« バスソルト | トップページ | 心と体 »

2006年3月15日 (水)

もずくの天ぷら

夕べは「スヌイ天ぷら」を作りました。スヌイとはウチナーグチ(沖縄方言)でもずくのことです。東京でも沖縄料理屋さんなどではよく見かけるメニューですが、一般の家庭では全くと言っていいほど知られていないようです。スーパーで売られているのは二杯酢などですでに味付けのしてあるカップ入りのものがほとんどです。天ぷらにする時は味付けのされていないものを買ってきます。塩蔵の場合は塩抜きをしてから使います。小麦粉に玉子と塩をまぜてモッタリしたタネを作り、もずくをまぜて油で揚げます。塩味がついているのでそのまま食べてもいいですし、ポン酢を少しだけつけて食べてもおいしいです。モチモチとした食感がお気に入りです。那覇の牧志第一公設市場近くにはテイクアウトの小さな天ぷら屋さんがあって、さかなやイカなどの天ぷらがとても安い値段で売られています。沖縄の天ぷらは塩味のきいた厚いコロモがついているので、冷めてもおいしいのが特徴です。沖縄旅行の最終日は必ずこの天ぷらを買って東京に帰り、クタクタになって羽田から帰宅したあとに家で食べることに決めています。

|
|

« バスソルト | トップページ | 心と体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57634/1043620

この記事へのトラックバック一覧です: もずくの天ぷら:

« バスソルト | トップページ | 心と体 »