« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月24日 (火)

パンダが1匹、パンダが2匹・・・

引越しが直前に迫り家の中に段ボール箱の山が出来てきました。

今回の引越しはパンダマークでおなじみの引越し業者さんに依頼したので何匹ものパンダが家のあちこちでほほえんでいます。全部で100匹ほどの見積もりです・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年7月20日 (金)

毛利先生

今日は私の大好きな小児科医の毛利先生に会いに行きました。

「たぬき先生」の愛称でおなじみの毛利子来先生。こどもの気持ちを何より大切に考えてくれ、赤ちゃんもきちんと「人」として対応してくれるステキなお医者さんです。

今日は次男の6ヶ月健診を受けるのが目的でしたが、他に患者さんがいらっしゃらなかったので、大好きな毛利先生と受け付けの女性と私の3人で石垣島のフクロウの話からイタリアの話までいろんな話をして楽しい時間を過ごさせていただきました。(はしか騒動や赤ちゃんの免疫などマジメな話もしましたよ。)

今日の主役のわが息子はと言えば、終始ごきげんでオモチャで遊んだり、毛利先生の座っているイスに興味をしめしたりとこちらも勝手気ままに楽しんでいるようでした。

冬の寒い時期には聴診器を床に置いて床暖房であたため、時にはム−ミン柄のサスペンダーをはめ、とってもチャーミングな毛利先生の診察室はなんとも居心地が良くてついつい長居したくなってしまうのです。

帰り際に玄関から見えた毛利先生は診察台に足をのせてリラックスした様子で読みかけの本の続きを読んでいました。

毛利先生のように患者と心の通うお医者さんがもっとたくさんいていろんな子育てのギモンや不安に対するアドバイスをもらえたら、親はとっても気がラクになってこどもへの虐待も減り、子育てって苦労もあるけど楽しい、困ったり悩んだりした時には頼りになる人がいると思えたら少子化対策にもなるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アロマテラピー教室withベビー

今日は友人の家までアロマテラピー教室の出前をしました。

講師の私も0才児のベビー連れ、2人の生徒さんも0才児のベビー連れです。

アロマテラピーのレクチャー中、ベビーたちはオモチャで遊んだり、時々接近して髪の毛をつかんでみたり、赤ちゃんせんべいを食べたり、おっぱいを飲んだりと思い思いに過ごし、ママたちは10種類の精油の香りをテイスティングしたり、精油の使い方をお勉強したり、精油とドライハーブパウダーを使ってバスソルトを作ったりしました。

テイスティングではイランイランの香りを「シロツメ草で花輪を作った時の香り」と表現してくださったのがとても印象的でした。

ベビーと一緒だとどんなふうに出来るかな〜?と楽しみと心配が半々でしたが、まさに「案ずるより産むがやすし」でやってみたらお二人のアロマテラピーへの関心の強さのおかげですごくスムーズに、しかも内容の濃い時間となりました。

次回は9月にハンドクリームを作る予定です♪

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

2007年7月18日 (水)

傘ふり場

070718_130701吉祥寺の東急百貨店の入口で見つけた「傘ふり場」。

私は初めて見ましたがいつ頃から登場したのでしょう?傘をこの中に入れてバタバタと振って水滴を落とすようです。思いっきり手動というかアナログな仕掛けです。

今日は傘を持ってたけど濡れてなかったので効果のほどが分かりませんでしたが、かねがね使い捨て傘袋の「非エコ」が気になっていたのでこの傘ふり場の登場は「待ってました!」という思いです。

しかしあまり強くバタバタするとヤワな傘の場合は曲がってしまいそうでちょっと心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年7月17日 (火)

商店街の香り

今日は先月お休みした産後のセルフケア「はらっぱクラス」の振り替えで武蔵小山まで出かけました。

武蔵小山の駅前の長いアーケードを通ると次々といろんな香りがしてきます。

八百屋さんの店先に並んだ桃、カフェのコーヒー、お寿司屋さんの魚、靴屋さんの革、ファストフード、美容室のパーマ液、アジア雑貨店のお香、ドラッグストアのシャンプーや洗剤・・・。

この辺に住んでたら目をつむって歩いてもそれぞれのお店から漂う香りでどこを歩いてるか分かりそう。

街にはいろんな香りがあふれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年7月16日 (月)

地震

また大きな地震が起きてしまいました。

朝9時半頃から夜まで外出していて今やっとゆっくりテレビのニュース番組を見て今回の被害の大きさを知りました。

被災された誰もが不便で辛い時間を過ごされていると思いますが、やはり小さなこどもやお年寄り、妊婦さんなどはどんなに不安な思いをされていることでしょう。

私も自分にこどもが出来てから「もしこの子たちに何かあったら・・・」と思うと、想像するだけで胸が締めつけられるような苦しさを感じます。

なんと言っていいのか分かりませんが、どうかこれ以上被害が大きくなりませんようにお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

夏を感じた日

070716_134301ものすご〜く久しぶりに(多分15年以上)日比谷公園に行きました。大噴水を見た長男は大喜び。私は「東京の真夏日」というニュースでビジネスマンたちが暑そうに噴水の周りに座っているニュース映像をイメージしてしまい苦笑い。

公園内にはクスノキやバラなどアロマテラピーでおなじみの植物が植えられていて、植物の名札を見ては精油の香りを思い浮かべました。

お昼ごはんは日比谷松本楼のテラス席で、今年初めて聞く蝉の声と木々の緑、おこぼれを狙う雀たちの姿に都会の自然を感じながらゆっくりいただきました。テラス席で蚊にさされたのもまた夏らしさ。

途中で怪しい雲が出てきて空が薄いグレーになってしまった時には外に干してきた洗濯物が気になり、夕立ちもまた夏の風物詩だったことを思い出しましたが、結局雨は降らず洗濯物は無事でした。

写真は日比谷松本楼の外観。次回は2階のカレービュッフェに行ってみたいな〜。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年7月15日 (日)

神楽坂まで

Dscf0164

土曜日、台風が近づく雨の中はりきって神楽坂まで行ってきました。

沖縄の渡嘉敷島で料理屋さん「まめや」をやっていたご夫婦がお店を東京の神楽坂に移転されたので、5月から「行きたい行きたい」と思っていてやっと念願かなったのでした。

飯田橋の駅で降りて神楽坂へ向かいます。「日本でここだけ」の不二家のペコちゃん焼きを素通りできずに並んで6個買い、急いで「まめや」へ。

懐かしいまめやのお父さん・お母さんとの会話とおいしい料理にビールがどんどんすすみます。瓶に北海道の土と沖縄の土を混ぜて高温で焼いたという玉が入った泡盛「瑞泉」はカドがとれてこっくりまろやか〜で美味。オットもお酒がすすんだらしく気がつけばストレートで2合。

長男もお通しの豚とみょうがの炒めものやスーチカー(豚の塩漬け)、大好物のじーまみ豆腐をパクパクいただき、お父さんが気をきかせて用意してくださったジュースを飲み、ぶどうまでいただいてご満悦。

次男は隣の席のきれいなお姉さんやまめやのお母さんに抱っこしてもらったりしてこちらもご機嫌。

小さなお店の中はお父さん・お母さんを慕うお客さんでいっぱい!お客さん同士の距離も近いのであっちもこっちも話がはずみ、なんだか親戚の家に集まってるかのような雰囲気。しゃべって笑って食べて飲んでの3時間に大満足でした。

そうそう。不二家のペコちゃん焼きですが、レアなポコちゃん焼きもひとつ入ってました。ラッキー♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年7月11日 (水)

嬉しいリクエスト

長男のクラスメートのお母さんから「アロマテラピーやってみた〜い」と言われたのは去年の12月のことでした。

彼女は去年の10月に第4子(拍手!!)を出産、私は今年の1月に第2子を出産という共通項もあり、同じ0才児のママとしても心強い仲間。

彼女と「7月ぐらいがいいかな」と言っていたら2〜3日前に偶然駅前でばったり。本当はお友達に声をかけて何人か集めてくださる予定だったけど、みなさん7月はいろいろと忙しいらしくなかなかスケジュールの都合がつかないようで、「私ひとりでもやりたいな〜」とのこと。もちろん「喜んで♪」とお返事しました。

マンツーマンのアロマテラピー教室。しかも赤ちゃん付き!!初めてのレクチャースタイルに私もワクワク。

産後しばらくの小さな赤ちゃん連れだと行ける場所も限られてしまったり、遠慮してしまったりするけれど、育児休暇中で一番のんびり出来るこの時期はいろんなことにトライするチャンスとも言えます。このタイミングで「以前から興味のあったアロマテラピーをやってみよう」と思い、実際に「教えて!」と言える彼女のバイタリティが素晴らしいし、私にとってはすごく嬉しいリクエストです。

今回は彼女のお家に出張して精油を使ったバスソルトを作ります。もちろん私も赤ちゃん連れです。どんなハプニングが起きるのかも含めて今からすごく楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年7月 7日 (土)

心残りなこと

今月末に引っ越すにあたってちょっと心残りなことがあります。

私が住んでるマンションの隣の隣のお部屋に住んでいる老夫婦のことです。

ここに暮らし始めてから丸10年。引越してきた時にはおなかにいた長男が小学4年生になるまでずっと見守ってきてくれ、お二人が何かちょっと困った時には少し手助けをさせていてだき、お礼にチョコレートをいただいたりとすごくいい関係を保ってきました。

引っ越すと言ったら寂しい思いをさせてしまうだろうし、かと言ってまさか何も言わずに引っ越すわけにもいかないし。距離的には歩いて10分ほどですが、もうおばあちゃんからヘルプ!の電話はかかってこなくなるでしょう・・・。心配。すごく心配。

どうか、次にこのお部屋に住む人がお二人を助けてくれる人でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年7月 6日 (金)

コブチャパスタ&ガスパチョ風スープ

今日は三鷹バプテスト教会オリーブクラブでのお料理教室に参加しました。クリスチャンではないのですが縁あってほぼ毎回おじゃまさせていただいています。メニューはコブチャパスタとガスパチョ風スープです。

コブチャパスタってカタカナで書くとイタリア語のようでもあり、スペイン語のようでもあり・・・って感じですが、じつは「昆布茶パスタ」で、味付けに顆粒の昆布茶を使うのです。ニンニク、醤油、胡椒、昆布茶、バジル、粉チーズで味つけしたさっぱりシンプルなパスタは食欲の落ちる真夏にもちゅるちゅるっと食べられるおいしさ。イタリアと日本はとっても相性が良いようです。バジルの代わりに大葉でもおいしそう!

ガスパチョ風スープはトマト、パプリカ、きゅうり、セロリ、玉ねぎ、ニンニクとお野菜たっぷりでヘルシーそのもの。味つけはオリーブオイルとバルサミコ酢、レモン汁、塩・胡椒とトマトジュースです。下準備をした材料を冷蔵庫で冷やしておき、バーミックスでつぶし混ぜてトマトジュースで好みの濃度に調節して出来上がり!!そのまま飲んでもすごくおいしいし、オリーブオイルを塗ってあたためたフランスパンにこのスープをつけて食べるのもとってもおいしくてすごく気に入りました♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年7月 4日 (水)

夏です!

今日の夕ごはん前。

あとちょっと我慢すればいいんだけど、お腹がすいて何か食べないともうもたない〜、元気が出ない〜!ということで食べたおやつはキュウリととうもろこし。

キュウリはもろみそをつけながら丸かじり2分の1本。とうもろこしは茹でたてアツアツを2分の1本。どっちもみずみずしくてぷりっぷり。夏ですな〜。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2007年7月 2日 (月)

味気ない

風邪をひいてしまいました。

鼻水やら咳やらもまぁつらいのですが、一番つらいのは味や香りが分からないこと。

夕べのエリンギ炒めにかけた醤油の香ばしさや、今日のお昼に食べたスパゲティのトマトソースのさわやかな酸味のある香りがまったく感じられないのが悲しすぎます。

今私の鼻の中の嗅細胞は鼻水などの粘液で覆われ(汚いですね、失礼!)、せっかくの匂い分子を吸着できず、したがって香り物質を電気信号に変えて大脳に伝えることができていないんだな〜などと考えてアロマテラピーの復習をしてみました・・・。

それにしても「味気ない」とはまさにこのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »