉子。

茹でたてほかほかの黒玉子の殻をちょりちょり剥いて、お塩をパラッ。もったいないから3〜4口ぐらいに分けて食べました。温泉で茹でた玉子って特別おいしい♪

周りにいる人たちもみんなすごく嬉しそうに頬張ってる。飽食のニッポンって言うけれど、大自然の中で食べる1個¥100のゆで玉子でこんなに幸せになれちゃうってすごい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年1月 4日 (火)

2011年。

去る12月30日夜に祖母が亡くなり、元日から母の実家に行っていてさっき自宅に戻りました。

祖母との別れはとても悲しかったけれど、叔母やいとこやその子どもたちが集まり、泣いて笑って素晴らしく幸せなお正月を過ごさせてもらいました。

母を含む4姉妹を産み育てた祖母にあらためて感謝。

世界中の人にとって心がほっこりする出来事が少しでも多い年でありますように。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »