« 植物にとっての精油 | トップページ | 渡嘉敷島 Part.1 »

2006年3月30日 (木)

じーまみ豆腐

ピーナッツでできたお豆腐が「じーまみ豆腐」です。おいしいものがたくさんの沖縄料理の中でもイチオシのおいしさです。沖縄の食品を扱っているお店では島豆腐と並んで必ず売られています。真っ白でぷるんぷるんで食べるとモッチリとしていてとってもおいしいので、たくさん食べてみたくて生の落花生が手に入る時に何回か自分で作ったこともあります。ごま豆腐に少し似ていますが、ごま豆腐よりもあっさりした味です。作り方はシンプルです。生の落花生の皮をむき、水と一緒にミキサーにかけ、漉したものにンムクジ(さつまいも澱粉)を加え、弱火で加熱しながら30分ほど練り、型に流して固まったら出来上がりです。甘辛いタレをかけておろししょうがを少し添えていただきます。作られてから数日経ったじーまみ豆腐に片栗粉をつけて揚げた「じーまみ揚げ出し豆腐」もこれまた美味です。栄養としてはタンパク質、脂質、カリウム、ビタミンE、ナイアシンを多く含みます。今日はうちの冷蔵庫に渡嘉敷島から届いたじーまみ豆腐のパックが10個とじーまみプリン(ぬちマースという粉雪のようなミネラルたっぷりの沖縄の塩をかけて食べます)が6個、それに実家から届いた私の母手作りのごま豆腐が入っています。今日もビールがすすんでしまいそうです。
Jimamitouhu

|
|

« 植物にとっての精油 | トップページ | 渡嘉敷島 Part.1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57634/1218557

この記事へのトラックバック一覧です: じーまみ豆腐:

» 落花生 | 落花生の育て方、栽培方法 [落花生 | 落花生の育て方、栽培方法]
落花生を食べたことのない方はおそらくいないでしょう。 固い殻を割って中の豆を出して食べる。最近は既に剥かれている状態で売られていることが多く、もしかしたら殻の状態を見たことのないお子さんはいるかもしれませんね。私は千葉県生まれなので子供の頃はよく食べました。そんな落花生、一体どんなものなのでしょう。 ... [続きを読む]

受信: 2006年10月16日 (月) 16時59分

« 植物にとっての精油 | トップページ | 渡嘉敷島 Part.1 »