« 親切がいっぱい | トップページ | 新高円寺〜浜田山 »

2008年10月15日 (水)

国立科学博物館

081012_160203081012_161601










日曜日、国立科学博物館へ行きました。東京に長く住んでるけど今回が初めて。

朝10時頃に入館して閉館の5時までいたけど、すべての展示を見ることができないぐらい展示物の量と種類が多くて、博物館の名前にふさわしく何でもありのてんこもり。

この博物館を隅から隅まで見れば絶対にどんな人でもひとつやふたつは気に入る展示物が見つかるに違いない。

特別展の「菌類のふしぎ」は会場のあちこちに『もやしもん』のキャラクターがいて楽しかったし、樹脂で固めた珍しいきのこ標本なんかもあって見応えあり。

地球館では地下3階にあった「霧箱」がすっごく気に入って欲しくなってしまいました。霧を発生させた箱に宇宙線が入ると気体分子のイオン化が起こり、飛跡が観測できるというもので、上部が透明の黒い箱の中に宇宙から飛んできたガンマ線などが飛び込むと白く透明な小さな点々になって目で見えるというロマンティックな装置。何の音もなくひたすらいろんな形の点々が箱のあちこちで不規則に現われては消えていくだけなんだけど、ず〜っと見ててもまったく飽きないしなぜかすごく心が癒される。不思議。

屋上のハーブガーデンも小さいながらけっこう充実していて、あっちこっちでちょびっとずつ葉っぱをもみもみして香りを楽しみました。

ほかにも大きな恐竜の骨格標本や魚の群れの化石など心惹かれる展示がいっぱい。

日本館は昭和初期の建築が魅力的で、天井、床、窓、階段など洋館好きにはとっても魅力的。

駅に向かう前に広場のテーブルで飲んだビールがとってもおいしくて、秋の夕暮れのひんやりした空気が気持ちよくっていい感じ。季節と天気と時間帯と一緒にいる人との関係という条件が揃ってこのうえなく居心地のいい空間でリラックス。

文化の秋を満喫することができました。

|
|

« 親切がいっぱい | トップページ | 新高円寺〜浜田山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57634/24507635

この記事へのトラックバック一覧です: 国立科学博物館:

« 親切がいっぱい | トップページ | 新高円寺〜浜田山 »