« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月30日 (日)

コエン・エルカさんのお話会で感じたこと

7月の初めのことになりますが、吉祥寺のけやきコミセンで行われた「コエン・エルカさんを囲むお茶とお話の会」に参加しました。

コエンさんは中央アジアの血をひくご両親の間でニューヨークに生まれ、祖父が移り住んだモンタナの大地で馬や狼と暮らし、ネイティブアメリカンの解放運動に参加して生きるか死ぬかという経験を経て、来日されたとても貴重な人生を送ってこられた女性です。現在は日本で伝統文化や仏教、考古学、環境問題、野生動物保護など様々な分野で活動されています。

とってもスリムな体型にとてつもなく大きなパワーを秘めたようなたたずまい、優しさと厳しさを両方あらわす力強い視線、無造作にまとめた髪には蓮の花の飾り。お話会が始まってからのコエンさんのまなざしはとても真剣で近寄りがたいような雰囲気を放っていますが、お話会が始まる前のコエンさんはとってもフレンドリーで、お話会が終わってから参加者のひとりひとりと会話をしている様子は包容力に溢れ、思わずハグしたくなるような親しみさえ漂わせていて、そのギャップがまたとても魅力的に感じました。

お話会の内容はコエンさんの生い立ちから始まり、「狼の社会について」「知恵と知識の違い」「人間の体も自然界の一部である」「癒し(極楽浄土)は今ここにある」「こどもに信頼される大人でいること」「自分の存在や価値を認め、今を大事に生きる」など一言では語りつくせない、様々な経験をされてきたコエンさんだからこその深いものでした。

たくさんのお話の中で一番印象に残ったのは「完全に強いものや、完全に弱いものというのは一つもない」というお話で、「どんな生き物も強さと弱さの両方を持ち、恐いと感じることは悪いことではなく、自分を守るひとつの方法である」というものでした。どんな人も必ず一面的ではなくさまざまな顔を持ち、状況によって強くも弱くもなったりするのではないかと考える私にとって、とてもすんなりと理解できるお話でした。多面的な自分と他人を認め、お互いに気分良くいられる時間を共有できるような人になりたいとあらためて感じたお話会でした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

2006年7月29日 (土)

2006新宿エイサーまつり

新宿エイサーまつりに行ってきました!お天気に恵まれたこともあり、新宿大通りはものすごい人出でした。小学生のチームから沖縄本島読谷村のチームまで12のグループが順に場所を移りながらのエイサー演舞です。色とりどりの衣装、きびきびとした踊り、リズムの良い琉球音楽と太鼓の音が青空の新宿に鳴り響き、見ているだけでどんどん気分が盛り上がってきます。

しばらくエイサー見物をしたあと、新宿伊勢丹の「大沖縄展」へ。こちらもまっすぐに歩くのが困難なぐらいの混雑でした。今日のお目当ては那覇の有名居酒屋「うりずん」のどぅる天とじーまみ豆腐、コザ(沖縄市)の老舗タコス屋「チャーリータコス」のビーフタコス、沖縄のファストフード店「Jef」のぬーやるバーガーです。数量限定のものもありましたが希望通り無事全て入手。グァバ茶とオリオンビール片手に屋上でのんびりしながらタコスでおやつタイム。ステージでは「しゃかり」のライブが始まり、気持ちいい風が吹きはじめ、もう言うことなしの沖縄気分を満喫した一日でした。Photo_22

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

2006年7月28日 (金)

科学的発明家レオナルド・ダ・ヴィンチ

「モナ・リザ」や「最後の晩餐」で有名なレオナルド・ダ・ヴィンチですが、実は絵画作品はそれほど多く残されていません。イタリアのアンブロジアーナ図書館に収蔵されているアトランティコ手稿や現在ビル・ゲイツ氏が所有しているレスター手稿などには、人や動物のスケッチや空想機械、建築物、兵器や要塞などがメモとして記されており、レオナルドの頭の中をかいま見ることができます。

そんな貴重なアトランティコ手稿の中から52の発明品が3Dコンピュータグラフィックとして再現された「ヴァーチャル・アトランティコ手稿展」が、8月31日(木)まで銀座ソニービル8階で開催されています。

500年も前にレオナルドが考えた自動車、人力飛行機、マルチキャノン・ガンシップ(大砲付きの船)などは実際にアトランティコ手稿から再現されたものが展示されており、その科学的な発想に驚くと同時にデザインの美しさに目が奪われます。

また、釘などをいっさい使わずに13本の丸太のみを組み合わせて作られた「レオナルドの橋」の展示と、小さな木の棒を使って実際に自分で「レオナルドの橋」を組み立てるワークショップコーナーもあり、パズル気分で始めた橋が自分の力で完成すると思いがけずちょっとした感動が味わえます。

最後の晩餐のために描かれたと思われる素描、あんなにリアリティのある人体解剖図を描くレオナルドが描いた猫とは思えないような猫、有名なレオナルドの鏡文字などCG以外のレプリカも見ごたえのあるものばかりです。

謎の多い天才画家レオナルド・ダ・ヴィンチ。レオナルドについての情報が増えるほど、その謎は増していくように感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年7月26日 (水)

気に入りました、サスリー!

今日は浜田山のファン助産院で月に一度行われている「サスリー講習会」に参加しました。講師は博心堂鍼灸院の鈴木さんご夫妻です。

1ヶ月ほど前にファン助産院を訪れた際に、杉山先生がおもむろにポケットから取り出された小さな器具が「サスリー」でした。ひじから手首までの内側を上から下へ、外側を下から上へサスリーを使って数回さすっていただくだけで、思いがけずとっても気持ち良かったので「これは!」と思っての講習会参加となりました。

生まれたての赤ちゃんからお年寄りまで使える「サスリー」は身体をさすったり、ツボを刺激したりすることで体調を整え、健康を増進するための器具です。長さは約7cmで手のひらにすっぽりおさまるほどの大きさ、金属製(銀または洋銀)で先端の一方が丸く、もう一方は細長くなっています。丸い方が「サスリー」でこちらを使って体をさすり、鉛筆のように細く尖った方でツボを刺激します。こちらは「ツボッピー」という可愛い名前がついています。

講習会では体のさまざまな不調に効果的な食べ物の話から始まり、サスリー・ツボッピーの基本的な使い方、使用時の注意点、小さいこどもに対する具体的なサスリーの使い方やコツ、妊婦さんも含め大人のさまざまな体のトラブルの対処法、経絡とツボについての説明と充実の内容で、2時間みっちり教えていただいて、東洋医学について興味はあるもののほとんど知識のない私にとっても、すごく分かりやすく納得のいく講習会となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年7月25日 (火)

銀座で青空ランチ♪

今日は朝から銀座へ。用事はすぐに済んだのでぶらぶらと有楽町界隈をお散歩しました。時計を見ると11時半になろうとしているところだったので、以前からちょっと気になっていた国際フォーラムの中庭に出現する「ネオ屋台村」でランチをすることにしました。

オムハヤシの店、タコライスの店、カレーの店、中近東料理の店など5軒ほどの屋台が並んでいます。いろいろ迷った結果、今まで食べたことのないメニューに惹かれて中近東料理を食べることにしました。ひよこ豆のコロッケを野菜やピクルスと一緒にピタパンに挟んだサンドイッチも気になったのですが、これ1個では物足りないかもと思い、一番ボリュームのありそうな「シュクシュカランチボックス」をオーダー。

シュクシュカランチボックスの中身は、白米に目玉焼きを乗せてラタトゥイユ風のトマトソースをたっぷりかけたものに、ひよこ豆やチキンで出来たお惣菜、キャベツ、水菜、ブラックオリーブやピクルスなどの生野菜サラダ(ごまドレッシングとサウザンアイランドドレッシング)がついて、最後にお好みで辛いソースをかけてもらえるというものでした。広場の大きな緑の木の下に並んだテーブルで曇り空の青空ランチ。のんびりとした気分でおいしくいただきました。次回はアジアンもいいな〜♪
Photo_20

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年7月24日 (月)

ローマンカモミール

夕べ夫と息子が寝る前になって急にお腹が痛いと言い出しました。夕ごはんをお腹いっぱい食べたあとにおっきいスイカを食べたことと、二人とも暑がって足を出していたから冷えたのが原因だとは思うのですが、夫はトイレにこもり、息子は私のすぐそばで横になってつらそうにしていました。

