« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月25日 (木)

卒業式

今日は長男の小学校で卒業式でした。

卒業証書授与では一人一人の宣言がありました。うちの息子は「小さい頃から続けてきたピアノをこれからもあきらめずにやっていきたいです。中学で新しく始まる教科もがんばります。」でした。

みんなそれぞれ明るい未来に向って希望に満ちた宣言でした。

赤ちゃんの頃から知っているこどもたちもたくさんいて、どの子を見ても大きくなったな〜とすっかり親戚のおばちゃん気分になりました。

あいにくの寒い雨でしたが、あたたかな雰囲気に包まれたいい式でした。

次は4月の入学式と、次男の入園式が楽しみです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月12日 (金)

春告げ昆布

Konbu_2私のお気に入り宅配生協パルシステムで届いた「三陸産春告げ昆布」。

名前がいいですね。 味も食感もすっごく良かったです。 おいしかった〜♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月11日 (木)

卒業を祝う会

今日は長男(小6)の小学校で「卒業を祝う会」というのをやりました。

主催は卒業対策委員&クラス委員。

2学期初めの保護者会で決まった卒業対策委員とクラス委員のみんなでで何度も打ち合わせをして、とうとう今日を迎えました。

前半はクラス委員がメインで、仮装した校長(カルメンに乗って登場の謎のオネエキャラで、パワーポイントまで作成・使用、昨日はワクワクして眠れなかったそうで、午前中のPTA定例会でもハイテンションだったそう)、違う学校に転勤されたかつての担任の先生がゲスト出演、タイヤリレー、なわとびリレー(担任の先生方はピンク・ブルー・オレンジのアフロヅラ強制着用でアンカー)、こどもたちが「6年生を送る会」で披露した合奏「キエフの大門」演奏、お茶タイム。

後半は私を含む卒業対策委員メインで、こどもたちの赤ちゃん〜幼児期の写真と現在の写真と校長・副校長・担任の先生方の若かりし頃の写真と現在の写真で作ったスライドショー(もちろん先生方の写真で大盛り上がり!)。

その後はご招待したけれど都合で欠席されたかつての担任の先生方からのメッセージを読み上げ、いらっしゃる先生方から一言をいただき、可愛いピンクのチューリップを贈呈。各担任にはクラス委員作成のこどもたちのメッセージカード入りファイル(すてきな手作りカバー付)をプレゼント。そしてこどもたちが2列に分かれて先生方退場。

終始大盛り上がりで大成功となりました。

こどもたちはクラス対抗タイヤ&なわとびリレーでは大声で応援し、勝っても負けても万歳して喜び、スライドショーでも1枚1枚の写真に大盛り上がり。その直後の合奏ではきちっと引き締まった演奏で最後の1音まで気を抜かず、指揮に合わせてピタッと音がやんだ時にはちょっと鳥肌が立ちそうなぐらいでした。

みんなの力で学校・こどもたち・保護者が一つになった「卒業を祝う会」となりました。

卒業対策委員としてはこれで1つ大仕事を終えて、次は卒業式後の謝恩会。来週はまた謝恩会の打ち合わせです。最後まで楽しい思い出になるようにしたいと思っています。


| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年3月10日 (水)

まるごとりんごパイ

Applepie昨日ご近所の奥さんにいただいた月島の「タン プル タン」というお店のアップルパイ。

なんとりんごが丸ごと1個入ってました!つやつやのパイはサクッ&しっとり。シナモンは控えめ。りんごのおいしさにビックリ♪

以前にりんごをおすそわけした時のお礼とのことでしたが、こんな形で返ってくるなんて嬉しすぎます!

アップルパイってバリエーション豊富なんですね〜。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月 8日 (月)

ベランダで焼き鳥

Yakitori_2お庭でBBQならかっこ良いのですが、わが家は小さなマンション住まい。ベランダで焼き鳥がせいぜいです。

夕方早くから炭を熾し、スーパーであれこれ買ってきて串をうち、極寒の中コップ酒片手に黙々と焼き鳥を焼くダンナ。

「オレ、趣味がないからボサノヴァをギターで弾けるように練習しようかなぁ」なんて言ってましたが、「趣味・焼き鳥」でいいんではないでしょうか。

本当に嬉しそ〜に楽しそ〜に火を見つめながら焼いてる姿を見てそう思いました。

めっちゃおいしかったし♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月 7日 (日)

巨大バームクーヘン

100305_201901名古屋の義父母が「いちばん大きいのを買ってきたからね〜」と言って手渡してくれたねんりん家のバームクーヘン

ばかでかい箱を開けてみたら、高さ約21センチ、直径は真ん中に穴が開いてるから正確には分からないけどとにかくでかい!(そして値段もスゴい)

デコボコのあるバームクーヘンで凸が5つあるから「5山」というサイズらしい。

粉糖がかかった周りはさくさくで中の生地はしっとり。甘さ控えめなので、大きくてもたくさん食べられます。(こんなに食べちゃいけないと思いつつ)

パンフレットには「マウントバーム しっかり芽 バームクーヘンのフランスパン 皮はカリッ、内は熟成。」と書いてありました。

ちなみにデコボコのないタイプは「ストレートバーム やわらか芽 バームクーヘンのカステラ。ふっくらでジューシー。」だそうです。

いつもおいしい物をありがとうございま〜す!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月 1日 (月)

AEAJアロマフェスタ2010

100228_120901100228_142701














昨日は(社)日本アロマ環境協会主催 第12回会員のつどい「アロマフェスタ2010」に参加しました。

セミナー参加者に配られた帝国ホテルのランチボックスは、ラップサンドやキッシュやケーキなどが入っていて、ボリュームたっぷり。

セール会場内の協会ブースでは、ラベンダー精油を水蒸気蒸留で採油するデモンストレーションをやっていました。

******

神奈川県南足柄市の「緑蔭診療所」で医師をやっていらっしゃる橋口玲子さんのセミナーでは、薬と食物の間に位置するハーブを生活に取り入れ、セルフケア&セルフキュア(軽い不調や病気の手当)をしましょうというお話でした。

日常的には薄めで少量のハーブティーを長期的に飲む、とくに薬効を期待する時には濃いめを1日5〜6杯。いれたてのハーブティーの蒸気を嗅ぎながら(アロマテラピー効果)、すぐに飲み込むのではなくいったん口に含んで口内にもハーブティーを行き渡らせるなど、効果的な飲み方を教わりました。

ハーブティーでのセルフケアの併用が特に役立つ不調や病気として、メンタル、胃腸、月経や更年期関連、自律神経失調、慢性的なこりや痛み、高血圧や糖尿病などの長期的な病気や不調などがあげられていました。

*****

休憩を挟んで、手作り石けんやボディケア用品の著書を多くもつ前田京子さんのセミナーでは、シンプルスキンケアに必須な「水」と「オイル」と「花(精油)」について講演がありました。

前田さんが手作りボディケア用品に出会ったきっかけは、義父母からプレゼントされた北欧の伝統的なお料理レシピ集に載っていた石けんのレシピと、ガラス瓶専門のアンティークショップで出会ったハワイの薬局で使われていた処方箋集だったそう。どこに運命の出会いがあるか分からないものです。

アロマテラピーで、精油の次に大事な役割を果たすキャリアオイル(植物油)と肌の関係についての詳しいお話が聞けてとってもタメになりました。


お2人の講演内容はそれぞれ実用的なものが多く、すぐにでも日々の生活に取り入れることが出来るというのもとても魅力でしたが、診療所の名前「緑蔭」は、「緑の木陰でもあり、緑のおかげでもある」とおっしゃる橋口さんの冷静でありつつあたたかみを感じさせるお人柄や、「台所で遊ぶのが好き」「突き詰めて楽しんでいこう」とおっしゃる前田さんのツヤツヤぴかぴかのお肌と笑顔が印象に残ったアロマフェスタでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »