« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月29日 (水)

苦いかしょっぱいか

秋刀魚の季節になりました。

昨夜は今年はじめての生秋刀魚の塩焼きをいただきました。釧路沖で夜中に漁をして翌朝には釧路港に帰ってくるというすごく新鮮な秋刀魚はこの時期だけのお楽しみ。

「さんま苦いかしょっぱいか」と詠ったのは私と同郷の詩人佐藤春夫。苦いのは秋刀魚の腹わたですが私は苦手なので食べません。

中学生の頃毎週土曜日は部活の前に学校近くの友達のおうちでお弁当を食べさせてもらっていました。そのおうちの食卓にまるまるとした大きな秋刀魚がのっていた光景を思い出して懐かしくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年8月28日 (火)

わさわさ

Happaうちの近くに空き地があります。住宅にはさまれてぽっかりあいた空間を見るのが小さな楽しみです。

1ヶ月前には足首ほどの高さしかなかった草が今では私の身長ほどにのびていて、その生命力の強さにおどろきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年8月25日 (土)

アンニンチロル

070824_163201コンビニのレジ横で見つけて思わず買ってしまったチロルチョコの杏仁豆腐味!マージャンパイっぽいデザインのパッケージに一目惚れ。(私が選んだのは孔雀柄ですが他にもバリエーションいろいろ)

食べた瞬間「杏仁豆腐だね〜!!」と息子とハモってしまいました。ホワイトチョコに杏仁豆腐味がなじんでます。中のお餅が歯にくっつきすぎるのが難点です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年8月24日 (金)

あれもこれも壊れました。

7月下旬頃に買ったサンダル、バッグ、長男のTスーツ(Tシャツ+ショートパンツのセット)が揃って1ヶ月経つか経たないうちに壊れてしまいました。

サンダルはなぜか左右両方とも裏が半分ぐらいはがれてずれてしまい、バッグはショルダーのヒモをかける金具をとめてある部分がはずれ、Tスーツはショートパンツのホック部分のハト目がお洗濯でとれてしまいました。

大手スーパーで買ったTスーツはともかく、サンダルとバッグはそれぞれデパートで買ったものでお値段もそれなりにしたもの。どれも使った回数もごくわずか。

早速2軒に電話をしてみました。バッグはすでに一度キズ有りで交換していたことを告げると、同じデザインのものを3点用意して自宅に宅急便で届けてくれて、その中から自分でチェックして良さそうなものを選び壊れたものと交換という形になりました。Tスーツはこれまた同じものが宅急便で届き、ホックのとれたショートパンツは破棄して、問題のないTシャツに関してはそのままお使いくださいとのこと。「お返しするか、チェックしなくていいんですか?」と聞いてみましたが「お客様を信用しておりますので」とのお返事でした。

どちらのお店も素早い対応ですごく感心しました。クレーム処理が気持ちの良いものであれば「またここで買い物をしよう」と思います。明日は吉祥寺に出かける用があるのでサンダルを修理に出すつもりですがこのデパートはどんな対応をしてくれるのでしょうか?

それにしてもちょっと壊れすぎ。ツイテないのか、全体的に商品がヤワなのか。決してそんな荒っぽい使い方はしてないんですけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年8月22日 (水)

東京に戻りました!

長い夏休みも終了。高槻→九度山→新宮→名古屋と滞在して仕上げに新幹線を新横浜で降りてIKEAで買物をしてから家に帰りました。

大阪も和歌山も名古屋も暑かったけどやっぱり東京も暑い!地球の温暖化と東京電力の電力不足が心配だけど、小さいこどももいるし熱中症にはなりたくない。冷房の温度設定をコマメに調節して一応気を使ったり、思い切ってエアコンを消して窓を開けたら一気に熱風が吹き込んできて慌てて窓を閉めたりとかして、やればやるほどむなしいというかこんな夏が来年もさ来年も続くのかもしれないとコワくなりました。

引越しの片付けもまだ半分ぐらいしか済んでないのですがなにぶんこの暑さ。10月までに片付けるぐらいののんびりペースでやるとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年8月18日 (土)

温泉ラブ

和歌山県南部の宇久井にある国民休暇村の温泉「めざめの湯」がリニューアルしたと聞いたので行ってみました。

脱衣所からすでに海をのぞむ露天風呂が見えてワクワク。内湯も一面ガラス張りでけっこういい感じですがやっぱり露天の魅力にはかないません。木製の湯舟は白いにごり湯、ひとり用のこじんまりした湯舟がふたつ、広めの岩風呂がひとつ。

岩風呂の目の前は木々の緑と大平洋、つがいで飛ぶ真っ黒の大きな揚羽蝶と蝉の泣き声。昼の明るいうちから入る温泉ほど贅沢な時間はないと幸せを感じつつ、あっちの湯舟やこっちの湯舟を行ったり来たり。生後7ヶ月になった息子は初めての温泉体験をちゃぷちゃぷと楽しんでおりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

イルカに会いに。

Dscf0325和歌山県太地町にある「くじらの博物館」に行きました。

夏休みに実家に帰ると必ず行くお気に入りの場所のひとつ。

古式捕鯨の資料や鯨の骨格標本のある博物館、手をつないで眠る仲のよいカップルラッコのいるラッコ館(現在はなぜか手をつないで眠るのをやめてしまったそう。倦怠期?)、小さな水族館、イルカやアシカのショー、風光明媚な海岸線。すごくひなびた雰囲気に独特のまったり感がある南紀でイチオシの癒しスポットなのです。全国各地の動物園や水族館でいろいろと展示の仕方が工夫され来場者が増えているという時代の流れに逆行するかのようなスローな雰囲気が居心地の良さを生み出しています。

ここで一番楽しみなのはイルカやクジラが至近距離で見れること。ショープールの他に小さな天然の入江を使ってシャチやクジラやイルカを飼育しており、イルカと握手をしたりエサをあげたりして触れあうことができるのです。

シャチの大きな口のそばを悠然と泳ぐ魚を見ては必ず誰かが「あの魚はシャチに食べられないのか?」と言い、トレーナーさんたちが入江の桟橋を歩くと喜んで桟橋に近づいてくる鯨やイルカを見て、ショープールのはじっこに人なつっこく寄ってくるイルカと目を合わせ、大きな鯨の骨格標本を見てピノキオの気分を想像し・・・。

工事中の水族館、アシカの体調不良、新人イルカの拙いショー、おばあちゃんシャチ「なみちゃん」のもったりしたショー、ほとんどボラばっかりのタッチングプール、花壇に刺さったクジラの骨。やる気がないわけではないと思うけどつっこみどころ満載のくじら館。それでもなぜかオールオッケー。何時間かここにいればささいなことを気にするのが馬鹿らしくなってきます。派手なショーはないけれどここにしかないこの空気。とくにスカっと晴れた青空の日に訪れることをオススメします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年8月14日 (火)

文字入りTシャツ

身頃の前や後ろに何かしら文字の入ったTシャツ、私自身は日本語が書いてあるのは1着も持ってませんが、有名なので言えば石垣島の「海人」Tシャツなんかがあります。

メッセージとも言えるし、ただ単に形としてのデザインとも言えるかと思いますが、日本語だとダイレクトに意味が分かってしまいます。

夕べ私の前を歩いていた家族連れの4人のうち3人が着ていた色違いのTシャツの背中に書かれていたのは「餓鬼」という漢字にシャレなのか「くそがき」のふりがなつき。

子どもの頃、墓そうじや墓参りに行く前に毎回「お腹がぺこぺこでお墓に行くと餓鬼に憑かれるよ!」と言われていた私には絶対着れない(着たくない)Tシャツです。しかもお盆だし。好みやセンスって本当に人それぞれです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年8月11日 (土)

アロエ

おばの家で私のいとこやその家族が集まっての大焼肉パーティー。息子がホットプレートでやけどをしてしまい、おばが「よっしゃ!」と言ってすぐに庭からアロエを採ってきてくれて、ばんそうこうでペタリと息子の指に貼ってくれました。

ちょっと痛そうにしてた息子も生のアロエの登場に痛さも忘れて不思議顔。みんなで「アロエは医者いらずって言うんだよ」などと言ってたら、息子は嬉しそうに「ホントだ!なんか痛みがひいてきた」。翌日そ〜っとばんそうこうをはがして、何ごともなかったかのようにきれいな皮膚を見た息子は「今年の自由研究のテーマはアロエに決定!」とのこと。

「たいしたことないだろう。また大げさな・・・」なんて思いつつ焼肉を頬張ってた自分を反省し、フットワーク軽くアロエを採ってきてくれたおばとばんそうこうを貼ってくれたいとこに感謝し、アロエのパワーに素直に感動できる息子の無垢さにちょっと感動した小さな出来事でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年8月10日 (金)

ごぶさたしてしまいました

7月下旬に引越し、片付けもそこそこに8月に入ってすぐに大阪のいとこの家から和歌山県北部にある叔母の家へと渡り歩いて大人数での正しい夏休みを満喫し、やっと実家に戻ってきました。

めまぐるしくも楽しい日々。書きたいことはたくさんあるけどまずはごあいさつがてらの更新とさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »