« お、こんなところに | トップページ | 以心伝心!? »

2007年9月 5日 (水)

『エココロ』No.18

アロマテラピー講座などで「どのブランドの精油がおすすめですか?」という質問を受けることがあります。

私は「実際にショップなどで香りを試してみて自分が気に入ったものが一番だと思うのでどこか特定のブランド名は言えません・・・」とお答えしています。

同じ学名のラベンダーでも産地や収穫の時期や標高の高さなどで香りが変わってきますし、香りというのは何よりも「好き(快)・嫌い(不快)」の直感が大事。香りはものすごく個人的なものだとも言えると思うのです。

そうは言ってもなにか精油を選ぶ参考になるものがあるといいなぁと思っていたところ、偶然いいものを見つけました。

雑誌『エココロ』No.18(2007年10月号)が「香りのイロハ」という特集をしていて、その中で16の有名ブランドの精油の特長を紹介しているのを見つけました。各メーカーの設立者やポリシーなどが分かりやすくまとめられていて、それぞれの精油ビンの写真も美しく、ラベンダー精油の値段が載っていて比較もできます。もちろん実際の香りをかぐことはできませんが、フェアトレードの製品を買いたい人は「プリマライフ」、北海道産の貴重なラベンダー精油なら「ファーム富田」、フランスの天然湧水で蒸留するという「フロリアル」など、自分にとって心惹かれるポイントを見つけて買ってみるという選び方も時には面白いかもしれません。


|
|

« お、こんなところに | トップページ | 以心伝心!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57634/7814620

この記事へのトラックバック一覧です: 『エココロ』No.18:

« お、こんなところに | トップページ | 以心伝心!? »