« アイロンかけて・・・ | トップページ | 住宅街の花畑 »

2006年4月12日 (水)

島らっきょう

沖縄では個性的な野菜がたくさん食べられています。なかでもお酒好きな人には絶対はずせないのが「島らっきょう」です。「島」とつくからには沖縄が誇る逸品であり、カレーライスに付いてくるらっきょうの甘酢漬けとは全く別の食べ物です。

形はちょっと長細く、ぱっと見たところはねぎに似ています。島らっきょうの薄皮をむき、青い葉の部分と根っこがついた部分を切り落とし、塩をふってしばらく置いたものをいただきます。シャキシャキとした歯触りと、すっきりとした辛味が特徴です。たっぷりのかつお節をまぶしお醤油をかけたものが一番シンプルな食べ方で、酒の肴にもってこいです。バリエーションとしてはキムチの素に漬けたものも目先が変わっておいしく、天ぷらにしても美味です。

薄皮をむく作業はなかなか手間がかかりますが、新鮮な島らっきょうのおいしさをたっぷり味わうためには、この手間は苦になりません。見かけたら必ず買ってしまう島らっきょうですが、今までは沖縄食材を扱うお店でしか買えなかったので、ちょっと特別なごちそうという位置だったのですが、先日近所のスーパーで他の野菜と並んで売られているのを見つけました!その日はちょうどゴーヤーちゃんぷるーを作る予定だったので、夕食は一気におきなわごはんとなりました。

Rakkyo2

|
|

« アイロンかけて・・・ | トップページ | 住宅街の花畑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57634/1377110

この記事へのトラックバック一覧です: 島らっきょう:

« アイロンかけて・・・ | トップページ | 住宅街の花畑 »