« 大門坂の夫婦杉 | トップページ | 嬉しい郵便 »

2006年8月31日 (木)

夏の風景

夏の雲といえば入道雲。東京では地形的なことからあまり発生しないようで、めったに見ないような気がします。

こどもの頃によく訪れた海水浴場はゆるい湾になっていて、少し沖に出て浮き輪につかまりプカプカと浮いていると、 砂浜の向こうに山の濃い緑と小さな駅舎、カーブを曲がってくる列車が見えて、まるで絵に描いたような風景です。 空はとにかく真っ青で、そこにはモクモクとした白い入道雲が広がっていました。その風景は夏になるたびに繰り返し見て育ったので、今でも写真を見るかのようにくっきりと思い浮かべることができます。

果てしなく遠浅の海、真っ白な砂浜の海、砂浜がなく丸い石ばかりの海水浴場、浜の両側でまったく違った波を楽しめる海など、 私が育った場所の近くには本当にたくさんの海水浴場があって、それぞれに違った魅力を持っています。 私にとっての夏の風景と言えばやっぱり海以外にはないようです。

今年は残念ながら海水浴が出来ないまま夏が過ぎてしまいました。明日はもう9月です。

|
|

« 大門坂の夫婦杉 | トップページ | 嬉しい郵便 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57634/3269358

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の風景:

« 大門坂の夫婦杉 | トップページ | 嬉しい郵便 »