« 沖縄!? | トップページ | ひさびさの東京 »

2006年8月16日 (水)

母手作りスイーツの役目

この夏休みの帰省中に食べる母の手作りスイーツ。おはぎ、クレープに続く第3弾はわらび餅!!

わらび餅の粉を鍋にあけて水を入れ、熱しながらとにかくこねてこねてこねる。
手順はシンプルすぎるぐらいシンプルだけど、腕力が必要。お菓子作りって体力いるな〜と実感。

きな粉は普通のとうぐいすきな粉の2種類。

むかしむか〜し、屋台を引きながらわらびもちを売りに来ていたおばあさんの思い出話で盛り上がる。
「あのおばあさんは当時何才ぐらいだったのかな〜?」
「どこに住んでた人?」
「白いきな粉は何で出来てたのかな?」

わらびもちひとつで弾む家族団らんのひととき。

私が上京するまで実家にいたこども時代、どんなに忙しくてもすごくマメに手作りのお菓子を食べさせてくれた母。「グレられたら困るからね、必死で作って食べさせたよ〜。」

あの数々のおいしいものたちが非行防止の役目を担っていたとは。おかげでたいして悪いこともせず大きくなれました。ありがとう、お母さん。

Photo_33

|
|

« 沖縄!? | トップページ | ひさびさの東京 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57634/3079292

この記事へのトラックバック一覧です: 母手作りスイーツの役目:

« 沖縄!? | トップページ | ひさびさの東京 »