« PAULのパン | トップページ | がんばれ!八重山商工!! »

2006年3月18日 (土)

精油

アロマテラピーで使う精油の種類は本当にたくさんあります。ラベンダーやローズマリー、スイートオレンジなどは有名ですし、初めての方でも使いやすい精油です。また、ローズオットー(バラの花から水蒸気蒸留で抽出)やジャスミンなどはその香りの良さととても高価な精油としてよく知られています。その他にもブラックペッパーやジンジャーなどスパイス類の精油もあります。お店に精油を買いにいかれると、どれを選んだら良いのかとても迷われるかもしれません。そんな時はぜひサンプル品を手にとって香りをかいでみましょう。きっと心地よく感じられる香りが見つかるはずです。また、イランイランなどはとても個性と香りの強い精油ですので、瓶から直接原液で香りをかいだ時には心地よく感じられないかもしれませんが、ホホバオイルなどで希釈したり、別の精油とブレンドするとまた印象が変わります。ぜひ精油の持つ香りの豊かさに触れてみてください。きっと特別なお気に入りがあらわれると思います。

|
|

« PAULのパン | トップページ | がんばれ!八重山商工!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57634/1081489

この記事へのトラックバック一覧です: 精油:

« PAULのパン | トップページ | がんばれ!八重山商工!! »