« 杉山先生 | トップページ | おぎくぼのチーズケーキ »

2006年7月 6日 (木)

『ケンタロウんちの食卓』

お料理本って本当にたくさん出版されていて、「料理家」という肩書きも有名な方だけでも次々と名前を思いつくほどたくさんの方が活躍されています。でも実際に本を手にとってじっくり眺めてみると、自分の好みに合う本というのはけっこう限られています。紹介されている料理や作り方、本としての全体的なデザイン、料理の写真はもちろんのこと、私の場合は本のはしばしから伝わってくる料理家の人柄というのがお気に入りの決め手になります。

ケンタロウさんは美大出身で在学中からイラストレーターとして活躍されたのちに料理家になられたという経歴の持ち主で、「簡単でおいしくって、洒落っ気があって現実的なもの」という料理のモットーの通り、素材の顔がはっきり分かるシンプルなレシピ、気取ってないけどかっこいいお料理をたくさんの著書で紹介してくださっています。

『ケンタロウんちの食卓』はそんなケンタロウさんちで食べられている食卓の定番で、「スパゲティナポリタン」や「ひき肉コロッケ」など身近な定番料理に始まり、家庭での特別なひと皿、休日お昼ごはん、おやつ、小さいおかずとバラエティー豊かなメニューが満載です。

そしてこの本の中にはちっちゃい頃のケンタロウさんとお姉さんの写真がたくさん収められているのが、とっても魅力的です。キッチンでお手伝いをしているらしき姉弟、木馬に乗って嬉しそうに笑うケンタロウさん、お雛様をバックに手作りケーキに生クリームを塗るお母さん(小林カツ代さん)の手元を見つめる姉弟・・・。どれも何気ないスナップ写真でありながらかけがえのない家族の時間を切りとっているすごく素敵な写真ばかりです。ケンタロウさんが愛情たっぷりの家庭で育てられたことがこの本のあちらこちらのページからじわじわと伝わってきます。

「食べること」ってすごく大切だな〜と普段から思っているのですが、おいしいものを食べる時間を家族や友人と共有しながら生きることは、体の健康のためだけではなく心を育てるものなのだと実感しました。

この本の中でケンタロウさんがちっちゃいころにはできなかった、でっかい夢をかなえているページがあります。きっと誰もがちっちゃいころに一度はみた夢です。夢をかなえて「大人って最高。」と思える素直な心を持ったケンタロウさんの人柄が最高!です。

|
|

« 杉山先生 | トップページ | おぎくぼのチーズケーキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57634/2520047

この記事へのトラックバック一覧です: 『ケンタロウんちの食卓』:

« 杉山先生 | トップページ | おぎくぼのチーズケーキ »