« 西荻「フランクフルト」 | トップページ | 植物にとっての精油 »

2006年3月26日 (日)

庭の思い出

春になったのでデジカメ片手に自転車に乗って近所をサイクリングしてみました。花が咲き始めたばかりの桜、黄色い花が満開のミモザ、木蓮、白い花が可憐な雪柳、椿、名前は知らないけど小さな実をつけた柑橘。他にもたくさんの花が見つかりました。サイクリング中もどこからともなく甘くいい香りが漂ってきてとてもいい気分です。私がこどもの頃、祖父母の家の庭にはたくさんの植物が植えられていました。桜、松、柿、柘榴、無花果、梨、金柑、梅、紫陽花、芙蓉、くちなし、薔薇、おしろいばな、雪柳、山茶花、ダリア。この庭でいろんな花の名前を覚えたような気がします。今はもう祖父も祖母も他界してしまったので庭はすっかり荒れてしまいました。小さい頃に桜の木の下で食べたお弁当や、大きな段ボールをキャタピラのようにして妹と競争したこと、頭にとまった揚羽蝶や図鑑に出てくるような珍しい昆虫たち。当時は当たり前の風景と思っていましたが、今考えるととても贅沢な景色の中にいられた貴重な経験でした。もしいつか庭のある家に住めたら、良い香りのする植物をたくさん植えたいな〜と思っています。Mimoza

|
|

« 西荻「フランクフルト」 | トップページ | 植物にとっての精油 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57634/1176505

この記事へのトラックバック一覧です: 庭の思い出:

« 西荻「フランクフルト」 | トップページ | 植物にとっての精油 »