« 久米小百合さん | トップページ | 三角公園 »

2006年4月 3日 (月)

『晴れたらバラ日和』

松本路子さんの『晴れたらバラ日和』(淡交社)という本を読みました。都会のマンションのルーフバルコニーで松本さんが愛情こめて育てたバラたちの写真と、バラにまつわるお話がおさめられています。バラと聞くとなんだか派手で大げさなイメージが浮かんでしまうかもしれませんが、松本さんのバラの写真はむしろ控えめな風情で過剰な自己主張はなく、とても素直にありのままの姿で咲いている様子が伝わってきます。松本さんのルーフバルコニーで開かれる「バラとシャンパンの宴」に招かれた(幸運な)人々との会話やパーティでの出来事、バラの名前にまつわるエピソードなどがシンプルでありながら、知性と愛情がたっぷりつまった文章で綴られていきます。この本を読んだら5月のバラの季節がとても待ち遠しくなりました。

|
|

« 久米小百合さん | トップページ | 三角公園 »

コメント

『晴れたらバラ日和』を紹介してくださり、ありがとう!。今日偶然に拝見しました。心をこめて綴ったので、こんな風に読んでもらえて、とても嬉しいです。もうすぐバラの季節ですね。

投稿: 松本路子 | 2006年4月27日 (木) 02時50分

松本さん、はじめまして。ご本人からコメントをいただけて驚くやら嬉しいやら!本当にありがとうございました。これから松本さんちのバルコニーでは、色とりどりのバラの花と甘い香りでうっとりするような季節を迎えるんですね。先日うちのベランダに小さな小さなミニバラの鉢がやってきました。香りはしませんが、目を楽しませてくれています。いよいよバラの季節です♪

投稿: aria | 2006年4月27日 (木) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57634/1265974

この記事へのトラックバック一覧です: 『晴れたらバラ日和』:

« 久米小百合さん | トップページ | 三角公園 »