« 都庁の広場 | トップページ | 「男はだまって〜」の »

2009年1月 9日 (金)

タオルワーク

5日に今年1回目のアロマテラピーマタニティトリートメントの授業で嬉しい一言をもらいました。

授業では生徒同士が交代でセラピスト役と妊婦さん役をやるのですが、私がトリートメントで組んだ方が「タオルワークが丁寧ですごく大切に扱ってもらってると感じた」と言ってくれたのです。

脱衣して無防備な状態で受けるトリートメントですから、保温という意味でも安心感という意味でも体を覆うタオルやバスタオルがとても重要になってきます。

体を覆っている部分をめくる時も逆にかける時もそう〜っと丁寧に、トリートメントで触れる部分以外はなるべく露出しないよう随時こまめにチェックしながら必要に応じて折ったりずらしたりするように心がけています。(と言いつつも手技に気をとられておろそかになりそうな時も・・・)

アロマテラピーのトリートメントではタオルワークは手技と同じぐらい大切かもしれません。

優しく触れられることと大切に扱われることで、自分自身の存在を肯定する気持ちになれるのがアロマテラピートリートメントの良さだと思っています。

|
|

« 都庁の広場 | トップページ | 「男はだまって〜」の »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57634/26962490

この記事へのトラックバック一覧です: タオルワーク:

« 都庁の広場 | トップページ | 「男はだまって〜」の »