« 冷蔵庫内のお掃除 | トップページ | 家中スッキリ!! »

2008年5月21日 (水)

練り香サンプル作り

来週のアロマ講習会のため練香のサンプル試作。

ミツロウとホホバオイルを湯煎で熱してミツロウが溶けたらクリーム容器に移します。少し冷めてきたら精油を入れてよく混ぜて出来上がり。

昨日作ったのはホホバオイル小さじ1にミツロウが2グラム、オレンジスイートが4滴、イランイランが1滴、ネロリが1滴。

試しにつけてみたら香りはすごくいいんだけど、かなり早く香りがとんでしまうので今日は配合を変えて試作。

オレンジスイートを6滴、イランイランを2滴、ネロリを2滴にしてみました。うん。やっぱりこの方が香りが長持ちする。

と言ってもミツロウとホホバオイルに対して精油の割合は1%だから、「香水」といいつつもかなりの低濃度です。

パルファムだとアルコールに対する精油濃度は15〜30%ぐらい、トワレで5〜10%ぐらい、コロンで3〜5%ぐらいが目安です。

また、精油の種類によっても揮発速度がそれぞれ異なるので、何の精油を使うかで香りの持続時間が変化してきます。

ちなみにオレンジスイートはトップノート。ネロリはトップ〜ミドル、イランイランはミドルノートで、今回のレシピではベースノートになる精油がなく、これも香りの持続時間が短くなる要因です。

ベースノートになるサンダルウッドやパチュリ、ベチバーなどが入ると揮発しやすいトップノートの香りを引き止めてくれる働きをします。

個性的な香りも魅力的ですが、講習会ではアロマテラピーほぼ初めて!と言う方も多いので、なるべく多くの方に喜んでいただけるものを・・・と考えてのこのレシピ。気に入ってもらえるといいのですが。

|
|

« 冷蔵庫内のお掃除 | トップページ | 家中スッキリ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57634/21072318

この記事へのトラックバック一覧です: 練り香サンプル作り:

« 冷蔵庫内のお掃除 | トップページ | 家中スッキリ!! »