« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月21日 (木)

ハロウィーンモード

Hal吉祥寺、五日市街道沿いのフレッシュネスバーガーの店内がすっかりハロウィーンモードです。

仮装イベントもあちらこちらでやってるようで、すっかり日本に定着した感のあるハロウィーン。

夏休みが終わったとたんに街はハロウィーン、ハロウィーンが終わったとたんにクリスマス・・・。と、去年は驚いたものですが、今年は9月からハロウィーンもクリスマスもいっしょくたに雑貨を売っているお店を見つけてさらにビックリ。来年辺りは夏休みからハロウィーン・・・なんてことになるのでは!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年10月20日 (水)

天使のラッパ

Angelsと、日本語でいうより、Angel's Trumpetって言う方がステキに感じるのは私だけ?

「天使」は日本語でも可愛いけれど、「ラッパ」の語感がユーモラス。漢字で書くと「喇叭」って・・・もはや花のイメージとはほど遠い・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年10月19日 (火)

『えらんでうまれてきたよ』

Umareru11月6日公開の映画「うまれる」が生まれるきっかけになった体内記憶。その証言を集めたのが、今日発売の『えらんでうまれてきたよ』という本です。

おなかの中のこと、おなかに来る前のこと、どうやって生まれてきたのか。こどもたちのびっくりするような言葉がたくさん詰まっています。

そして、この映画の監督TOMOさん自身がご両親との関係を見つめ直し、仲が改善されたように、体内記憶を知って自分の人生をポジティブに捉え直したおとなたちの話も収められています。

うちの次男の言葉「行くよー!って言って、パチってなって、ビューって生まれてきた。」も紹介されています。(名前のせいか女の子になってましたが)

帯にも次男の後ろ姿の写真が使われていて、生まれて以来写真もビデオもあんまり撮っていなくて次男に後ろめたかった思いが、これで一気に救われました(笑)。

「頼んで産んでもらったんじゃない!」って言いがちな人は「産んでくれてありがとう」って親に言いたくなるかもしれません。人の親となって「しんど〜」と思ってる人は子どもに「生まれてくれてありがとう」って言いたくなると思います。

今まで何度も繰り返し母に聞いた自分が生まれた時のこと、また聞きたくなりました。「真っ白でひな人形みたいだったのよ(生まれた瞬間からいきなり親の欲目ですが)」って。聞くたびに幸せな気持ちになった誕生の瞬間の話。

こどもたちが聞きたいのは「痛かった」「辛かった」陣痛の話じゃなくて、自分が生まれてきたことで周りのみんながどんなに嬉しかったかっていうこと。

この本をきっかけに、私もまた自分のこどもたちに嬉しかった思いを伝えようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

三角公園に集合!

Sankaku昨日は久しぶりに井の頭公園のはじっこ、通称三角公園で遊びました。

次男の幼稚園が運動会の振替休日で、クラス委員さんが「みんなで公園で遊ぼう!」と企画してくれて、8組の母子が参加しました。

小川に入ったり、飛び石を行ったり来たり、どんぐりを拾ったり、ボールを投げたり、木に登ったり。思いっきり大きな声を出しても大丈夫。思いっきり走っても大丈夫。たまには小川に落ちても大丈夫!

いっぱい遊んだらお弁当。みんなで食べるお弁当はいつもの何倍も美味しい。おやつの交換も嬉し楽し。

草、木、土、水、石に触れながら思い思いに過ごした秋の1日、子どもたちがいつも以上にイキイキしているように見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年10月13日 (水)

バルーンリリース

101010_161501日曜日、ケアタウン小平でのお祭りにアロマ班スタッフとして参加しました。

幼児から90代の方まで、正真正銘老若男女が集う、バザーあり手作りスイーツやアロマグッズの販売ありの楽しいフェスタでした。

最後はフェスタ恒例のバルーンリリース!!みんなの願い事がつまった自然に還る風船が1000個。雨上がりの澄み切った空に、ハート形を描きながらぐんぐん上昇していきました。

いつまでもいつまでも。風船が見えなくなるまでみんなで見送った感動のひとときでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年10月12日 (火)

感動!

101011_152901昨日は初めて長男のバスケの試合を見に行きました。

中学入学後に始めたバスケ。今までは「もっと上手くなるまで来ないで」と息子に言われていたので、本人の気持ちを尊重して遠慮してたのですが、今回は区の新人戦でしかも会場がホーム。

「どうしても行くからね!」と言ってみたら、観念(?)したのかOKが出ました。

結果から先に言うと101ー25で圧勝!見事初戦突破!

うちの息子も終盤で試合に出してもらい、2回得点を決めました。

一生懸命プレーしてる子たちを見ると、胸がいっぱいになっちゃって、思わず目頭が熱くなってしまいました。

試合開始の一瞬を迎えるドキドキ感、女子の工夫を凝らした声援、顧問の先生のこれでもか!の叱咤激励、応援に集まった父母のまなざし・・・。

中学生青春まっさかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年10月 9日 (土)

ここはタイ?

101008_122802101008_123401














今日のお昼は西荻窪のタイ料理屋さん「ぷあん」でお一人様ランチ。

数年前に西荻在住のお友達に連れて行ってもらったお店です。

場所がうろ覚えで店名も忘れてしまっていたので、酒屋さん(またこの酒屋さんがお酒の品揃えが素晴らしくて、珍しいものもいっぱいあるのです)でビールを買ったついでに、「この辺にアジア料理のお店ありますよね?」と聞いたら、お店の方が「タイ料理ね!」と言って親切に地図を書いて教えてくれました。

ちょっとだけ悩んでカオマンガイをオーダー。鶏肉がふんわり柔らかく蒸し上がっていて感動!!鶏の皮は口に入れると溶けちゃう。西荻北口の鶏肉専門店のお肉だそうです。いいお肉+腕前でこんなに美味しくなるんですね〜。

ジャスミンライスは柔らかめに炊けていて、タイ米のイメージが変わりました。

生姜ソースもちょうどいい味で、あつあつスープがまた優しいお味。

デザートはかぼちゃのココナッツミルク煮。

タイに行ったことは一度もないので本場のタイ料理がどんな味なのか知りませんが、タイのどこかのお家でお母さんが出してくれるごはんってこんな感じなんじゃないかな〜と思いました。

満足満足♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年10月 8日 (金)

タジンでシュウマイ

Syuumaiタジン鍋でシュウマイを蒸してみました!

タジン鍋に白菜を2重に敷き詰め少しだけ水を入れて、いつもと同じように作ったシュウマイを並べてごく弱火で蒸すこと約15分。

ちゃ〜んとシュウマイが出来ました。

蒸し器で蒸すよりもお肉がむっちりしてて美味しい♪

事前にお湯を沸かす手間もナシ、布巾もいらない、後片付けも簡単でいいことづくめ。

わが家のタジン鍋はサイズが小さいのでちょっとしか蒸せないかと思っていたけど、意外にたくさん並べられました。ちなみにこのシュウマイはけっこう大きめサイズです。

やるな〜。タジン!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年10月 7日 (木)

ざくろのリップ

Lipあの暑かった日々はどこへやら・・・と思うほどすっかり秋になりました。

お風呂も恋しいですが、唇の乾燥も気になってきました。と、言うわけでこの冬を乗り切るアイテムはBURT'S BEESのざくろリップ!

色は赤紫でほんのり甘い香りがします。 成分表を見るとヒマワリ種子油、ミツロウ、ヤシ油、ヒマシ油、ザクロ種子油、カノラ油、ダイズ油などなど様々な植物油の名前が書いてありました。

輸入ものでは石けんやルームフレグランスなどでよく見かけるざくろですが、日本の物だとあまり目にしないような気がします。

和名は石榴(または柘榴)、英名はpomegranate(粒の多いリンゴ)。けっこう語感の趣が違います。

こどもの頃、祖父母の家の庭に植わってたざくろを何回か食べた記憶はありますが、残念ながら味をまったく覚えていないのです。見た目のインパクトがすごくて・・・。熟れて割れた実の中のたくさんの小さな粒々が、小さかった私にはなぜだかどうしても「歯」に見えてしまったのです。

鬼子母神の話もざくろにおどろおどろしいイメージを与えているように思うのですが、鬼子母神が手に持つざくろは子孫繁栄の象徴なんだそうです。

私も「歯」のイメージを払拭するためにざくろをもう一度食べてみたい!と、思っていたらどうやら今がちょうどざくろのシーズンのようです。せっかくなのでスーパーで探してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年10月 3日 (日)

バスソルト フロム ジャーマニー

Mandel夏休みにドイツから一時帰国していた友人に頂いたクナイプのバスソルト。お風呂が恋しい時期になったら使おう!と決めていました。そしておととい、ついにその日がやってきました(ちょっと大げさ?)。

パッケージを見てもドイツ語を知らない私にはなんの香りと書いてあるのか分からない。

イラストはピンク色の可憐なお花。

桜?桃?

でも何か実のような種のようなイラストもある・・・。

まずはお風呂に入れてみる。フローラルないい香りで少しクセがある。入ったら分かるかも?って思っていたけど、残念ながら香りの検討がつかない。

とっても気になる!

ので、翻訳サイトで調べてみたら、どうやらmandelはアーモンドらしい。だけど、blütenは「放出してください」って出てくる。う〜ん。アーモンドはバラ科サクラ属。アーモンドはバラ科サクラ属なので、イラストの花が桜に似てるのは納得。 「アーモンド放出して下さい」って・・・?

「桜吹雪」みたいな感じで、アーモンドの花の風・・・みたいな感じかなぁ。

※ドイツ在住の友人から連絡をもらいました!blüte=花で、blütenは花の複数形なんだそうです。「詩的な訳をありがとう。」というメッセージ付きでした♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »