« ざわわ | トップページ | 下町散歩♪ »

2010年1月27日 (水)

「No Man's Land」

100117_161101 100117_141301













先々週の日曜日、旧フランス大使館で行われているイベント「No Man’s Land 創造と破壊@フランス大使館 - 最初で最後の一般公開」に行ってきました。

旧フランス大使館の庭や建物全体を使った現代アートのてんこ盛り。

赤いロープで縛られた木の横には、カラフルなマリオの世界、階段に光る「鼻血」のネオンサイン、めくられた土、地面に突き刺さる銀色の紙飛行機、外したドアを天板にしたテーブルのあるカフェ・・・。数えきれない大量の作品。

美大の学祭のようにごちゃごちゃ雑多で楽しい感覚。そうそう!アートってワクワクしたり、びっくりしたり、美しいと思ったりいろんな気持ちになれるんだった♪と、あらためてその良さを実感しました。

意外だったのは建物の質素さ。無駄のない潔さ。豪華絢爛なのを想像していたので、その役所然としたたたずまいに驚きましたが、このシンプルさが数々の作品たちを引き立てていて、個性の強いもの同士が部屋に、廊下に、階段に、とあらゆる場所に隙間無く展示されているのに違和感なく溶け込んでいられるのかも・・・と思いました。

小難しい理屈やへ理屈なんて関係ない!無心で楽しめます。「アート」なんて言葉を知らない小さなこどもたちもすごく楽しんでたもの。作ってる人たちもきっとすごく楽しく作業してたんじゃないかなぁ。

このワクワクは今月末までの期間限定。もったいないけど、だからこそのエネルギーかな。この敷地内にギュギュギューーッと詰まったアイデア、情熱、気迫が感じられました。

|
|

« ざわわ | トップページ | 下町散歩♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57634/33145337

この記事へのトラックバック一覧です: 「No Man's Land」:

« ざわわ | トップページ | 下町散歩♪ »