« リストランテ・カルミネ | トップページ | 辞書 »

2006年11月25日 (土)

日替わり入浴剤

先日作っておいた12月のイベント用試作のバスソルト、打ち合わせが済んだので早速使ってみました。

夕べは「イランイラン+サンダルウッド+ローズウッド」にブルーマロウのドライハーブで色付けしたリラックス目的のバスソルトを入れて入浴。湯舟に入れた瞬間、ブルーマロウでお湯がきれいな青色に染まります。はじめはイランイランの花の香りが満ち、時間がたつうちにだんだん揮発速度の遅いサンダルウッドが香ってきます。冬だけどアジア。ローズウッドの香りはあまり目立つことはありませんが、包み込んでくれるような優しさを感じます。せかせかした気分を落ち着かせ、ゆったりとした気持ちにさせてくれる心地よいブレンドになりました。

今日は華やかなローズ風呂に入ろうと思います。「ブルガリア産ローズオットー+ブラジル産のローズウッド精油」の組み合わせにローズのドライハーブパウダーでほんのりピンクに染まったバスソルト。本物のバラの香りです。10グラムの精油を得るために2万本分のバラの花びらが必要だと言われています。暴君ネロやクレオパトラがこよなく愛したバラの香りに包まれての入浴。目をつむり何をイメージしましょうか。

天然の塩と何本かの精油があればとても簡単に作れるバスソルト。組み合わせ次第で何通りにも楽しむことができます。お風呂が楽しみなこの季節、ぜひお試しくださいませ。

*大さじ2杯の天然塩に3〜5滴程度の精油をまぜればバスソルトの出来上がり。柑橘系の精油は皮膚を刺激することがありますので少なめに。イランイランやユーカリも香りが強いので少なめに。

|
|

« リストランテ・カルミネ | トップページ | 辞書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57634/4310006

この記事へのトラックバック一覧です: 日替わり入浴剤:

« リストランテ・カルミネ | トップページ | 辞書 »