« 百合 | トップページ | 無水エタノール »

2009年7月 7日 (火)

霧の浮舟

Choko懐かしいチョコレートを見つけました。ロッテの「霧の浮舟」です。復刻版だそうです。

元祖エアインチョコって言っていいと思うのですが、こどもの頃に初めてこのチョコを食べた時、まろやかでゆっくりとした口溶けの良さにすごく驚きました。他の板チョコとはちょっと違って特別な感じがしたものです。久しぶりに食べてみたら空気の細かな層がバランス良くて、エアインチョコにありがちなパサついた感じがまったくなく、あぁこれはやはり絶妙なレシピ(?)或いは製法で作られているのだろうなぁと感じました。ネーミングも独特の情緒を醸し出していて、150円ぐらいのチョコでこれはすごい事だと思うのです。(大げさかな?)

同じ頃、「マリブのさざなみ」というチョコもあって、こちらは1つずつが小さくて薄いプレッツェルのような形をしていて、やはりとろける美味さ&甘さで別格な感じがしたのを覚えています。

チョコレート好きの思い出話でした・・・。

|
|

« 百合 | トップページ | 無水エタノール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57634/30450803

この記事へのトラックバック一覧です: 霧の浮舟:

« 百合 | トップページ | 無水エタノール »