« アロマスプレー | トップページ | 永福町でアロマテラピー講習会 »

2009年7月15日 (水)

精油のテイスティング

090715_112701_0001明日は永福町で虫よけスプレー&ハンガリアンウォーター(別名:若返りの水!)を作るアロマテラピー講習会をやります。参加予定人数が25名と多く使う基材の種類も多いので、明日は7種類の精油のテイスティングを予定しています。(通常は10種類)

ハーブショップなどで精油の香りを試すときは原液のままビンのふたを開けてかぐことが多いのですが、香りが強すぎたり、時間の経過とともに変化する香りを確かめることが出来ないので、私は講習会で植物油に10〜20%程度に精油を希釈したものを準備します。

ムエット(試香紙)にこの希釈したオイルをつけてみなさんにお配りすると、好きな香りに出会ったときの表情が本当に素晴らしくて、見ている私まですごく楽しくなってきます。あまり好きじゃないなぁと思っていそうなお顔もなかなか見応えがあります(笑)。

大昔、今よりももっともっと嗅覚に頼って暮らしていた頃、香り(におい)は生死を分ける重要な手段だったので、「好き(安全)・嫌い(危険)」など瞬時に判断するように体が出来ているそうなのです。ライオンが近づいてきた時、「う〜んと、このにおいは獣のにおい・・・」なんて悠長に考えているとパクッと食べられて一巻の終わり、だったから。

精油に関してはゆっくり香りを味わっていてもパクッと食べられるようなことはないですが、体調やその時の気分によって心地よく感じる香りが変わったり、同じ精油でもブランドや採れる場所や年によって香りが微妙に違っていたり、単独だとあまり好きじゃなくてもブレンドするとすごく印象が変わったりするので、「この精油はキライ!」って決めてしまうのはとってももったいないと思うのです。

という訳で、今日もせっせと小ビンに植物油を移し替え、慎重に精油を垂らしてテイスティング用のオイルを作っておりました。明日もまたどんなステキな表情にお会いできるかとっても楽しみです。

|
|

« アロマスプレー | トップページ | 永福町でアロマテラピー講習会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57634/30554530

この記事へのトラックバック一覧です: 精油のテイスティング:

« アロマスプレー | トップページ | 永福町でアロマテラピー講習会 »