« AEAJ第13回専門セミナー | トップページ | 大門坂の夫婦杉 »

2006年8月29日 (火)

芙蓉

Huyo

ピンクや白の大輪の花を咲かせる芙蓉の花が見ごろです。

こどもの頃、祖父母の家の庭にも芙蓉が咲いていましたが、幼い私にはこの花が美しいとは思えませんでした。 桜ほどうきうきさせてくれる訳でもなく、紫陽花のような可憐さもない、ダリアのような存在感もない。 とくに心を動かされることのない地味な印象の花でした。

あれから随分年月が経った今、この花の美しさが私にもだんだん分かるようになってきました。 繊細な和紙で作られたような薄く大きな花びら、控えめな桃色や純白の花、次々と控えるつぼみの愛らしさ。 そしてなんと言っても花の寿命が一日だけというのがはかなげでせつなく、この花の形にぴったりと合っています。 真夏の暑さがぶり返したかのような日でしたが、芙蓉を見ていると涼しげな秋を感じます。

|
|

« AEAJ第13回専門セミナー | トップページ | 大門坂の夫婦杉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57634/3249657

この記事へのトラックバック一覧です: 芙蓉:

« AEAJ第13回専門セミナー | トップページ | 大門坂の夫婦杉 »