« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

新宮市一望

1神倉山の険しい石段を登りきると新宮市(旧市街)と太平洋が一望できます。

新宮の町が山と海に挟まれた場所にあるのがよく分かります。

どこか遠くからここに来た人が「頂上でお弁当を食べようと思ってたけど、神聖な雰囲気を壊しそうで食べられませんでした」って言っているのが聞こえてきて、「え〜〜!!そんな風に感じる人もいるのかぁ」と驚いていたら、話しかけられた年配の女性(地元の人)が「気にせず食べてくれば良かったのに」と答えていて、「そうだよそうだよ。もったいない〜!!」って思ったことがありました。

神倉山にはぜひともお弁当持参で登られることをおすすめします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年8月30日 (土)

神倉山

Kamikura世界遺産になって少し知名度のあがった和歌山県新宮市。熊野速玉大社や熊野古道ももちろんスバラシイのですが、新宮市に来られる人にぜひともおすすめしたいのは通称「神倉山」。毎年2月6日に行われる「お灯まつり」が有名なとても険しい石段のある神社です。

見あげるだけで目眩がしてくるような石段を一歩一歩上がって行き、やっと視界がひらけたと思ったらそこはまだ「中の地蔵」と呼ばれる中腹。一休みして気合いを入れ直し少しゆるやかになった石段を上りきると新宮市と太平洋が一望出来るステキな場所に出られるのです。

石段の脇は杉並木。緑のせまる石段はそれだけで何か特別な力を感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年8月28日 (木)

服と写真と裁縫道具

Kyoudai「祖父母の家」完結編。

大量の衣装(洋服・和服)とあちらこちらに分けた小さなお菓子の箱や缶に入った裁縫道具やハギレ、そして膨大な量の写真がこの家にあった祖母の遺品のほとんどだった。

こどもを7人産んで、北海道から九州まで夫婦で旅に出かけ、祖父が亡くなってからは娘や息子の家に遊びに行き、93才まで生きた祖母らしい持ち物だと思った。

曾祖父毋が傘を作って売っていた頃の専用の道具や生活用具やセピア色の写真が出てくるたびに父が昔話をしてくれて、今まで知らなかったことがたくさん知れた。考えてみれば父と2人でこんな風にゆっくりいろんな話をしたのは初めてかもしれない。

祖父は弓道をやっていた無口な人で、プロレス中継が好きで筋肉質な肩を出して薪割りをやっていたのがとても印象に残っている。祖母はよく笑う人だったのに、なぜか写真ではあまり笑った顔がないのがすごくフシギだった。

自分でもちょっと意外なくらいに淡々とした気分で片付けていたら、お菓子の箱の中から出てきた紙袋に「このふくろ弓子からの手紙入れ」と書かれているのを見つけて、上京してから私が出した手紙を大切にとってくれてあったのが分かって不意打ちをくらって涙が出た。

誰かからもらったハガキの余白に鉛筆で「弓子さんおめでとう」「淳子さん(私の妹)おめでとう」と書いたものもあって、祖母がなんでそれを書いたのか分からないけどすごく嬉しかった。

今まで「死んだら終わり」って考えてたけど、死んで何十年経っても持ち物がその人となりを伝えてくれたり、受けとる人がいれば思い出もどんどん引き継がれていくというふうに感じた。

次に帰省する時にはもうこの家はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年8月26日 (火)

とんぼ

Ieお盆の中日。

祖父母の家の遺品やらなんやらを片付けるために出かけ、仕事の前の一服と庭先に敷いたレジャーシートに父、私、息子たちで車座になってお茶を飲んでいました。

そこへどこからかとんぼが飛んできてみんなが輪になって座っている膝の間でしばらくホバリング。父と長男の膝の間を行ったり来たりしていました。あまりにも人懐っこいとんぼの様子に、父と私がほぼ同時に「おばあちゃんじゃない?」と言うと高く飛んでいったん家の中に入り、すぐにまたどこかに飛んでいってしまいました。

この日は片付けをしようと家の中に入ると前日とは違ってなんだか気配を感じるし、祖母の部屋に入ろうとすると何度も窓がカタカタと鳴るので、祖母の部屋に入るのをやめることにしました。どうやら父も同じように感じていたらしく、「確かに風は吹いてたけどなぜかあの部屋の窓だけなるんだよな〜」と言っていました。

7月末にも妹と一緒にその部屋に入った時に、押し入れの戸に画鋲で留めていた写真をはがそうとしたけどなぜかどうしても画鋲が取れなかったので、祖母が「はがしてくれるな」と言っているような気がしたのを思い出しました。

前日の13日にはそんな気配はまったくなくて、片付けもすいすいとすすんだのですが、この日は亡くなった人の気持ちを優先することにして、台所や他の部屋を片付けました。

翌日は出かける前に仏壇に手を合わせて「今日は出てこないでね」とお願いしてから出かけ、ちょっとだけ構えて家の中に入ったけどなにも気配はなく、とんぼも来なかったし窓も鳴ることはありませんでした。

ちょっと不思議なお盆の話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年8月25日 (月)

トトロに出てくる家

「トトロに出てくる家みた〜い!!」というのが長男の第一声。どこのことかと言うと私の祖父母の住んでいた家。

築60年ほどの平屋の民家。勝手口は普通のドアだけど、正面入口は木の雨戸をガタガタと開け、ガラスの引き戸を開けて、三和土から高さ50センチぐらいの畳座へあがるような作り。

中の部屋は仕切りの木やガラスの入った引き戸を開け放すと全部つながるオープンさ。

祖父が亡くなったのが私が中学生の頃で、祖母が寂しかろうとみんなでこの家に移り、私は高校卒業までこの家で暮らしてたけどあまりにも古くさい家で当時はかなり恥ずかしいと思ってた。一人だけ「こんな家に住みたい」と言ってくれた友達がいたのが嬉しかった。

遠くに住んでいた叔父がこの家に住むようになったのを機に私の家族はもとの家で暮らし始め、祖母と叔父が亡くなってからは空き家になっていた。

勝手口から入った父がガタガタと雨戸を開けると、中には昭和の家具や道具があって、長男はタイムスリップしたかのように感じたかもしれない。

それにしても自分が住んでた家がトトロの家かぁと思うとなんかおかしいし、時代がものすごく流れていったんだなぁと不思議な感じもしたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年8月24日 (日)

コカコーラ

1名古屋から新宮に向かう「特急南紀」の自販機で買ったコカコーラ。

最近あんまり見かけない250mlサイズです。

懐かしさのせいかいつもよりおいしく感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年8月23日 (土)

温泉で長寿祝い

今年の7月に母が還暦を迎え、父が12月に古希を迎えます。10才違いの父と母。お祝いがいっぺんにやってきました。

夏休みの帰省にあわせて予約をした宇久井の国民休暇村。太平洋をのぞむ崖の上にある露天風呂が素晴らしい宿です。お部屋からも海が見えて和室もひろびろ。お料理は漁師の町「勝浦」に近いこともあり、新鮮なマグロたっぷり、鯨もあり、海老もびっくりするほどぷりっぷり。地ビールもおいしくて大満足。

昨年ここに日帰り入浴で訪れて露天風呂を気に入ったダンナが「来年はみんなでここに泊まろう!」と決めてくれたおかげで実現した旅行でした。東京で働いてる私の妹もなんとかお休みがとれて全員集合。全員揃ってお祝いが出来て本当に良かった。健康こそが宝だなぁと実感したのでした。

朝早く露天風呂に行ってみれば目の前には大きな朝日。なんとも神々しくてありがたく思わず拝んでしまうけど、あまりにも眩しくて海が見られない。

お風呂で知り合ったおばあさんは90才近いけどとても元気で4世代で徳島から来られたそう。スバラシイ!!おばあさんよりも一足お先に脱衣所に出てみたらおばあさんを心配した娘さん(お嫁さんかも)と幼稚園ぐらいのひ孫くんがガラス越しに様子を伺っていました。「おばあちゃん、シャワーの使い方が分からないかもしれない」と言ってズボンのすそをたくしあげ、浴場に入っていった娘さんがす「大丈夫だから部屋に戻っててだってさ!」と言ってすぐに戻ってきました。この家族の仲の良さをちょっと見させていただいて幸せな気分。早起きするといいことあります。

遠く離れて暮らしていてそれぞれが仕事をしている私たちにとっては今回の旅行の実現はかなり奇跡的でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年8月21日 (木)

夏休み終了!

7月23日に東京を出てから約1ヶ月。

名古屋、新宮、大阪とまわって最後に京都でおいしいものを買い込み手荷物をいっぱいにして夕べ東京に戻りました。

ここに書きたい事がたくさんあります。ちょっとずつ報告していくつもりです。

でもその前に大量の荷物を片付けなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年8月 6日 (水)

本州の南国

私の育ったふるさと和歌山県新宮市。熊野古道が世界遺産に登録されてから少し知名度もあがったようですが、東京から出かけるには新幹線を名古屋で乗り換えて特急南紀号で3時間強。もしくは飛行機で羽田から白浜に着き、そこからまた特急かバスで1時間半〜2時間ほどかかるので「陸の孤島」とも呼ばれます。

運転免許のない私はもっぱら自転車か徒歩で市内をうろうろ。街のあちこちでハイビスカスやブーゲンビリアが咲いていて、今年は真っ赤なデイゴもよく見かけます。本州にありながら南国気分が味わえる新宮市。よかったら一度足を運んでみて下さい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年8月 4日 (月)

夏休み

先月の23日から夏休みで実家に帰省しています。

インターネット接続が出来ないのでブログがほったらかしになってしまいました。

今日は市役所内のFREESPOTにて書き込み中。

新宮市はいいお天気続きでめちゃめちゃ暑いですが夏休みを満喫中です。

お盆過ぎに東京に帰ったらまた更新しま〜す!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »