« 不思議に思ったこと | トップページ | 竜涎香 »

2008年9月15日 (月)

和のお香

Kouro夏休みに寄った京都の香老舗松栄堂さんで買った「ひいな香炉」です。金網にのっているのは「印香」で、粉末にした香料をかわいらしい形に押し固めた小さなお香です。灰を使わないタイプの香炉なので取り扱いが簡単です。

小さな炭に火をつけて香炉にセットしてしばらくするとほんのり優しく香りが立ちのぼってきます。控えめにふわっと漂うその香りはとてもまろやかでふくよかで奥行きがあります。

アロマテラピーでは「芳香浴」と言いますが、和の香では「空薫き(そらだき)」と言うそうです。

アロマテラピーでおなじみのフランキンセンス(乳香)やサンダルウッド(白檀)、ベンゾイン(安息香)、クローブ(丁字)、シナモン(桂皮)などもお香の原料の一部として使われます。

|
|

« 不思議に思ったこと | トップページ | 竜涎香 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57634/23690867

この記事へのトラックバック一覧です: 和のお香:

« 不思議に思ったこと | トップページ | 竜涎香 »