« 夕日 | トップページ | 「MEGASTAR-II cosmos」の星空 »

2006年4月30日 (日)

Wildflowers

昨日は久しぶりにお台場へ出かけました。お目当ては日本科学未来館で開催中の特別企画展「脳!ー内なる不思議の世界へ」と世界最多・500万個の恒星数を投影するプラネタリウム 「MEGASTAR-II cosmos(メガスターII コスモス)」です。どちらも期待以上に興味深かったので、またあらためて報告するつもりなのですが、実は今回一番印象に残ったのは、お台場にたくさん咲いていたワイルドフラワーでした。

日本科学未来館からりんかい線の東京テレポート駅までの道のりは約1キロほどあるのですが、その間にウエストプロムナードとセンタープロムナードという遊歩道があります。木のチップが敷かれた歩道は、雨上がりのせいか木の香りがほんのりとたちのぼり、踏みしめると柔らかい感触の地面は足に優しく、周囲には菜の花やひな菊、ハーブやいろいろな雑草が生い茂っています。野草たちを眺めながら歩いていると、自然がいっぱいの里山にでも来ているかのような気分になってきますが、ふと目を上げるとフジテレビのビルが見えるのでとっても不思議な感じがします。

田舎育ちの私は気軽に山に登って遊んだり、川原や城跡を遊び場にしていたので、子どもの頃は本当にたくさんの雑草・野草になじんでいました。丹精こめて栽培されている植物ももちろん美しいのですが、野生の花々にはホッとするような、独特の魅力があるような気がします。東京の中でもいちばん人工的な街、お台場に咲くワイルドフラワー。あの道を歩くためだけにでも訪れたいと思えるほど、なんだか懐かしく楽しくなれる遊歩道でした。Wildflower

|
|

« 夕日 | トップページ | 「MEGASTAR-II cosmos」の星空 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57634/1629638

この記事へのトラックバック一覧です: Wildflowers:

« 夕日 | トップページ | 「MEGASTAR-II cosmos」の星空 »