« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月26日 (木)

でっかいハート

100806_174701Lene_in_heart














新宮市の東側は地元の人が大浜と呼ぶ海岸になっています。

大きな石がごろごろしている波の高いビーチで遊泳禁止ですが、釣り人や散歩の人、河口付近にはサーファーもいて、それぞれが思い思いに楽しんでいます。

そんな大浜ででっかいハート型を発見!

誰が作ったんでしょう。

女の子2人組?それともラブラブカップル?とか色々想像して楽しくなりました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月25日 (水)

空が広い

100806_172201100806_173901_0002













新実家(?)のすぐ側に熊野川沿いの遊歩道があり、河口〜熊野灘(太平洋)へと続いています。

その昔筏を組んで運んでいた材木が到着していた名残で、河口近くには今も材木がたくさん積まれている場所があります。

振り返ると熊野の山々に落ちる夕日。(新宮では夕日に向かって「バカヤロー!」は山に言うことになります。必然的に日の出は海から。)

空が広い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月24日 (火)

LOVE♡山椒

100805_203901100805_204001













ちりめん山椒を食べる時にいつも「山椒の実がもっとたくさん入ってると嬉しいのにな〜」と思っていたら、新宮の業務スーパー「よってって」で、山椒オンリーの佃煮発見!

即購入。

和歌山県有田市の「かんじゃ山椒園」 の実山椒佃煮、1瓶¥530也。

ごはんにぽろぽろとかけて食べると、口の中が清涼感でいっぱい♪でもかけすぎると、しばらく口の中がスースーというかサーサーして大変なことになります。

ちなみに山椒の薬効は、健胃、消炎、利尿、発汗、駆虫として胃腸を刺激して、代謝機能を亢進し胃下垂、胃拡張、胃腸の冷痛などに用いられるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月23日 (月)

パンダ列車

100725_204702100725_204802













先週和歌山県新宮市の実家から東京に戻りましたが、引き続き新宮レポート2010をお送りしたいと思います!

東京から新宮へのアクセスには何パターンかあり、羽田から南紀白浜へ空路を使い、白浜空港から熊野古道特急バス、JR白浜駅までタクシーまたは路線バスで行き特急で新宮まで、または新幹線で名古屋で特急南紀号に乗り換え新宮まで、時間はかかるけど高速バスで池袋から新宮まで夜間に移動・・・などがメジャーかと思います。

今回の帰省は大阪で入院中の祖母を見舞うため、新幹線を使い大阪経由で特急くろしお号で新宮へというパターンとなりました。

特急くろしお号は振り子電車でけっこう揺れるのでなるべく乗りたくない(酔うのが心配)・・・のが本音ですが、これしかないのだから仕方がない。普段あんまり乗り物酔いをしないのですが、体調がイマイチだと不安。心配しつつ乗りましたが、母と一緒でおしゃべりも楽しく、乗り物に弱い次男は酔い止め薬のおかげかずっと爆睡でセーフでした。

そのくろしお号の座席テーブルにこんなラブリーなパンダのイラストが♪よく見ると「同じパンダを見つけてね」と小さい子が喜ぶようなクイズになっています。さらにこの列車には記念撮影用パンダシートも設置されていてなかなかの人気のようです。

白浜のアドベンチャーワールドではこの夏また双子のパンダが生まれたそうで、パンダブームは今後も続いていきそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月12日 (木)

工場跡地と工場と。

100806_154601100806_155001_0001













引っ越した実家の近所を探検!

写真は王子製紙の工場跡とあちら岸(三重県)の紀州製紙の工場(稼働中)。

空が広くていい気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月 5日 (木)

竪穴式住居のある神社

100804_104801100804_110101













和歌山県新宮市の実家の新居近くにある阿須賀神社の境内には復元された竪穴式住居があります。歴史民俗資料館も併設されていて、係の方に頼むと住居の中を見学させてもらえます。

この辺りは弥生時代から祭祀の行なわれていた場所だそうです。小学生の頃はこの境内で土器探しをしたこともあります。懐かしいです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »