« verso ROMA con bambini!(7) | トップページ | サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局 »

2008年4月22日 (火)

verso ROMA con bambini!(8)

Dscf0115ローマ滞在3日目。

すごく楽しみにしていたサン・コジマート広場の朝市へ。こじんまりとした小さな広場に行儀よく並んだテントの下には色とりどりの野菜やくだもの。広場のはじにある小さな商店は魚屋さんや肉屋さん。

シチリア産の赤い果肉のオレンジ、完熟いちご、サラダ用にトマトを2種類、水牛のモッツァレラチーズを購入。楽しみにしてた「暮らす」雰囲気を味わえてすごく嬉しい。

いったんB&Bに戻り冷蔵庫に野菜を入れたらいざ出発!トラステヴェレからは8番トラムが便利。カエサルが暗殺されたという遺跡の前にあるトッレ・アルジェンティーナ広場が終点でここから歩いてパンテオンへ。

パンテオンはいっさいの余分もなければ足りないものもない完璧な美しさの建物だと思う。何度見ても空しか見えない天窓をくりかえし見上げてしまう。

本日のランチはパンテオンからすぐ(歩いて1分もかからない)の「Armand Al Pantheon」へ。ここで食べたいのはローマの伝統料理サルティン・ボッカ。「口の中に飛び込む」っていう名前の料理。つまりそれぐらいおいしいってこと。プリモはカルボナーラとアマトリチャーナでこれもローマ名物。セコンドはサルティンボッカとホロホロ鳥の煮込みとビステッカ(ビーフステーキ)。料理がおいしかったので、ワインの値段を確認しないで「vino rosso」「vino bianco」と注文してしまったから、持ってきてくれたのがものすご〜く高いワインだったらどうしよう!?って一瞬思ったけど、それなりの値段だったのでほっと一安心。デザートはパンナコッタとティラミス。食後にはもちろんエスプレッソ。

私たちのテーブルのカメリエーレははじめ無愛想な人だと思ったけど、食事が進むにつれだんだんうちとけてきた。例のスクラップブックを見せるとお店のご主人クラウディオさんがわざわざキッチンからテーブルにご挨拶に来てくれた。 笑顔のすっごくステキな人でこどもたちにも一人一人にちゃんと声をかけてくださる。ホールで忙しく働いていた娘さんとは帰り際に「ありがとう!」と言って握手をした。おなかもいっぱいで、心もあったかくなるいいお店だった。

|
|

« verso ROMA con bambini!(7) | トップページ | サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57634/20446614

この記事へのトラックバック一覧です: verso ROMA con bambini!(8):

« verso ROMA con bambini!(7) | トップページ | サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局 »