« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

大晦日

昨年の今頃は出産予定日を9日後に控えて大きなお腹でテレビを見ながら横になっていました。ダンナと長男は近所の神社へ初詣に。

今年は来月1才になる次男と二人でお留守番。ダンナと長男は同じ神社に初詣。

いろんなことがあった一年。来年も良い年になりますように・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月25日 (火)

10才の一人旅

うちの長男(10才)が生まれて初めての一人旅に出ました。

生後4ヶ月の頃から帰省のたびに飛行機、新幹線、特急電車と何度も乗っているから、要領はわかってるとは思うけどやっぱり心配しました。

行き先は大阪府高槻市に住んでいる私のいとこ夫婦のおうちです。私の妹のような存在のこのいとこがうちの息子は大好きで、11月に会った時に「冬休みになったら一人で新幹線に乗って遊びにおいで!」って言ってもらったので、張り切って実行することになったのです。

実際に一人きりになるのは往復の新幹線の中だけでしたが、それでも何かあったら全部自分で考えて行動しなければいけないので、10才の子にはとてもスリリングな体験になるかと思いきや、行きの新幹線ではうとうとと居眠りをしたらしくなかなかの度胸。

行きは品川駅で見送ったけど、帰りは東京駅でお迎え。直前になって本人がどこで降りるか把握しているのか急に心配になったけど、もう新幹線は到着寸前の時刻。「ままよ」と東京駅で待つダンナから無事にホームで会えた電話をもらい一安心。案の定どっちで降りるか迷った息子は切符を見せて隣席の男性と通りがかった女性の2人に相談し(しかし二人の意見は別れた模様)、最終的には切符の「東京」という文字に賭けて判断したそう。

「かわいい子には旅をさせろ」の言葉通り、2泊3日の楽しい旅を終えて帰宅した息子は自信に満ちたいい笑顔をしていました。

盛りだくさんのイベントで楽しませてくれて、おいしいごちそうをたくさん食べさせてくれて、ホームまでお迎え&見送りをしてくれたいとこ夫婦に感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月19日 (水)

へちま

私の大好物のへちま。沖縄の方言でなーべらー。「なーべらーんぶしー」は皮をむいて輪切りにしたへちまをランチョンポークや豆腐などと一緒に味噌いためにしたすごくおいしいお料理。

この料理に出会ってから私の中では「へちま=食べ物」となっていたので、乾かしてかすかすになったへちまを今日息子が学校から持ち帰ってくるまで、別の使い道があることはすっかり忘れてました。

で、早速久しぶりにへちまで体を洗ってみたらこれがとってもいい感じ。表面は案外つるっとしててつかむと柔らかいけど弾力があって、形も割合自在に変えられる。昔の人の知恵はスバラシイ。

そういえば私も小学生の頃に大きなへちまを持ち帰ったなぁ。あの時はまだ木造校舎で廊下の軒下に植わってたんだっけ・・・。池があって畑があってその横でよくゴム跳びしたな〜。なんてノスタルジックな思い出に浸りながらバスタイムを満喫しました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月17日 (月)

アロマテラピーでマタニティケア

本日マザーズオフィス「アロマテラピーの学校」の第11回オープンセミナー『妊婦の身体づくり、環境づくり』を聴講してきました。

約3時間のセミナーでしたが、無駄な時間や退屈な時間はまったく無くて、最初から最後までひっきりなしにメモをとっていたほど充実した濃い内容でした。

妊娠中の生活で大切なことはたくさんありますが基本的な柱は3つ。「目を使わない」「散歩をする」「日とともに起きる」というシンプルなものばかりですが、もちろんちゃんとした根拠があってのこと。あたまと体をゆるめてぽか〜んとした時間を過ごすことがいかに自然な出産につながっていくのかと言うお話。

アロマセラピストとして妊婦さんのためにできることは妊婦さんのお話をよく聞いて肯定することで心理的な安心感を持っていただく、受けとめ共感して味方になること。そして出産までの道のりの伴走者となって支えていくこと。よりよい妊娠生活へのアドバイスや、出産の進行を妨げているものがあればそれをとりのぞくお手伝い。精油を使ったケアの提案など。

去年過ごした自分のマタニティライフを振り返りながら聞いているとついつい「うんうん!!」と大きくうなづいてしまいました。

たくさんいいお話を聞かせていただいたので、少しずつこのブログでお伝えしていくつもりです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月16日 (日)

赤ちゃん先生

昨日NPOシブヤ大学で行われた『0.13㎜の物語。〜おめでとう、の誕生学〜』というクラスに「赤ちゃん先生」として参加しました。

講師はバースコーディネーターの大葉ナナコさん。生徒さんは20〜30代ぐらいの方々で、勝手に女性が多いかと予想していたのですが実は男性の参加者がすごく多くて、「お産」が女性だけの特別なことではなくなっているのだと感じてとても頼もしく思いました。

「赤ちゃん先生」は、生徒さんたちに赤ちゃんを実際に抱っこさせてあげたり、妊娠・出産についての質問にお答えしたりするという役割で、私としてはどんどんたくさんの方に息子を抱っこしてもらえればと思っていましたが、少し不安げな様子で今にも泣きそうだったので数人の方にしか体験して頂けませんでした。ナナコさんは「人さらいにあわないように、お母さんじゃない人だと泣くのよ〜」とフォローして下さいましたが、あまりお役にたてませんでした。

「趣味は出産、特技は安産」とおっしゃるナナコさんの講議はお産のイメージを明るくポジティブに伝えてくれます。途中で流れた出産VTRでは4人目のお子さんの誕生をお父さんと3人のお姉ちゃんたちが見守る様子がすごく感動的で、やっぱり「命の誕生」ってものすごく人の心を動かすな〜とあらためて感じました。

最後はナナコさん、スタッフさん、生徒さん、赤ちゃん先生たちとママたちのみ〜んなで記念撮影。ナナコさんの「はい、お産!!」「はい、誕生!!」のかけ声でパチリ。きっとみんないい笑顔で写ってるんじゃないかなぁと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月14日 (金)

クスクス

Kusukusuクスクスが好きです。

だけどレストランでちゃんとしたクスクス料理を食べたことがないので我流で食べてます。キュウリやトマトを細かく切ってクスクスに混ぜて酸っぱめのドレッシングをかけてサラダに。

って書いてたら食べたくなってきちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月12日 (水)

もうすぐ冬至

Dscf0073この時期よく目にするのが柑橘類。いろんな種類の実があちこちの庭先でなっています。

あと10日で冬至ですが、冬至と言えばゆず湯とかぼちゃ。邪気を払って風邪をひきにくくすると言われるゆず湯に入って、栄養満点のおいしいかぼちゃの煮物を食べれば鬼に金棒。想像しただけでもポカポカしてきそうな気がします。

今年の東京はなんだか暖かい日が続いていますが冬はこれからが本番。昔から伝わる知恵で寒い冬を乗りきりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月11日 (火)

夫婦なんだなぁ

Midori結婚して14年が経ちとうとう15年目に入った私たち。日々けんかしたり笑ったりしながら毎日過ごしています。

先日ひとりで郵便局に行く途中、すぐ近所の古いお家の前を通った時、ちょうど大きな木の向こうから西日がさしていて逆光に浮かぶ紅葉した葉の黄色がなんとも美しく、地面を覆いつくした落ち葉と常緑樹の緑と小屋の朽ちた感じのバランスがもうあまりにも絶妙でしばし見とれてしまいました。

それから数日後、私が見たその景色のことをダンナが自身のブログで書いているのを見てすごく驚きました。「あの場所がすごくきれいだったよ」っていう話もしてないし、一緒に見たわけでもなく、時間帯も夕方と朝とでまったく違うのだけど、同様に美しいと感じられたことで「夫婦なんだなぁ」と実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月10日 (月)

小さな子の命

毎日のように小さなこどもが亡くなったという事故や事件のニュースを耳にします。

猟銃の暴発による2才の男の子の死亡、幼い兄妹の溺死など・・・。好奇心のかたまりである小さなこどもは危ない事態を想像するよりも先に体を動かしてしまいます。

うちの10ヶ月になる息子もテーブルの上のものに手を伸ばしたり、引き出しの中のものを引っぱり出したりと一日中好奇心の赴くままに行動しています。

テーブルの上に置いた2つあったはずのチョコレートが1つしかないのでおかしいなと思ったら口に入れてモゴモゴしてたなんていうのは笑い話で済みますが、大きなケガや命に関わるようなことだっていつ起きるか分かりません。

小さなこどもが亡くなったニュースを聞いてはもし自分のこどもだったら・・・と考えてしまいものすごく胸がいたみます。ほんの少しの時間、ほんのわずかな偶然などで結果が大きく違ってくるのでしょう。防げることは防ぎたい。自分のこどもだけじゃなくってよそのこどもも。

小児科医の毛利子来先生が医院を開業して約50年のうちに病気で亡くなった患者さんはほとんどおらず、亡くなったお子さんは残念ながらどうしても助からない種類の病気だったそう。だけどお風呂場での事故や交通事故、転落事故など不慮の事故で亡くなったお子さんは数人いたからくれぐれも気をつけてあげてとおっしゃっていました。授かった命を大切にしたいとあらためて思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月 9日 (日)

1年

今日は長男のピアノ発表会がありました。

去年の今頃は私のお腹にいた次男が今はもう歩いたりマネをしたりしていることが信じられないような気持ちでこどもたちのピアノを聴いていました。

1年って大人にとってはあまり大きな変化はないけど、小さい人たちは目まぐるしいほどの早さでどんどん成長していきます。

そしてこの発表会に参加するのももう5回目。自分の子はもちろんのことですが同じ先生のもとで習っているこどもたちのピアノの上達ぶりを見て「継続は力なり」とつくづく感じた日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月 8日 (土)

アドベントカレンダー

Santa長男が幼稚園児の頃から毎年アドベントカレンダーを楽しみにしています。

紙の箱で出来たものは最後にパッケージを捨てることになってもったいないなぁと思っていたところ去年布製の物を見つけました。とぼけた表情のサンタクロースの洋服に24個のポケットが付いています。

去年は買った時に入っていたチョコレートを食べ、今年はクリスマス仕様の銀紙に包まれた詰め合わせチョコを買ってきてポケットに1つずつ入れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月 7日 (金)

青空

Dscf0050お昼ごはんを食べに近所の中華屋さんへ。

外に出たついでに図書館まで歩く。

天気予報通りのぽかぽか陽気。

見上げれば正真正銘雲ひとつない青空。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月 6日 (木)

加湿器

Dscf0035この冬に備えてエレクトロラックスの加湿器を買いました。北欧のシンプルなデザインはあまり家電ぽくなくて、自己主張も強くないのですんなり部屋に溶け込みました。

加湿器本体は白、フタは白・水色・緑の3色で気分に合わせて付け替えることができます。

この加湿器は精油を入れられるカップが付いていて、この機能が購入の決め手になりました。親切なことにユーカリ・ティートリー・ペパーミントの精油とスポイトまでセットされています。

スチームの量もほどよく音も静かめでなかなかいい感じです。少しはインフルエンザ予防になってくれるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月 5日 (水)

インドカレー

近所においしいインドカレー屋さんが出来たので行ってみました。キッチンには2人の ネパール人男性。ホール係もネパール人男性。これは本格的でおいしいかも〜という予感。

焼きたてで湯気がたってる特大サイズのナンはむっちりフカフカ。カレーはスパイスたっぷりの本物!!「このカレーが食べたかったんだよ〜。やっと会えた〜。」という気持ち。

六本木の有名店、吉祥寺、荻窪、時にはおいしいインドカレーを求めて二子玉川へとさまよっていたけど、こんな近くで食べたかった味に出会えるなんて感激!!

1回目は夫婦+赤ん坊で平日ランチ、2回目は小4の息子を連れて家族で休日ランチ。長男も特大ナンをペロリ。10ヶ月の次男もナンをモグモグおかわり。ダンナは2枚たいらげ大満足。

今までいろんなインドレストランに行ってみての実感としてインドやネパールの人たちってこども好きの人が多いと思う。このお店の人たちも10ヶ月の息子をキッチンから手を振ってあやしてくれたり、だっこしてくれたり、虫のおもちゃを貸してくれたり・・・。小さい子を連れての外食でこんなにウエルカム!な雰囲気だとゆったり楽しい気分で食べられてすごく嬉しい。

久我山の「JAY JAY KAR(ジャイジャイカー)」おすすめです。あ、ちなみにレジには親切な日本人女性がいらっしゃるのでご安心を!!

次回は「ナマステ〜」って言いながら入ってみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月 4日 (火)

earthシューズ

Dscf0017ペタンコでたくさんたくさん歩いても疲れにくくてカワイイ靴がほしいなぁと思っていて見つけたのが「earthシューズ」でした。

デンマークのヨガ師範アン・カルソーさんが長年の試行錯誤の末に開発したという、3.7度の傾斜がついたソールの靴。

この靴を履くと重心がやや後方になることでヨガの基本姿勢がとれて、姿勢がまっすぐに正され呼吸もラクになるそう。

デザインに一目惚れして買ったのにこんな嬉しい機能がついてるなんてラッキー!!

説明書には「始めは違和感や疲れやすさを感じることがあります。(違和感を全く感じられない方もいらっしゃいます)」と書いてあったけど、私は後者だったみたいで3.7度の傾斜もほとんど気にならず快適な履き心地でした。

ボアのついたブーツタイプもあって、そっちも欲しくなっちゃうぐらい気に入りました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月 3日 (月)

ミニホウキ

Houki家の中に螺旋ってほどでもないけどやや曲がった階段があります。

この階段にたまったホコリや髪の毛などを掃除するのにミニサイズのホウキを使っています。

懐かしいデザインのこのホウキ。気になった時に気軽に角のホコリまですっきり掃けてとても重宝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月 2日 (日)

ハンドクリーム

Dscf0008気が向いたらミツロウとホホバオイルを溶かして精油を混ぜて作るオリジナルハンドクリームを作るのですが市販のものも使います。

1年中使っているのはパルシステムのハーバルハンドクリームで、松山油脂が製造しているものです。ホホバオイルやマカデミアナッツオイル、尿素などの保湿成分にローズマリーとラベンダーの香りで、ベタベタしなくて使いやすくとても気に入っています。

毎年秋になって空気が乾燥しはじめると、持ち歩き用にもう1種類買うのですが、こちらはドラッグストアなどでその都度気に入ったものを選びます。今年はカモミールのイラストが印象的なドイツのハーバシン。チューブタイプのものの方が圧倒的に使いやすいのですが、直径5センチほどの小さな缶があまりにも可愛くて、多少へこもうが油分で開けにくかろうがそれもまたご愛嬌。ほんのり香るカモミールの香りをかぐと「あせらずいこうよ」っていう気分になれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月 1日 (土)

大分土産スイーツ

ダンナが時々お仕事で日本のあちらこちらに出かけます。

そんな時の私のお楽しみはもちろんおいしいお土産。しかし今回の「大分」は何がおいしいのかよく分からず、湯布院温泉ぐらいしか思い浮かばなかったので「大分 銘菓」でネット検索〜。

で、出てきた「やせうま」と「瑠異沙」、当日たまたま見てたテレビ番組でタイミング良く紹介されてた「ぷりんどら」と「豊後きのこカレー」を指名!!

カレーは空港では扱ってなかったそうですが、それ以外のスイーツ3品を持って帰ってきてくれました。どら焼きの中に甘みあっさり・ほろにがカラメルソースの薄型プリンが挟まったぷりんどら。しっとりしたカステラ生地にうっすら紫がかったスミレリキュール味のあんこが入った「瑠異沙」、
きなこを練ったものを薄い求肥で包んで砂糖をまぶした「やせうま」、個性も味もバラエティーに富んだこの3品どれをとっても満足なお味。

今まで我が家ではなじみのなかった大分でしたが「いろんなおいしいお菓子があるところ」として認識されることになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »