« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月30日 (水)

あと1日

今年は1月から念願だったファン助産院でのアロマクラスを始めることができ、本当に嬉しい1年でした。数は多くないものの出産直後の産婦さんや、陣痛中の妊婦さんへのアロマテラピー・トリートメントの施術させていただいたのもとても嬉しかったです。

アロマテラピー・インストラクターとしては、都内のあちらこちらで講習会で講師としてたくさんの方とお会いできたのもすごく楽しかったです。

来年中学にあがる子と幼稚園にあがる子どもがいる私はこの1年は「お母さん」として過ごした時間が一番長かったですが、家族の協力と、すぎなみ子育て応援券を使って自宅保育をお願いした頼もしきひまわりママさんたちのおかげで、仕事やスキルアップのための勉強会などに安心して出かけることができました。

来年の4月以降はアロマセラピストとしてもっともっと充実した時間を過ごして行きたいと考えています。

なにはともあれまずは健康第一。すこやかな体と心があっての毎日です。と言いつつ、ここにきて夕べからひどい腰痛で、大掃除や正月料理の準備どころか家事もほとんどさぼってます・・・。今日はダンナ特製カレー♪部屋にいい〜香りが漂ってます。

来年も良い年でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月24日 (木)

メリークリスマス☆

091218_173302いよいよ今年も残り1週間。

小6の長男はサンタさんからのプレゼントが今年で最後。次男は3回目のクリスマス。

寒くなった時から「サンタさんが見てるよ〜」、いいことすると「あ、サンタさんが○ってしてるね」、悪いことすると「サンタさんが×ってやってるよ〜」って言いすぎたようで、「サンタさんキモイ〜。おもちゃいらない」と言い出しました。

そう言われても来るんですけどね。

アロマテラピー的にはイエス誕生の際に東方の三博士が献上した「乳香(フランキンセンス):老化肌の改善に効果的」か「ミルラ(没薬):ひびわれなどの改善に効果的」の香りが思い浮かびます。

写真は久我山ピーコックのイルミネーション。この大きなブルーのオーナメント、実は提灯なんです。面白いアイデア!

さてさて、みなさんもステキなあったかいクリスマスになりますように♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月16日 (水)

カウントダウン

091204_194202091206_180301














慌ただしく過ごしていたらいつの間にかもう12月も半分が過ぎてしまいました。ビックリ。

写真は久我山駅前のリボン型イルミネーションと三鷹駅前のシンプルなイルミネーションです。

クリスマスイブまであと8日。お正月まであと2週間かぁ。今年はどういうわけか年末の実感がまだ湧いてきません。

それにしても今日は寒い一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月15日 (火)

アロマキャンドル講習会

昨日は昭島でアロマミツロウキャンドル講習会でした。

材料は未精製のミツロウとマカデミアナッツオイルとローズウッド精油で、ちょっと厚めのキャンドルグラスに入ったひよこ色のキャンドルが出来上がりました。

事前に試作品を作って計量しきっちり材料を準備したのに、溶かしたミツロウをそれぞれのキャンドルグラスに注ぐ段階になって、なぜか足りない!?というアクシデントが発生。容器にへばりついたのを電子レンジで溶かしたり、持参していた見本のキャンドルを急遽溶かしたりしてなんとかしのぎました。すごく焦りましたが、あとでマカデミアナッツオイルが予定よりもずいぶん多く残っていることが判明し、足りなくなった理由が分かりホッと一安心。

このアロマキャンドル、材料はこのままでミツロウの量を減らしてマカデミアナッツオイルの量を増やせばミツロウバーム(軟膏)になって、この時期乾燥がひどくなるひじ・ひざ・かかとのケアの強い味方に、フローラルウォーターをちょこっと加えてよ〜く混ぜればミツロウクリームになってハンド&フット&フェイスケア、精油を入れないでシンプルにミツロウリップクリーム、精油の量を増やしたりブレンドしたりして練り香に・・・と湯煎で溶かして混ぜるというシンプルな作り方はそのままでいろんなアレンジが可能なんです。

保湿・柔軟・抗炎症作用のあるミツロウに、「消えてなくなるオイル」というニックネームを持つぐらい肌への浸透性の良いマカデミアナッツオイル、皮脂のバランスを整えて老化を防ぐローズウッド精油の組み合せ、キャンドルだけではもったいないかもしれません。

実習後、手についたミツロウキャンドルを手にぬりぬりして「肌に良さそうです〜♪」とニコニコしていた参加者さんの笑顔がすごくステキで、こういう一瞬がインストラクター冥利につきるなぁなんて嬉しく思いました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月 3日 (木)

寒椿

Tubaki2公園で見た寒椿。

地面には花びらが落ちていて(椿は花がそのままぽとりと落ちる)、札には「カンツバキ」と書いてあるけど、山茶花じゃないのかなぁ?と思っていたら、やはり名前に「椿」とつくものの、種は山茶花なんだそうです。

花の少ない時期なので、山茶花や椿の可愛い花よりいっそう目立ちます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月 1日 (火)

ミルキークイーン

Genmai仲良しのお米屋さんおすすめの玄米「ミルキークイーン」を白米に1〜2割程度混ぜて炊いています。

もちもちで甘さアップで、冷めてもおいしいので気に入ってます。

お米屋さんでくれる紙袋がすごくしっかりしてて、「次に来る時はまた持ってきてね。袋代を引けるからね。」と言ってくれるのですが、いつも持ってくのを忘れてしまうので、先日はタッパー持参で行きました。フタに「ミルキークイーン」のシール。なんか面白くて、このタッパーはミルキークイーン専用に決定!

ミルキークイーンのおいしさの秘密とお米っぽくない横文字の名前が気になりネットで調べたら・・・。

「コシヒカリの突然変異で生まれた低アミロース米。もち米のように粘りが強く、冷えても硬くなりにくいという特徴があり、一般米に混ぜるとごはんに粘りが出ておいしくなります。冷えても硬くなりにくい性質があるため、お弁当やおにぎりなどに向いています。 玄米が半透明なのでお米の表面が乳白色に見えることから名付けられました。」

なるほど。このちょっとファンシー(?)な名前の由来が分かりました。

しかもこのミルキークィーン、農林水産省が新しい成分・形質を持つ「新形質米」の研究開発を推進した、「スーパーライス計画(!)」によって開発された新しい品種なんですって。

この計画の名前もスゴいですね〜。

ネーミングって面白い。ってことが言いたかったんじゃなくて、ミルキークイーンのおいしさを伝えたかったのでした。 お試しあれ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »