« アロマテラピー教室withベビー | トップページ | パンダが1匹、パンダが2匹・・・ »

2007年7月20日 (金)

毛利先生

今日は私の大好きな小児科医の毛利先生に会いに行きました。

「たぬき先生」の愛称でおなじみの毛利子来先生。こどもの気持ちを何より大切に考えてくれ、赤ちゃんもきちんと「人」として対応してくれるステキなお医者さんです。

今日は次男の6ヶ月健診を受けるのが目的でしたが、他に患者さんがいらっしゃらなかったので、大好きな毛利先生と受け付けの女性と私の3人で石垣島のフクロウの話からイタリアの話までいろんな話をして楽しい時間を過ごさせていただきました。(はしか騒動や赤ちゃんの免疫などマジメな話もしましたよ。)

今日の主役のわが息子はと言えば、終始ごきげんでオモチャで遊んだり、毛利先生の座っているイスに興味をしめしたりとこちらも勝手気ままに楽しんでいるようでした。

冬の寒い時期には聴診器を床に置いて床暖房であたため、時にはム−ミン柄のサスペンダーをはめ、とってもチャーミングな毛利先生の診察室はなんとも居心地が良くてついつい長居したくなってしまうのです。

帰り際に玄関から見えた毛利先生は診察台に足をのせてリラックスした様子で読みかけの本の続きを読んでいました。

毛利先生のように患者と心の通うお医者さんがもっとたくさんいていろんな子育てのギモンや不安に対するアドバイスをもらえたら、親はとっても気がラクになってこどもへの虐待も減り、子育てって苦労もあるけど楽しい、困ったり悩んだりした時には頼りになる人がいると思えたら少子化対策にもなるのかもしれません。

|
|

« アロマテラピー教室withベビー | トップページ | パンダが1匹、パンダが2匹・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57634/7214378

この記事へのトラックバック一覧です: 毛利先生:

« アロマテラピー教室withベビー | トップページ | パンダが1匹、パンダが2匹・・・ »