« 嬉しいリクエスト | トップページ | 夏を感じた日 »

2007年7月15日 (日)

神楽坂まで

Dscf0164

土曜日、台風が近づく雨の中はりきって神楽坂まで行ってきました。

沖縄の渡嘉敷島で料理屋さん「まめや」をやっていたご夫婦がお店を東京の神楽坂に移転されたので、5月から「行きたい行きたい」と思っていてやっと念願かなったのでした。

飯田橋の駅で降りて神楽坂へ向かいます。「日本でここだけ」の不二家のペコちゃん焼きを素通りできずに並んで6個買い、急いで「まめや」へ。

懐かしいまめやのお父さん・お母さんとの会話とおいしい料理にビールがどんどんすすみます。瓶に北海道の土と沖縄の土を混ぜて高温で焼いたという玉が入った泡盛「瑞泉」はカドがとれてこっくりまろやか〜で美味。オットもお酒がすすんだらしく気がつけばストレートで2合。

長男もお通しの豚とみょうがの炒めものやスーチカー(豚の塩漬け)、大好物のじーまみ豆腐をパクパクいただき、お父さんが気をきかせて用意してくださったジュースを飲み、ぶどうまでいただいてご満悦。

次男は隣の席のきれいなお姉さんやまめやのお母さんに抱っこしてもらったりしてこちらもご機嫌。

小さなお店の中はお父さん・お母さんを慕うお客さんでいっぱい!お客さん同士の距離も近いのであっちもこっちも話がはずみ、なんだか親戚の家に集まってるかのような雰囲気。しゃべって笑って食べて飲んでの3時間に大満足でした。

そうそう。不二家のペコちゃん焼きですが、レアなポコちゃん焼きもひとつ入ってました。ラッキー♪

|
|

« 嬉しいリクエスト | トップページ | 夏を感じた日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57634/7157916

この記事へのトラックバック一覧です: 神楽坂まで:

« 嬉しいリクエスト | トップページ | 夏を感じた日 »