2枚のコットンにローマンカモミールの精油をそれぞれ2〜3滴たらし、1枚はトイレにいる夫に渡し、もう1枚は息子の枕元に置いておなかを「のの字」を描くようにゆっくり優しくマッサージ。すると息子は気持ちよさそうに目をつむったかと思うとあっと言う間に眠ってしまい、夫もいつの間にかトイレから出て寝室で眠っていました。

ローマンカモミールはイギリス原産の多年草で、日本には江戸時代にオランダ医学の薬の一つとして渡来したそうです。日本では「カミツレ」または「カミルレ」とも呼ばれています。また、ギリシャ語では「大地のリンゴ」、スペイン語では「小さなリンゴ」とも言われるほど、甘くフルーティでリンゴに似た優しい香りを持っています。

ピーターラビットのお話の中に、人参を食べ過ぎたピーターにお母さんウサギがカモミールティーを飲ませるという場面が出てくるそうですが、カモミールティーに使うのは苦味の少ないジャーマンカモミールが一般的です。

ローマンカモミール精油は鎮静・鎮痛作用が有名です。また、胃を緩和させ下痢や疝痛などにも効果的と言われていて、心に対する働きとしては不安や緊張、怒りをやわらげリラックスさせて眠りに誘ってくれる便利でありがたい性質を持っています。

ローマンカモミール精油をかいだあとの夕べの二人の反応の良さには、コットンを渡した私自身がいちばんびっくりしたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年7月23日 (日)

めんそ〜れ沖縄展

昨日吉祥寺の伊勢丹でお買い物をしていたら「めんそ〜れ沖縄展」の案内の館内放送が聞こえてきました。沖縄が何より好きな私がまっすぐ本館7階の催事場に向かったのは言うまでもありません。

土曜日のお昼というのに「めんそ〜れ沖縄展」は思ったよりすいていて、お店の売り子さんたちが手に試食や試飲の商品を持ってお客さんを待ち構えています。黒蜜のかかった杏仁豆腐、もろみ酢、シークワサージュース、ゴーヤー茶など体に良さそうな試食や試飲がめじろ押しです。ここの試飲だけで体がちょびっときれいになるような気がしてきます。

沖縄の食材はいつも銀座のわしたショップでまとめ買いをするので、デパートの物産展ではふだんあまり見かけないようなものを買うことにしています。今回はアーサ入りかまぶく(海草のあおさが入った沖縄式かまぼこ)とピリカラかまぶく(赤くてちょっと辛い)を晩酌のアテに購入しました。もちっとした食感とほんのりふわっと広がるアーサ入りかまぶくが美味でした!

今月の29日は新宿でエイサー祭りがあります。オリオンビール片手にいろんな団体のエイサーを見るのはとても楽しいので、ぜひ今年も出かけたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年7月21日 (金)

ギリシャ文化とディナーの夕べ

先週の土曜、久米小百合さん主催のBible Cafeのスペシャルバージョン「ギリシャ文化とディナーの夕べ」に参加させていただきました。

講師はギリシャ政府観光局にお勤めの石本東生さんです。たくさんの肩書きをお持ちの立派な方ですが、ギリシャの美しい風景写真をふんだんに使ったレクチャーはギリシャ文化初心者にもとても分かりやすい内容で、気さくな石本先生のお人柄とあいまってギリシャについての興味がどんどん湧いてくるものでした。

そしてお楽しみのギリシャ料理。今回のレストランは六本木のギリシャレストラン「Spyro's」です。タラモサラダやフェタチーズぐらいは食べたことがあるものの、ギリシャ料理のコースは初めてなので、もう出てくるもの出てくるものが目新しい料理ばかりです。

たくさんのお料理をいただきましたが、一番印象に残ったのはぶどうの葉っぱでピラフを包んで煮込んだ「ドルマダキア」です。ぶどうの葉っぱが食べられるなんて知らなかったし、食べてみるとスジもなく柔らかくてとてもおいしい!他にはヨーグルトにキュウリのスライスを混ぜて作ったディップをピタパンにのせて食べたり、イカのフライがあったりと日本人の私たちにもなじみのある食材が多く、どれも食べやすくてとてもおいしかったです。

石本先生に頂いた資料によるとアテネの7月の平均降雨日数は1.9日とか!!雨続きの日本を脱出して今すぐにでもギリシャに行けたらな〜なんて、パンフレットの写真を眺めながら思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年7月19日 (水)

『魔女の薬草箱』

ここ10年、魔女について取り組んでいらっしゃったドイツ文化のスペシャリスト西村佑子さんの著作『魔女の薬草箱』(山と渓谷社)を読みました。

魔女と言えばホウキにまたがって空を飛んでいるイメージがありますが、魔女たちは「空飛ぶホウキ」を持っていたわけではなく、空を飛ぶための軟膏を自ら作りそれを体に塗って空を飛んでいた!なんていう驚きのエピソードからこの本は始まります。「空飛ぶ軟膏」のレシピは不明ですが、「魔女の軟膏」のレシピが3つ紹介されていて、レシピに登場する薬草についての詳しい記述があります。こうなってくると、実際に作ってみたくなるのが人情というものですが、レシピの中身は薬草ばかりではなく、阿片や人間の脂肪、新生児の肉(!)などが必要ということで、怪しげにぐつぐつ煮え立つ大鍋をかき混ぜる魔女のイメージがよみがえってきます。

もうひとつ、私が興味をひかれたのは魔法の薬草の王様と言われる「マンドラゴラ」の項目です。英語では「マンドレーク」。この名前でピンとくる方もいらっしゃるかと思いますが、『ハリー・ポッターと賢者の石』で魔法学校の生徒たちが引っこ抜いていた、世にも奇妙な植物がこの「マンドラゴラ」です。有毒な成分を持つこの植物、大きな葉はふさふさした人間の髪の毛、太く2つに分かれた根は人間の下半身のように見えることから恐ろしい言い伝えが。マンドラゴラの根は掘られるときに恐ろしい悲鳴をあげるので、掘る人は耳栓をしないと発狂するか死んでしまうというのです。
とっても怪しく恐ろしげなマンドラゴラですが、日本語では「恋なすび」、ドイツ語で「愛のリンゴ」と訳されていて、古代エジプトでは3大媚薬の一つに数えられていたそうです。

「魔女」というキーワードをもとにシェイクスピア『夏の夜の夢』やゲーテの『ファウスト』、ワーグナーのオペラなど様々な芸術作品の中でのエピソードが紹介されているのも、この本の大きな魅力となっています。また、薬草のイラストや魔女たちが集まるサバト(黒ミサ)の図版などもたくさん掲載されていて目でも楽しめる内容となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年7月14日 (金)

ノウゼンカズラ

友人宅に行く途中でノウゼンカズラを見かけました。オレンジ色の花が青空によく映えてきれいです。

10年近く前のちょうど今頃、少し早い夏休みということで箱根宮ノ下の「富士屋ホテル」に泊まったとき、この花がそれは見事に咲いていたことを思い出しました。富士屋ホテルのノウゼンカズラは確か三角錐の支柱に沿って咲いていて、花も大きく丁寧に育てられていると感じました。

ノウゼンカズラは平安時代の書物にも名前が出てくるほど古くから栽培されていたようです。華やかさがありながらも派手すぎないこの花は、和風の景色にもしっくり溶け込みそうです。平安時代の貴族たちもノウゼンカズラを愛でたかもしれないと想像するのも楽しいです。
Photo_19

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年7月13日 (木)

暑いです・・・

今日はかなり暑いな〜と思っていたら、東京でも一部で最高気温が35℃を超えたようです。今年の夏はエアコンをつけずに扇風機のみで眠るというのを続けているのですが、果たして今夜は無事に眠ることができるかどうか・・・。記録を更新中なのでできれば扇風機のみで眠りたいけど、今晩はどうでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年7月12日 (水)

よ〜く見ると・・・

毎週水曜日に通る畑のある道。季節によって植わっているものが変わるのが楽しみで、私のお気に入りの道になっています。緑の葉っぱが地面を這うように繁っているところを見つめていると、だんだんおなじみのシマシマ模様が見えてきました。ちょっと小ぶりのスイカです。花より団子というわけではないけれど、野菜が出来ているのを見つけた時の楽しさは格別です。Photo_18

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年7月11日 (火)

虫よけスプレー講習会

今日は午前中府中でアロマテラピー教室の講師をしてきました。呼んでくださったのは「さくらんぼ学級」のみなさん。小さいお子さんのいらっしゃるママたちのサークルです。お子さんたちは別のお部屋で保育の先生に見ていただいて、ママたちはアロマテラピー教室という形でした。

はじめにアロマテラピーについてのお話をして、10種類の精油の香りをテイスティングしていただき、虫よけスプレーを実際に作ってみるという内容です。

初めてお会いするということで私は少し緊張してしまいましたが、精油のテイスティングが始まると緊張もほぐれ、みなさんも感想を言ってくださったりと和やかなムードに。やっぱりこれは精油のリラックス効果のおかげかな〜と思いました。

いつもムエット(試香紙)に精油をたらしたものをかいでいただく方法でテイスティングをするのですが、精油の香りを嗅いだ瞬間の表情で、「好き」「あんまり好きじゃない」などがすぐに表れるのが見ていて楽しいところです。

虫よけスプレーの作り方は無水エタノールに精油(シトロネラ・ラベンダー・ペパーミント)を加えてよく混ぜ、精製水を加えたらさらによく混ぜてできあがりと至って簡単です。小さなビーカーに無水エタノールを入れて計ったりするので、こどもの頃にやった理科の実験のような気分も味わうことができます。

今日参加してくださったみなさんはアロマテラピー初体験ということでしたので、貴重な1回目のアロマ体験をお手伝いさせていただくプレッシャーも感じましたが、これがきっかけで日々の暮らしの中にアロマテラピーを取り入れていただけたらとても嬉しく思います。

さくらんぼ学級のみなさん、ありがとうございました!
Photo_17

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年7月10日 (月)

岩手産?埼玉産?

暑い日にふうふう言いながら鍋料理をつつくのもなかなかいいもので、我が家では1年中土鍋が活躍しています。今日も豚しゃぶ鍋をしようと思い、近所のスーパーに買い物に行きました。

入口近くのコーナーにほうれん草があったので近づいてみると、「岩手産」と「埼玉産」の2種類が同じ値段で売られていました。自分の住んでいる場所により近い土地で採れたものを買うほうが環境に良いという話を思い出し、埼玉産を手に取ってみたのですが、岩手産よりも明らかに新鮮さで負けています。少し悩みましたが結局岩手産を買うことにしました。

環境に良い暮らしをしたいと思いながらも、現実的に実行に移すのはなかなか難しいと実感した出来事でした。

※普段は牛のキャラクターのCMでおなじみの「パルシステム」を愛用していて、こちらの野菜は届いてから1週間近く経ってもパリっとしているぐらい新鮮なものが届きます。1週間分の献立をイメージして注文をするのですが、次の宅配までに食材を多べきってしまうこともしばしば。そんな時にスーパーで買い物をするのですが、とびきり新鮮な野菜に出会うのはなかなか難しいような気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年7月 9日 (日)

オオハンゴンソウ

夏らしい色合いの見ているだけで元気が出るような花を見つけました。向日葵と同じキク科の花「オオハンゴンソウ」です。黄色い花の咲く植物は種類が多いのですが、茶色+黄色+緑はやっぱり真夏がよく似合います。梅雨が明けて日射しが今より強くなったらこの花たちもますます元気に見えることでしょう。
Photo_16

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年7月 8日 (土)

タチアオイ

梅雨明けが待ち遠しいです。今年は5月の初めから雨が降り続いていたので、例年にも増して夏空が恋しいです。

梅雨入りの時期に咲き始めるのが「タチアオイ」です。原産はトルコや小アジアですが、かなり古い時代から中国経由で日本に入ってきたらしく、庭先などでよく目にする花です。

まっすぐで背の高い茎に丸いフリルのような花が下から上へと咲いていきます。この花が上まで咲ききると梅雨が明けるということで、別名「梅雨葵」とも呼ばれるそうです。タチアオイのつぼみの開き具合で梅雨明けを知るなんてとても風流な感じがします。
Photo_15

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年7月 7日 (金)

おぎくぼのチーズケーキ

荻窪に行ったらぜひ寄ってみようと思っていた「パスティッチェリア アベ」に行ってきました。お目当ては「おぎくぼのチーズケーキ」という名前のチーズケーキです。

小さなだ円形のチーズケーキは長径が約7cmのひとくちサイズです。フランス産のクリームチーズと新鮮な卵、牛乳、バターを使い、添加物不使用で作られています。酸味は少なめ、まったりとしてコクがあり、とてもまろやかです。ひとつ210円とお手ごろ価格で、小さめサイズなので食後のデザートにもぴったりです。消費期限も1週間ほどあるので、地方発送での贈り物にも良いかもしれません。

このチーズケーキとほぼ同じ形で粉を使わずに作った「焼きチョコレート」というのもとってもおいしそうだったので、これは次回のお楽しみということで。
Photo_14

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年7月 6日 (木)

『ケンタロウんちの食卓』

お料理本って本当にたくさん出版されていて、「料理家」という肩書きも有名な方だけでも次々と名前を思いつくほどたくさんの方が活躍されています。でも実際に本を手にとってじっくり眺めてみると、自分の好みに合う本というのはけっこう限られています。紹介されている料理や作り方、本としての全体的なデザイン、料理の写真はもちろんのこと、私の場合は本のはしばしから伝わってくる料理家の人柄というのがお気に入りの決め手になります。

ケンタロウさんは美大出身で在学中からイラストレーターとして活躍されたのちに料理家になられたという経歴の持ち主で、「簡単でおいしくって、洒落っ気があって現実的なもの」という料理のモットーの通り、素材の顔がはっきり分かるシンプルなレシピ、気取ってないけどかっこいいお料理をたくさんの著書で紹介してくださっています。

『ケンタロウんちの食卓』はそんなケンタロウさんちで食べられている食卓の定番で、「スパゲティナポリタン」や「ひき肉コロッケ」など身近な定番料理に始まり、家庭での特別なひと皿、休日お昼ごはん、おやつ、小さいおかずとバラエティー豊かなメニューが満載です。

そしてこの本の中にはちっちゃい頃のケンタロウさんとお姉さんの写真がたくさん収められているのが、とっても魅力的です。キッチンでお手伝いをしているらしき姉弟、木馬に乗って嬉しそうに笑うケンタロウさん、お雛様をバックに手作りケーキに生クリームを塗るお母さん(小林カツ代さん)の手元を見つめる姉弟・・・。どれも何気ないスナップ写真でありながらかけがえのない家族の時間を切りとっているすごく素敵な写真ばかりです。ケンタロウさんが愛情たっぷりの家庭で育てられたことがこの本のあちらこちらのページからじわじわと伝わってきます。

「食べること」ってすごく大切だな〜と普段から思っているのですが、おいしいものを食べる時間を家族や友人と共有しながら生きることは、体の健康のためだけではなく心を育てるものなのだと実感しました。

この本の中でケンタロウさんがちっちゃいころにはできなかった、でっかい夢をかなえているページがあります。きっと誰もがちっちゃいころに一度はみた夢です。夢をかなえて「大人って最高。」と思える素直な心を持ったケンタロウさんの人柄が最高!です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年7月 4日 (火)

杉山先生

私が心から尊敬している助産師の杉山富士子先生に約9年ぶりくらいにお会いしました。杉山先生がお話される時の表情はいつもにこやかでやわらかく、口調はとても丁寧でゆっくり、目はきちんと話す相手を見つめて、体に触れる時も触れた手を体から離す時も、そ〜っと静かにゆっくりと。

アロマテラピースクールで、カウンセリングやトリートメントの時にクライアントさんに対して忘れてはいけないと教わった心配り、立ち居ふるまいがまさに杉山先生の一挙手一投足と重なります。杉山先生にお会いすると毎回とても心が落ち着き、安心して満ち足りた気分になれるのは、杉山先生の動作ひとつひとつから伝わってくる優しさや思いやりなのだということを実感しました。

すぐには杉山先生のようにはなれないと思いますが、長い時間をかけて少しずつでも、私も人に対して「安心」を感じてもらえるような人になれるよう努力していこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »