« 靴箱のにおいとり | トップページ | つめきり草 »

2006年5月28日 (日)

紫陽花(あじさい)

東京は昼過ぎにようやく雨がやみました。青空が見えたので散歩がてら近所のスーパーまでお買い物に行く途中、紫陽花の白っぽい蕾がずいぶん大きくなっていることに気付きました。

今年は5月の始め頃からずっと雨や曇りの日が続いていたので、もう梅雨に入ったかのような気分でしたが、紫陽花の蕾を見たら「いよいよ6月。これから本当の梅雨なんだな〜」と思いました。

紫陽花は蕾のうちは白色で、開花すると桃色や青色になり、最後に淡い紫色へと花色が変わることから、別名「七変化」と呼ばれます。雨の中で咲いているイメージなのに名前に「陽」の字が使われているのも少し不思議な感じがします。

こどものころ祖父母の家の庭に咲いていた紫陽花の花があまりにも可愛らしいので、何度も匂いをかいでみました。とくにいい匂いがする訳ではないのですが紫陽花独特の香りがあって、今でも紫陽花を見かけるとなんとなくその匂いを確認したくなってしまいます。

うっとうしい季節に楽しみを与えてくれる紫陽花。開花が待ち遠しいです。Ajsai4

|
|

« 靴箱のにおいとり | トップページ | つめきり草 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57634/1972809

この記事へのトラックバック一覧です: 紫陽花(あじさい):

« 靴箱のにおいとり | トップページ | つめきり草 »