« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

プンクトゥム・タイムズ NO.004

新聞の紙の白さと雪の白。むしろ新聞の方が白くてそれが雪を現実的に見せてくれる。誰かの「まなざし」を借りてこの景色を見ている自分。時空を切りとるのが写真だけど、雪をかぶった針葉樹の葉が重さでたわみ、風で揺れているように見えてくる。そこに佇む自分がいるような錯覚をしてしまった。

その「誰か」は和歌山県新宮市出身の写真家鈴木理策氏。東京・京橋のギャラリー「プンクトゥム」発行の新聞『プンクトゥム・タイムズ NO.004』の表紙の写真を見たら新聞を持ち上げた両手がしばらく下ろせなくなってしまった。

風景の中にある「自分の感覚を揺らがせるもの」を感じ取るために気配を消し写真を撮ろうと思う気持ちも消していくと、風景の中の自分が全体の一部になり実際にそこで何が起こっているかが現れて見えてきたものを撮るというインタビューを読んだら、表紙の雪の写真を見た時に感じた不思議な感覚に納得。写真家に意味を与えられた風景を見せられているのではなく、その場にいて風景を眺めているように感じる写真。

山では「ざわつく」からじっとしていられない、熊野に行くとはるか以前にその場に立ってた人々が畏れ敬って有り難いと思った思ったのと同じような気持ちになる、と語っているのを読んですごく共感しながら、これは私が理策さんと同郷だからかと思ったけど、冷静に考えたら熊野で生まれ育った人々が全員同じように感じるはずもないのだから個人の資質かと思い直したり。

点在する神域では目に見えない「何か」の気配を感じる一方、目も眩む太陽の光が痛いぐらいに満ちる熊野。切りとられた時空から音と空気の匂いが伝わってくる理策さんの写真を見ていると熊野の自然の力強い存在感に取り込まれていきそうになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月29日 (土)

串だんご

Dango先日息子と2人で初めて串だんごを作ってみました。

粉をこねこね、丸めて茹でて、串に刺したらトースターでチン!半分は粒あん、半分はみたらしのたれをかけて出来上がり。

小学生も中学年になると学校から帰るのは夕方で、帰宅後はサッカーやピアノ、宿題、友達と毎日忙しくて、気づいたら私の口から出るのは「あれはやったの?」「これをしなさい」とそんな言葉ばかり・・・。これではイカンとのんびりコミュニケーションのための串だんご作戦。見事大成功となりました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月28日 (金)

夏の名残り

Asagao最寄り駅の線路脇でフェンスに絡みついて咲いている朝顔。(昼顔か夕顔かもしれませんが)

いつまで咲くのか今日のように暑ければまだしばらく頑張るのかもしれないなどと見るたびに気になっています。

でも朝顔の足元には満開の曼珠沙華。やっぱり確実に季節は変わりつつあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月27日 (木)

猫道

うちの近所に人ひとり分の幅しかない小さな道があります。道の長さは3〜4メートルぐらい。

正確には道というよりも家と家の間っていう感じですが、なぜか片側に手すりもついています。大きい通りの方からはちょっと目立つような気がして入ったことはないのですが、狭い通りの方からはす〜っと吸い込まれるように入ってしまいます。

狭い路地ってどきどきしたり、秘密の感じがしたりしてすごく楽しい。

今日はその猫道から出てくる人(大人の男性)を2人見かけました。ちょっと肩をすぼめるようにして間を開けて2人が出てくるのを見たらなんか愉快な気分になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月26日 (水)

幸せのおすそわけ

Okayan3連休のまんなかに、三鷹の小さな(だけど強く輝く)星「リトル・スター・レストラン」のおかやん&あさみさんの結婚披露会に行ってきました。

7時のパーティー開始前にはなんとお店までの階段に行列が!お二人の記念の日を祝い、そしてリトル・スター・レストランのいつにもましておいしいであろう料理を食べるために並ぶ人々。もうこの時点でとっても幸せな空気がお店のある3階から1階の階段までスモークみたいにほわほわと漂ってくるよう。

リトル・スター・レストランのパーティーだから楽しい仕掛けがたくさんあるはずという期待を裏切ることなく、出入りの目印のための小さなかわいい缶バッジ(太陽は大人用、お月さまはこども用)と二人それぞれの言葉で生まれてから結婚式までをつづったステキな冊子(思い出たっぷりの写真もたくさん!)が配られました。そしてもちろんたくさんのおいしいお料理もふるまわれ、後半はおかやんの歌でリトル・スター・レストランはライブハウスに。ちょっと照れた感じで歌うおかやんのラブソングを聞いてたらホロッときそうになったけど、目の前に座ってる花嫁さんがしっかりおかやんを見守っているのを見たらとても頼もしくて私の涙はひっこんでいきました。

「月と太陽」と題されたこの結婚披露会。おかやんが「僕が月で彼女が太陽。僕が彼女に照らされている」という話を聞いた時、「ああ。すごくバランスのいいカップルなんだなぁ」と思いました。

帰る道すがら「いいパーティーだったね!」って心から思える時間を過ごせたことをとても幸せに感じました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月23日 (日)

バスソルトのお味は・・・。

先日のアロマテラピー講習会でのこと。

実習でバスソルトを作るために2種類の塩を用意しました。粒が粗めで湿気の少ない「地中海の塩(イタリア)」と粗塩だけどかなりこまかくてちょっと湿った感じの「五島灘の塩(長崎)」です。

塩を配り終えるとほとんど全員の方がさっそくお味見。お塩の食べ比べをして「ん。甘い」とか「こっちの方がカドがないわね」などなどと意見が飛びかいました。

さすがは東京マイコープの委員さんたち!!今まで何度かバスソルトを作る講座をやっていますがみなさんが揃っての塩の味見は初めてです。

そしてほんのりピンクのバスソルトを作るためにドライローズパウダーを入れた後には「まだ食べられるわね!」という声も聞かれました。(ハーブティー用のローズパウダーなのでもちろん食べられます)

ドライローズパウダーで色付けした方はラベンダー+ゼラニウムの精油で甘めの香りのリラックスブレンド、もうひとつはローズマリー+ペパーミントの精油でスッキリ筋肉痛解消ブレンドができました。

最後はハーブテイーを飲みつつ歓談。最初から最後までにぎやかで楽しい講習会となりました♪


| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年9月17日 (月)

ローズウッド

やるべき事がたくさんあるのに思うように片付けられなくてストレスがたまってイライラが続いていたある日、お風呂にローズウッドの精油をたらしました。ほっこりと優しく甘いあたたかな香りに包まれて、こわばった心と体がほぐれていきました。

その日からずっと洗面所にあるローズウッドのビン。洗面所を使うたびに「あ、いい匂い」と感じるので、他の精油たちの居場所には帰らずそのまま居残ってもらっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月14日 (金)

「アロマテラピーでスキンケア!」の巻

今日は「アロマテラピーでスキンケア!」というテーマで精油を使ってオリジナルのローション作りをしました。

参加者は10名。ほぼ全員が顔見知りなので和やかムードでのスタートとなりました。この会では1回目にバスソルト作り、2回目がM&Pソープ作りで、今日が3回目ということもあり、アロマテラピーについてのレクチャーはなしでいきなり実習です。とは言ってもレジュメに沿った作り方の説明のあとにはいろいろと質問もいただいて、講師の立場としてはとてもやりがいを感じるシチュエーション。

今回用意した精油はローマンカモミールとラベンダーとローズマリー、保湿材としてグリセリン、そして精製水です。

グリセリンに好みの精油を落としたらかき混ぜて、精製水を合わせてさらによくかき混ぜたら出来上がり♪こんなにシンプルな材料でこんなに簡単にオリジナルのローションが作れます。

1種類の精油だけで作る人、3種類の精油をブレンドする人、2種類の精油で作る人とみなさんそれぞれ。出来上がったらローションを早速腕などに塗って感触を確かめていました。「たしかにしっとりしてる〜」などと直に感想が聞けるのもとても楽しい時間です。

最後は持参したハーブティー(ローズレッド・リンデン・ジャーマンカモミール・レモングラスリラックスブレンド)を飲みつつおいしいお菓子をいただいての歓談。心くつろぐ時間となりました。

こんな素敵な機会を作ってくれた友人と、参加してくれたみなさんに感謝!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2007年9月13日 (木)

あの部屋

引越しをしたという話をすると、うちに遊びに来てくれたことのある人が何人も「あの部屋好きだったのに残念だな〜」と言ってくれました。

築30数年の古いマンション。しかもリフォームもほとんどしてなかったからお風呂はすごく狭くて木の壁だったし、あちこちに今どき売ってないような昭和の香り漂う模様入りのガラスが木の枠にはまっていたし、何かと不便の多い部屋だったけど、空が近くて富士山と夕日がすごくきれいで、ムクドリが大騒ぎする竹やぶが目の前にあって、針のような東京タワーとギラギラの新宿が見えて・・・。私も家族もあのマンションがすごく気に入ってたから確かに残念。

今は空が遠くなってしまったけど、前のマンションよりは少しだけ若くて少しだけ広くて、ムクドリの代わりに電車が眠ってて、静かな小さい道に囲まれて島のように建ってるこの部屋ももう少し片付いたらまたみんなに遊びに来てもらおう。そして何年後かにまた引越すとき「あの部屋好きだったんだよね〜」って言ってもらえるおうちにしよう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2007年9月11日 (火)

AEAJ専門セミナー『広がるアロマセラピストの活動領域 美容編』

日曜日、東京国際フォーラムにて行われた(社)日本アロマ環境協会主催第14回専門セミナー『広がるアロマセラピストの活動領域 〜最新現場レポート美容編〜』を聴講しました。

スパ領域の講師は高橋なおみさん。スパにおいてはアロマテラピーもあくまで数あるトリートメントメニューのうちのひとつであるということ、アロマテラピー専門サロンとの違いはカウンセリングによる精油のチョイスがなく、スパ用のあらかじめブレンドされたオイルを使用している現状、精油の活用としてはスパ施設の季節感や個性・理念の表現手段、またトリートメント前の精油の香りの吸入などが報告されました。

リゾート地でのスパと都会のデイスパではロケーションの違いはあるものの、「日常から離れた心安らぐ空間で至福感を味わう」というのは同じ。

現在の日本のスパはまだまだ歴史が浅いのでこれから熟していくと思われること、今後はそれぞれに個性のあるスパが出来てくる可能性が大きいというお話でした。

エステ領域講師は野松慶子さん。アロマテラピーとエステティックを融合したサロンを経営されている野松さんはアロマテラピーの得意分野を自律神経やホルモンバランスの調整、免疫力アップなどの恒常性の維持=内面の改善と捉え、エステティックによって痩身やセルライト除去、リフトアップ、しみやシワ対策など確実な美容効果=外面の改善をしていくというふうに分けて考えていらっしゃいました。

美容院領域では久保木み規さんが「トータルホスピタリティを提供する空間としての美容院」として、実際に美容院でのアロマテラピーの活用法を紹介してくださいました。ネイル前のハンドトリートメントに精油で香りづけされたオイルを使用することによるお客様とのコミュニケーションや、美容院のフロアでは様々な薬品のにおいによって精油の香りが認識されにくいため、エントランスやトイレでの芳香浴やお客様へのハーブティーの提供などがあげられました。

化粧品領域講師は麻の種子から低温圧搾抽出したヘンプオイルを扱う化粧品会社CHANVRE代表の塩田恵さんです。国産アロマ化粧品の開発・販売についてヘンプオイルの成分(必須脂肪酸を多く含む)から薬事法裏話(ネロリ精油はオレンジ花油と表記しなければいけない等)、日本でも近い将来100%天然成分のみのフィトケミカルコスメが作られ販売されるようになるであろうことなどまさに現場の声を聞くことができました。

そして最後のメンズ領域講師は柴田俊生さんです。カイロプラクティックとアロマテラピートリートメントを組み合わせた施術を行っている柴田さんは、男性の美しさはにじみ出る自信から作られておりそのためには心と体の健康(快眠・快食・快便)が不可欠であるということ、陰陽で考える男女の違いなどをユーモアをまじえて話してくださいました。

「入院中の82才の母が腰痛で悩んでいるのでケアしてあげたいがどの精油が良いか?」という参加者からの質問に対して「ガンなどの病気由来ではなく高齢による腰痛ならば(精油を薬理作用で選ぶのではなく)娘の手でお母様の好きな香りの精油を使ってトリートメントしてあげるのが一番でしょう」と答えていらっしゃって、その考えに私もすごく共感しました。

今回のセミナーで講師のみなさんが異口同音で言われたのは「人をケアするセラピスト自身が心も体も健康なのは大前提である」ということでした。まずはセラピスト自身が心身ともに良い状態でなければ。当たりまえだけどなかなか難しいこと。まずは柴田さんに教わったように快眠・快食・快便から実行です。

日本にアロマテラピーが紹介(アロマテラピーについての書籍の翻訳出版)されてから約22年が経ち、世界的にも伝統医学や代替療法の良さが見直されている現在の状況、また、精油成分が細胞に直接働きかけることが調査によって証明されたという嬉しいニュースもあり、今後ますますいろんな形でアロマテラピーが私たちの生活に溶け込んでいくことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月 8日 (土)

以心伝心!?

アロマテラピースクールで同期だったRさんのことを午前中になんとなく思っていたら、お昼すぎに彼女からメールが届きました。

こういうことって時々ありますが、こういう風に連絡がとれるパターンの友達はしょっちゅう会ってる人よりも、本当に時々しか会わないんだけど知り合ってから何年も経っている友達に多い気がします。

同じ日に私がその人のことを思い、相手も私を思い出して連絡をしてくれるってなんか幸せ。目に見えないなにかでつながっていることを感じる瞬間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月 5日 (水)

『エココロ』No.18

アロマテラピー講座などで「どのブランドの精油がおすすめですか?」という質問を受けることがあります。

私は「実際にショップなどで香りを試してみて自分が気に入ったものが一番だと思うのでどこか特定のブランド名は言えません・・・」とお答えしています。

同じ学名のラベンダーでも産地や収穫の時期や標高の高さなどで香りが変わってきますし、香りというのは何よりも「好き(快)・嫌い(不快)」の直感が大事。香りはものすごく個人的なものだとも言えると思うのです。

そうは言ってもなにか精油を選ぶ参考になるものがあるといいなぁと思っていたところ、偶然いいものを見つけました。

雑誌『エココロ』No.18(2007年10月号)が「香りのイロハ」という特集をしていて、その中で16の有名ブランドの精油の特長を紹介しているのを見つけました。各メーカーの設立者やポリシーなどが分かりやすくまとめられていて、それぞれの精油ビンの写真も美しく、ラベンダー精油の値段が載っていて比較もできます。もちろん実際の香りをかぐことはできませんが、フェアトレードの製品を買いたい人は「プリマライフ」、北海道産の貴重なラベンダー精油なら「ファーム富田」、フランスの天然湧水で蒸留するという「フロリアル」など、自分にとって心惹かれるポイントを見つけて買ってみるという選び方も時には面白いかもしれません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年9月 4日 (火)

お、こんなところに

Mint先日のブログでうちの近所のわさわさと草の繁った空き地を紹介しましたが、その空き地のはじっこにミントが生えているのを発見しました。

「ん?あの葉っぱはもしや・・・」と思い、ひとつちぎって匂いをかいでみたらやっぱりミント!!す〜っと爽やかでほんのちょっとだけ甘い独特の香り。なんかちょっと得した気分です。

アロマテラピーで使うペパーミントの精油は時差ぼけや車酔いから助けてくれたり、胃腸の調子を整えたり鼻づまりを軽くしてくれるとってもお役立ちの精油なのです。ミントの香りの個性を作っている成分はメントールで殺菌や抗ウイルス作用が有名です。

ケーキやアイスの上にちょこっと飾られたミントも私は必ずおいしくいただきます。口の中をさっぱりさせて消化を助けてくれるミントの葉っぱ、食事の最後のデザートに乗ってくるのには意味があると思うのです。

ちなみにこのミントの種類を調べようと思いましたが、ミントは交配力が強くて3500種もあるそうで葉の形も品種によってさまざまということなのでつきとめるのは断念しました・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »