« 環境カオリスタ | トップページ | 松ぼっくり »

2010年5月 8日 (土)

ハルジオン・ヒメジョオン

Hana漢字で書くと春紫菀・姫女菀。

この時期道ばたのあっちこっちで見かけます。

そして毎年思うのが「ハルジオンとヒメジョオンの見分け方って何だっけ?」ってこと。

ハルジオンは「ヒメジョオンよりも背は低く、花は大きくて少なく、根本に茎を抱くように付く葉があり、蕾は下を向いて項垂れているような特徴がある」そうなので、写真の花はハルジオンということかな。

ハルジオンの茎には真ん中に空洞があって、ヒメジョオンの茎には空洞がないというのでも区別がつくそうだけど、『一部の地域では「貧乏草」と呼ばれ、「折ったり、摘んだりすると貧乏になってしまう」と言われている(Wikipediaより)』ということなので、折らない方が良さそうです・・・。


|
|

« 環境カオリスタ | トップページ | 松ぼっくり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57634/34584977

この記事へのトラックバック一覧です: ハルジオン・ヒメジョオン:

« 環境カオリスタ | トップページ | 松ぼっくり »